くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 菊池の「隠れ切支丹」

<<   作成日時 : 2016/04/14 16:45   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 13

いつだったか、旭志の名所旧跡を調べていたら、「津留切支丹墓地」というのがあった。

「隠れ切支丹」と言えば、すぐに思いつくのは天草だけど、県北には山鹿・鹿本・菊池市(旭志、上木庭、七城、泗水)などに切支丹墓地が現存しているらしい。

かつてキリスト教の宣教師は長崎平戸や天草から有明海を渡り、菊池川の終点である高瀬(玉名市)から船を乗り換え菊池まで進み、そこから陸路を最短コースの小国・湯布院を通り、当時菊池・山鹿を治めていたキリシタン大名の大友宗麟の待つ豊後府内(大分市)までを往復していたと云われている。

当然ながらその沿線では宣教師による布教活動も行なわれ、多くの「切支丹」を生んだものと思われる。

そこで今日は菊池市内の「切支丹ルート」に散在する史跡を廻ることにする。

午前8時半過ぎにクロモリロードバイクで出発。県道373号線を東へ走り、光の森から左折して県道316号線を北へ。
画像


泗水に入って右折し、国道325号線を渡って旭志を東へ走る。旭志小学校の少し東側に目指す「津留切支丹墓地」。
画像
集落の墓地の一角にその墓石群がある。
画像


表には戒名が刻んであるものの、
画像
その裏面には十字架を刻んだ墓石がいくつか並んでいる。
画像
画像
画像
画像


そこから県道23号線に入り、北へアップダウンを走って河原郵便局から右折して木庭へ。
画像
県道203号線に突き当たって右折し、すぐに左折して坂を上ると右手に案内板が出ていて、それに従って山道を上って行く。
画像
画像


集落の墓地を抜けて、
画像
奥の竹藪に切支丹の墓石群。
画像
画像
藪の中でひっそり佇む様は、一途な宗教心の強さを発しているように感じる。
画像
画像
画像
画像


道を戻ってさらに上木庭集落の方へ行くと集落の入口に石碑が立っている。
画像


これは切支丹の礼拝石と伝えられている。
画像


道を戻って菊池市街地へ走り、菊池高校の正門横にある「わいふ一番館」の「まちかど資料館」へ。
画像
菊池の史跡に詳しい人からその他の切支丹関係の史跡情報を仕入れる。

「御所通り」と迫間(はざま)川沿いを少しだけ散策して、日田街道を南へ走り、菊池川沿いの道へ右折。
画像
しばらく走って、七城の前川水源の近くにある「沢村さん」に到着。
画像

沢村家は細川藩の重臣で、四代目の友武が地元の方から「沢村さん」と呼ばれ親しまれている前川の五輪塔の主。
画像


友武は風流の人で茶道に精通し、前川の山紫水明を愛し、茶室を造り、風流三昧のすえ、この地に菩提を定めた。この墓地内に灯籠を茶室に見立て、庭を配し切支丹が隠れ信仰をしたと伝えられる。

「沢村さん」前の灯籠は、「キリシタン灯籠」という珍しい灯籠である。

向かって右側の灯籠の、
画像
膨らんだ部分は三日月が彫られ、さらに横から穴を左右に通した形である。
画像
この左右の穴に棒を差し込み、全体を十字と見立て拝んだものと思われる。

また三日月は「無原罪の御宿りの聖母」の象徴で、キリシタンの遺物や墓碑、石造仏に描かれているとのこと。

向かって左側の灯籠には下の方に、
画像
人物らしい彫り物がある。形状からして聖母像ではないかと言われている。
画像


前川水源で水を補給後、坂を上ってグリーンロードに出て東へ。日田街道に右折して「道の駅泗水」の南側に新築された泗水公民館へ。
画像


ここの玄関ロビーには泗水の福本地区の墓地にあった切支丹墓碑が展示してある。
画像


完全な蒲鉾型の西洋寝棺キリシタン墓碑で、
画像
腹面に元禄12(1699)年の銘と、浄土真宗の法名などが刻まれ、さらに地蔵を供え仏教風に擬装を施している。名を伏せて倒すと本来のキリシタン墓碑となるらしい。

そう言えば、この蒲鉾型の墓石は伊倉でもみたことを思い出す。
画像


これにてポタリングは終了し、丁度、昼時になったので、隣の養生市場の食事処でカツカレー500円をいただく。
画像
ここのカツカレーは新システムになっており、ご飯とカレーのルーはセルフサービスになっていて、好きなだけつぐことができ、合理的。

お腹一杯になって、日田街道を南へ走り、北バイパスに出て帰った。
画像


本日の走行距離:67.8q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
”旭志だけで”と言うと失礼かもしれないけど
これだけ旭志だけで旧跡があるんですね。
ほんと、サクリングコースは無尽蔵とあらためて実感。
『左右の穴に棒を差し込み全体を十字と見立る』のは
切ない感じと共に信仰心の強さを感じます。
あっ、そのカツカレー500円也ですか!
更にご飯とルーは好きなだけ。
素晴らしい!
みきたか
2016/04/14 19:03
隠れ切支丹が県北に点在しているとは初めて知りました。
いろいろとよく探しだされましたね。キリシタン灯籠も初めて見ました。
正に歴史発見!
そのカツカレーはイイですね。

しかし、先程はよく揺れましたが、被害はなかったでしょうか?

アンカー星人
2016/04/14 22:33
たまがりましたね、みきたかさん!
我が家は醤油瓶が流しの下で倒れていて台所の床が醤油浸しになったくらいの実害で済んだ模様ですが、みきたかさん宅はいかがでしょうか?
養生市場のカツカレーはコスパ最高ですが、味は何の特徴もないカツカレーです。
熊本は、しばらくはブログどころではない雰囲気でしょうね。
のぶ
2016/04/15 07:40
アンカー星人さん、こんにちは!
あら?山鹿の辺りは地震、それほどでななかったでしょうか?
うちは熊本市中央区とは言え、東区に近い方なので揺れも若干強かったかもしれません。棚の物がかなり下に落ちましたが、実害は幸いなことにあまりありませんでした。それより、余震が頻繁にあり、パニクる飼い犬をなだめるのにほぼ徹夜の状況でした。ああ、眠い。
のぶ
2016/04/15 07:44
いやー、ほんとビックリポンでした。
熊本弁では「たまがりました」ですか。
のぶさんも睡眠不足以外大丈夫そうでなによりです。
我家の小山辺りは水検定での学習によるとかなり硬い地盤のよう。
そんな事も咄嗟に浮びましたが、、、ビビりました。
築30年程の木造2階で早目に熟睡に入ろうとしていた頃で^^;
その後の余震も有って家族で車で一晩過ごしました。
みきたか
2016/04/15 20:51
みきたかさん、ご無事で何よりです。
いつも快適に走る秋津川沿いの道の益城区間の北側が被害の多かった地区で、犠牲者も沢山でたようですね。自分の生活圏でこのような大災害が起こるとは未だに信じられませんね。やっぱりとても活断層は怖いです。
のぶ
2016/04/15 21:17
のぶさんのお宅も大した被害が無くてなによりでしたね。
こちらは、電気が無い二日目の夜を迎えようとしていますが、それ以外は・・・
まあ、諦めが肝心ですね(笑
大地震は他人事と思っていましたが、まさか熊本でとは、今でも半分は信じられない気持ちです。

1008
2016/04/15 22:23

熊本すごい事になってしまいました
断水して店ぐちゃぐちゃです
電気有るだけウチはまだいい方です
のぶさん大丈夫ですか?
お好み焼きSD
2016/04/16 10:06
皆さま、大丈夫でしょうか?
TVで見ていますが、街並みが崩壊し変わり果ててしまい本当に心が痛いです…。
数分刻みで余震が来て、心も休まらず大変かと思います。
高速道路が通行止めで、熊本へ行けなくて歯がゆいですが、寄付をして力になれたらと思います。
諦めず、気持ちを強く持って、お互い励まし合い、頑張りましょう!
ヘイホー
2016/04/16 11:33
のぶさん、ご無事で何よりです。
朝のTVを見て被害の大きさに衝撃を受けてました。
九州でこのような大地震があるとは、災害に対する認識の甘さを感じます。
余震と今夜からの雨が心配ですが、お気をつけて下さい。
KawaB
2016/04/16 17:26
のぶさん、ご無事でよかった!
余震もひどく、これから先もしばらくと続くと思われます。
どうか、建物倒壊などに巻き込まれぬようご注意下さい。
何もできませんが、早く地震が収束することを祈っております。(;_;)
天平
2016/04/16 20:58
のぶさん、ご無事でしたか!
最初の震度7で終わりじゃなかったんですね!
今朝未明2時頃、熊本市在住の姉からメールが来て、『恐ろしい地震があったので、近くの小学校校庭に避難した』と!
ビックリしてTV見たら、あまりの惨状に絶句してしまいました!
その後も強い余震が続いているとか・・・皆様、くれぐれも気をつけてお過ごしください!
せめてこれ以上の尊い命の犠牲が増えない事を祈るばかりです!!
宮星
2016/04/16 21:03
皆さん、ありがとうございます。
コメントをいただいた皆さんに、大変失礼ですが、まとめてお返事申し上げます。
2度目の大きな揺れでわが家は(かつての)子ども部屋の本棚が倒れたり、食器や花瓶が5〜6個割れた程度で今のところは済んでおります。しかしながら京町の実家は煉瓦塀のほとんどが倒れ、土壁が所々剥げ、家の中は家具や生活雑貨、食器が散乱し足の踏み場もない状態でどこから手をつけてよいか解らない程です。
仕事もしないといけないので、家の事は余りできてなく、電気、水がダメ。店もほとんど閉まって開いているところは長蛇の列だったので、あるもので食いつないでいます。昨夜、電気は再開しましたので随分楽になってきましたが、水がまだで、準備していたものも無くなりそうになってきて、江津湖畔の水源に汲みに行ったりしているところです(自転車で汲みに行こうとしたら嫁から「アホか!」と言われました)。それでもテレビに映るような被害が大きかった場所に比べるとかなり環境は良い方だと思っています。できれば早いうちに被害の大きかったところをこの目に収めておきたいと思っています。
のぶ
2016/04/17 07:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
菊池の「隠れ切支丹」 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる