くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 久方ぶりの狩尾峠

<<   作成日時 : 2016/05/08 17:16   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 28

久しぶりに阿蘇に行きたいんだけど、震災の影響でルートが限られている。

熊本市内からの現在のメインのアクセス道路としては南阿蘇の南郷谷へはグリーンロードで地蔵峠越え。阿蘇谷方面へはミルクロードで二重峠越え。いずれも現在は大型車両の通行量が多く、自転車向きではない。

とある情報筋によると、旭志の「四季の里」から鞍岳方面へ上がる道は自転車ならのんびり行けそう。

ところが生憎、今日は午後から雨予報なので外輪山まで上がって五岳を眺めるつもりで午前6時過ぎ、久しぶりにサイクルジャージとレーパンを着てクロモリロードバイクで出発。

北バイパスから県道337号線に下りて東へ走り、武蔵塚駅の先からは豊肥線の北側の道を走る。
画像


光の森から左折して県道316号線を北上。
画像
泗水町住岡の交差点から右折して旭志に入り、
画像
旭志小学校・中学校を経由して「ついんスター」の前を通る。
画像


高柳の集落から鞍岳方面へ坂を上る。
画像
画像


「四季の里」は休業中で、さらに坂を上って行く。
画像


ここに来て道路の片側はかなりの急斜面で、崖崩れが心配になってきた。

さらには風が強くなり、雲行きも怪しくなってきて、しかも道端には嫌な花が沢山咲いている。
画像


「やっぱり帰ろうか?」と不安になりかかった時に目に留まった車。
画像


なんと職場の先輩で鞍岳登山の常連さんでもある方の車が路肩に駐車してあったのだ。

わたしより10歳くらい上の御仁が鞍岳に登っておられる(多分)のに、ここで引き返しては示しがつかないので、さらに上へ。すると、道路の亀裂などを補修した跡が見られるようになる。
画像


さらにどんどん上って行くと
画像
さらに補修の痕跡が増え、
画像
画像
画像
最後の急坂の前あたりから段差などの補修と思しき箇所がいくつかあり、
画像
画像
画像
画像
そして峠へ。
画像


安堵して持参の握り飯を食い、ミルクロード方面の下りへ。こちら側の路面の亀裂は未補修で、
画像
草原を抜けて、
画像
心なしか、かなり長くなったようなグラベル区間では一部押しを入れて
画像
ミルクロードに突き当り、左折。
画像
画像


狩尾峠の入口は進入禁止で、警備員が睨んでおり、手前上の展望ポイントにも入らせてくれない状況。
画像


そこで、馴染みのお地蔵さんに手を合わせると、あら不思議!

上の展望ポイントまでワープしてしまった。
画像



いつも自転車で上って来てのビューポイントは地割れができて波打っている模様。
画像


その下のヘアピンの道も崖崩れがあり、
画像
遠く右下の道にも何カ所か崖崩れが起こっている。
画像
画像


「これも自然の営みのひとコマなのかぁ・・・」と感慨に耽っているとふたたびミルクロードへワープ。
画像


お地蔵さんのお導きに感謝しつつ、9時半を過ぎたので帰路へ。
画像
画像
画像


ミルクロードはあちこちに亀裂が走っており、1p程度の段差は補修をしてないので、自転車は注意が必要。
画像


いつもより交通量がかなり多い「車帰(くるまがえり)の交差点」まで下り、
画像
右折して県道23号線へ。

この県道も地震後しばらくは道路の亀裂で通行止めになっていたが、今は「4トン以下の車両」の制限付きで通行ができるようになっている。
画像
画像


真木の集落の先から左折して所々に亀裂のある坂道をくだる。
画像


県道202号線に突き当たって左折し、坂を上ってホンダの東側の道を走って、美咲野から大津の旧道に下りる。

すると上井手が干上がっており、衝撃を受ける。
画像


丈夫な鉄筋コンクリート造りで被害がほとんどなかったというKENさんの職場に寄り、
画像
いつもの上井手沿いから鉄砲小路、
画像
菊陽杉並木公園さんさんから
画像
JRの北側の道を走って、予定通り正午前に帰りついた。
画像


本日の走行距離:84.9q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
狩尾峠の道、もう言葉もありません。
いつの日か走れるようになれば良いのですが。
自分も1ヶ月ぶりに走ったのですが、とても走る気分になれず、
途中で引き返して来ました。
早く、心の底から楽しめるサイクリングをしたいですね。
1008
2016/05/08 17:56
そのルートで行かれましたか。
私も検討したのですが、阿蘇を震源とする余震も有り
崖崩れが怖いなーと。
南阿蘇への清水峠、中坂峠、(長谷峠)はどうなんだろう。
いずれにしろ余震が収まってからと思ってますが。
みきたか
2016/05/08 18:21
所々、やはり被害の跡が残っていますね。
毎日、熊本の地震の記事をネットで読んでいます。
1008さんが仰る通り、いつかまた、心の底からサイクリングを楽しめる日が来るよう、本当に願っています!
ヘイホー
2016/05/08 19:35
私も大観峰方面に行く時は鞍岳経由で行こうと思っていたので参考になりました。
みきたかさんのコメントも参考になりました。
崖崩れや落石の危険性について考えてなかったので、鞍岳の道はもう少し落ち着いてから行こうと思います。
ちよ
2016/05/08 19:38
鞍岳や狩尾峠の現況は詳しく報道されていないので、現況がバッチリ分かりました。さすがです。
狩尾峠の様子はコルナゴ部長さんのブログにもありましたが、かなり悲惨な状況ですね。
途中の道端の嫌な花とは、何の花でしょう? もしかして、虫を食べる花でしたっけ?(知識不足ですいません。)
なるほど。 のぶさんクラスになると、お地蔵さんのお導きでミラクルが起きるんですね! 羨ましいです。
アンカー星人
2016/05/08 20:21
1008さん、こんにちは!
狩尾峠の道は上から見ただけですが、かなりの被害のようです。技術的なことは判らないのですが、崖崩れ部の法面の工事が広範囲に及ぶようで、かなり時間がかかるのでは?走れるようになるまで待つしかないですね。心の底から愉しめるサイクリング・・・こちらもできるようになるまで時間がかかりそうです。
のぶ
2016/05/08 20:55
みきたかさん、こんにちは!
途中で崖崩れが怖くなってきたのですが、運が良いのか悪いのか分りませんが、先輩の車を見つけたばっかりにそのまま上った次第です。
ところで最近撮られたと思われる衛星写真によると、清水峠や中坂峠には大した崖崩れはなさそうです。清水峠を走ることも考えたのですが、大型車両に怯えての地蔵峠越えは避けられなさそうで、今回のルートにしました。
のぶ
2016/05/08 21:08
ヘイホーさん、こんにちは!
「心の底からサイクリングを楽しむ」・・・地震が広範囲で被害を及ぼしているので、時間がかかるでしょうね。「心の底から」楽しめなくても、そこそこ楽しむことができれば、「よし」としたいです。なんせ、この歳になると、サイクリング自体を楽しむことができる時間は少ないですので・・・。
のぶ
2016/05/08 21:14
ちよさん、こんにちは!
大観峰方面へに行くには、鞍岳経由が良さそうですが、ミルクロードに合流手前のグラベル区間がかなり長くなって、石ころだらけになっていますので、むしろ、そこがネックな気がしました。真木の集落から県道23号線で上がって、ミルクロードを上るのも選択肢のひとつと思いますね。いずれにせよ、余震が収まってからですね。
のぶ
2016/05/08 21:20
アンカー星人さん、こんにちは!
「嫌な花」の名は「マムシグサ」です。気色悪いです。実も赤〜橙で粒々していて、こちらも気色悪いです。
わたしは学生時代までは「禁止」されていることはしない良い子でしたが、その後は禁止事項を破ってばっかりいるので、死んだら「地獄道」か「餓鬼道」辺りに行くことになりそうで、それでお地蔵さんにしっかり祈っているのです、はい。
でもいつも祈っていると、たまにはいいことがあるんですね、はい。
のぶ
2016/05/08 21:26
<ラピュタの道 (天空の道)>が崩れた・・・と噂は聞いていたのですが、やっぱり。。。なんですね!
相変わらずのフットワークといいましょうか、チャリワークと言いましょうか・・・素晴らしいですね!
マムシグサは毒性があるそうで、触らない方がいいとか?
そうそう、お地蔵さまは『すべて自己責任だよ』っておっしゃった筈・・・ですよね!?
宮星
2016/05/08 23:25
ラピュタの道が崩れたのはYouTubeの空撮動画で知りました😢

1度通ってみたい道だっただけに残念です😭

廃道にならない事を願います。
キャミー
2016/05/09 06:24
 なるほど鞍岳超えのルートがありましたね。新しく造られたバイパスや国道は、何処も大きな被害を受けて、通行止めや迂回路だらけ。それに対して本来の地形を変えずに造られた道は、以外と小さな被害で済んでる様に感じます。南阿蘇も昔から在る地蔵峠沿いに造られたグリーンロード。阿蘇市側も参勤交代道沿いに造られた二重の峠越え。自転車での旧道サイクリングも捨てた物じゃないですね。
 ラピュタの道も気になりますね。壊れた道と雲海で今まで以上に幻想的な風景にもなりそうですが、又通れる様になってほしいです。
読み逃げ屋
2016/05/09 07:20
のぶさんお疲れ様です
のぶさんのフットワークの軽さにびっくりしてしまいます(^_^;)
いつも皆の一歩先を行かれてますね
おかげで詳しく写真付きで見れます(笑) くれぐれも安全第一でケガのないように用心してくださいね(^^)
お好み焼きSD
2016/05/09 11:28
宮里さん、こんにちは!
この歳になると、少し走らないと脚力が落ちそうで、長い坂を上るのもひとつの目的でした。旭志からミルクロードまではほとんど一人っきりで、震災の経験など反芻しながら上りました。狩尾峠の姿は、しばらくは拝めないと思っていたのですが、ひょんな事で眺めることができて、ラッキーでした。
のぶ
2016/05/09 20:17
キャミーさん、こんにちは!
先ほどYouTubeの空撮動画見ましたが、やっぱり酷い状態ですね。あの道は自転車で上ると最高なのですが、これで本当にしばらくは上れないと思われます。
あんな険しいところにある道なので、宿命ですね。
しばらくは上から眺めるだけにします。
のぶ
2016/05/09 20:20
読み逃げ屋さん、こんにちは!
確かに、「旧道」と呼ばれる道は被害が少ないような印象を受けますね。今回の地震で強く感じた事は、我々の近代文明は高度そうで、実は災害に大変弱い、と言う事ですね。この経験を、われわれの未来に活かしたいですね。
狩尾峠の道の被害は仕方ないですが、地元の方々には痛手でしょうね。
国の予算が投入されて早く修復できるよう期待したいです。
のぶ
2016/05/09 20:26
お好み焼きSDさん、こんにちは!
思い立ったら即行動に移すタイプですが、それも一長一短ですね。今回は無事に帰ってきましたが、事故に巻き込まれたら大変ですよね。鞍岳への坂道は崖崩れを心配しましたが、同時刻に鞍岳登山をしていた先輩によると、鞍岳には常連さんが沢山上っていたそうです。それを聞いて安心しました。
のぶ
2016/05/09 20:29
のぶさん、こんばんは。
またまた御一緒出来ずにすみませんでした。
狩尾峠も残念な状況になっていますね。
また、通れる様になるのはいつの事やら。
自分も楽しんで自転車に乗るのは、いつの事やら。
こくろ
2016/05/09 20:48
こくろさん、こんばんは!
休日出勤、お疲れ様でした。ご一緒できず、大変残念でした。ひとりっきりで途中退散しようかと迷いましたが、思わぬ先輩の車のお蔭で勇気が出ました。
その上に見れないと思っていた狩尾峠も上から眺めることができて良かったです。
また今度、ご一緒してください。
のぶ
2016/05/09 21:54
のぶさん おはようございます。
狩尾峠の被害など自然界の凄まじいパワーと、
それを乗り越え急ピッチで復旧していく
熊本人のパワーを感じました。
そんな中、“いつもの”KENさんのところでのアイスコーヒーは
なんだかとってもホッとさせてくれました。
ありがとうございます!
すぎモン。PS四S
2016/05/10 05:38
おはようございます。
大きな崖ぐずれ等もありますが、道の小さな段差や亀裂なども含めると本当に多くの場所が普段と変わってしまっていますね。
連休中こちらは毎日仕事だったのですが、こちらの地域は普段の休日より多くの自転車を見たような気がします。
mottea
2016/05/10 08:47
すぎモン。PS四Sさん、こんにちは!
自転車に好都合な阿蘇へのアクセス路が分断されているので困ったもんです。
しばらくは早く出発するなど、工夫しないといけないようですが、それも自転車生活の一部ですね。
狩尾峠は変わり果てた姿になっていましたが、KENさんところは、いつも通りで、ホッとしました。
のぶ
2016/05/10 20:50
motteaさん、こんにちは!
おっ!連休中もお仕事でしたか?
そう言えば、今日はそちらではかなり雨が降ったようですですね。
こちらではサイクリング先がかなり制限されていますので、近い内にそちらへ脚を伸ばしてみたいと思っています。その際はどうぞよろしくお願いします。
のぶ
2016/05/10 20:53
至る所で道が通れなくなってますが皆さんが元気に自転車に乗ってくださるのも自分は嬉しいです
、阿蘇も行けない場所ばかりではないので是非足を運んでもらって色んなお店の食べ物名物見せてください。
お客様が少ないと生活できない人も居ますので,,,,,よろしくお願いします

ウチもお待ちしてます(笑)
チポリーノ
2016/05/12 19:12
震災後4週間の関東出張も明日までで、5/14に熊本に戻ります。
こちらで感じたことは、当事者になって初めてわかる地震被害についての温度差でした。東日本大震災の時は自分たちも、正直他人事のように思っていたのでしょうがないかなーと。明日は我が身なんですけどね。
慣れ親しんだ美しい光景が無残な姿になり悲しくなりますが、今回の苦難を乗り越えて、熊本県人はますます強くなると思います。
熊本に戻ったら、みんなで楽しく自転車に乗って、なまった心身を回復したいです。
ナワ
2016/05/12 22:19
チポリーノの若旦那、こんにちは!
こう見えても、一応、「他の人からどう思われているかなあ?」と、少しは心配しながら地震後に自転車乗ってますので、若旦那のように言っていただくと安心します。
ただし、被災されている人の気持ちを汲みつつ行動したいと肝に銘じてもおります。
チポリーノ経由で南阿蘇にも行きたいのですが、その後が裏地蔵しか今のところルートがないので躊躇しているところです。南阿蘇には関係なくチポリーノに行くことにしますので宜しくお願いします!6月になるかと存じます。
のぶ
2016/05/13 17:32
ナワさん、こんにちは!
長期出張、お疲れ様でした。被災地で生活するのも苦労がありますが、長期出張も同じくらい大変だったのでは?と思います。その間、自転車に乗れないというのもストレスが貯まりますよね。お帰りの後、すぐにですが、ご一緒することになりそうで、こちらも長い距離は余り乗ってないので、長崎組の若い衆に付いて行かないようにします(笑)。ぼちぼち行きましょうね。
のぶ
2016/05/13 17:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
久方ぶりの狩尾峠 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる