くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS いつもと違う俵山だった

<<   作成日時 : 2016/03/12 19:05   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 16

明日の天気予報がイマイチなので、午前中の仕事をとっとと済ませて職場から俵山を目指してクロモリロードバイクで出発。

まずは昼飯。飽きもせず、楡の木の「インド・ネパール料理のロータス」で
画像
ランチセット750円をいただく。
画像


その後、JR豊肥線の北側の道に入り、東へ走って菊陽の「富士フィルム」の工場の早咲きの桜を観に行くと、
画像
ハヂメさん夫妻に遭遇!

おふたりは阿蘇で、「上がれない豚は・・・」さんと熱気球体験をして来て、帰る途中に寄ってみたとのこと。

しばらく談笑してお別れ。
画像


しばらく東へ走って右折し、田舎道を走って、
画像
県道145号線に出てさらに東へ。

錦野の交差点でウィンドブレーカーと手袋を脱ぎ、右折してしばらくして左に折れ、鳥子川沿いを走って
画像
県道28号線に上がり、さらに坂を上る。
画像


峠道の旧道に右折して、しばらく上り、扇坂展望所の入口付近で
画像
風車の写真を撮っているローディに挨拶すると、何と、こくろさん!

聞けば、彼も同様に、明日は天気が下り坂なので、今日の内に走っておこうと何となく俵山に脚が向いたとのこと。

それならばと、彼を悪い道に誘い込んで、一緒に走ることにする。というのも、アンカー星人さんが時々紹介する「ヤマガ空撮」の動画の中に、俵山を撮っているのがあったので、観ていたところ、風車群の足元を縫うように走る道が見えたのだ。


その道を走ってみたくなって、やって来たという訳。ところがどっこい、事前調査では、その道は関係者以外立入禁止らしい。そこで、ふたりで罪を犯せば罪悪感が半分になろうというもの。

と言う訳で、そのコンクリート道路を上がって行くと、
画像
いつもと違う眺めがそこにはあった。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


途中から激坂になったせいもあるけど、「もうしばらく来んでもよい!」と思うくらい風車の眺めを堪能した。

峠道に戻って、あと少し上ると俵山峠の展望所。
画像


折角だから南郷谷に降りて帰ることにする。

ウィンドブレーカーを着込んでダウンヒルを楽しみ、
画像
県道28号線に突き当たって右折。少し下って、交差点を左折し、パンのDAIGOへ。
画像
画像


さらに坂を下り、長陽駅のところから旧道に突き当たって左折。しばらく走って、左へ折れ、栃木温泉のところで「鮎返りの滝」を鑑賞。
画像


その後、長陽大橋を経由して国道57号線に突き当たって左折。

歩道を走って瀬田に下り、県道145号線をひたすら西へ走り、北バイパスの交差点のところで、こくろさんと別れて帰った。
画像


こくろさん、悪い道に引きずり込んで、御免なさい!

本日の走行距離:82q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
のぶさん、こんばんは。
本日は、ありがとうございました。
いつもと違う俵山を堪能出来て、感動しきりでした。
偶然、会わなければ、今回のルート行けなかったので、これも運命なのでしょうか?
激坂も一人より二人の方が、心なしか楽になりますね。
また、宜しくお願いします。
こくろ
2016/03/12 20:36
あらら、そんな美味しそうな道をアップされては。
まあ、「関係者」って生を受けている以上何らか関係しているわけで。
のぶさんの影響では無いとほとぼりが冷めた頃に。。。
みきたか
2016/03/12 20:59
おっ、こくろさんと偶然俵山ですか!
イイですね(^^)
いつもと異なる風景も堪能されていて、羨ましいです。
いつか連れて行ってください!
僕は明日、早く起きて朝練してきます。
ヘイホー
2016/03/12 22:06
おぉ!もうこんなに桜が綺麗に咲いているんですか!
凄い所に風車群があるんですね!
空撮技術がスバラシイですね!・・・あ、これは別な方でしたか!?
<俵山峠の展望所>からの阿蘇かな?いつもと違うアングルで、いい眺めですね!
うん!?栃木県にはない”栃木温泉”が、熊本県にはあるんですか!?
宮星
2016/03/12 22:10
サイクリング先で偶然出会って一緒に走るって、運命(大げさか)の
出会いみたいで良いですよね。
俵山の風車道、良さそうですね。(関係者以外が無ければですが)
しかし、激坂でしたか。 あっ激坂でしたら、今日行ってきた矢山岳に
是非どうぞ! 堪能出来ますよ(笑
1008
2016/03/12 22:30
お! 山鹿空撮のご紹介どうもありがとうございます。 
この“悪の道”(笑)は、以前登ったことがあります。 その時は風車がビュンビュン回っていて、プロペラが壊れて落ちてきやしないかビクビクしていたこを思いダシました。 今回この記事の素敵な写真を見たら、また行ってみたくなりました。
アンカー星人
2016/03/12 23:24
あら、身近なところにそんな素敵な道があったとは!
これはみきたかさんの解釈に倣って私も関係者にゴニョゴニョ(笑)
こくろさんを悪い道に引き込んで罪悪感を半分に・・・ってのが笑けました。
ナワ
2016/03/13 02:35
こくろさん、こんにちは!
昨日はお付き合いありがとうございました。実は、峠道に入ってから、作業車のような車が見えましたので、例の風車の道を強行突破するのをためらい始めていたんですよ。偶然お会いできて良かったです。しかし良い眺めでしたね。天気が良かったのが幸いしましたね。その後もお付き合い、ありがとうございました。
またご一緒しましょう!
のぶ
2016/03/13 07:32
みきたかさん、こんにちは!
「関係者」と言えば、その道の奥のところに「熊本市水源かん養林」の標柱が立っていましたので、作業の人にでくわしても、「わたしは熊本市の水検定を受けた者です、ふふふ。」と言えば、「関係者」だと思ってくれるかな?
のぶ
2016/03/13 07:37
ヘイホーさん、こんにちは!
いや、丁度のところで、丁度のサイクリストに遭う事ができて大変ラッキーでした。
こくろさんは風車の風景を撮るのも目的のひとつだったようで、わたしも沢山風車の写真を撮りましたが、多くは斜めに撮れていて、人様にお見せできるものは少ししかありませんでした。今度、ヘイホーさんをお連れしますが、どう言う「関係者」と言う事にするか、今の内から考えておきます。
のぶ
2016/03/13 07:41
宮星さん、こんにちは!
富士フィルムの工場沿いの桜並木は緋寒桜にもう一つ早咲きの桜をかけたやつで、富士フィルムの本社だったか創業者の故郷だったかと関係があるので、菊陽の工場にも植えてあるようなエピソードがあるらしいです。パッと見、ソメイヨシノが密度が濃く咲いているようにも見えます。
知ってる場所を空撮で撮った動画を観ると、いつもの眺めと高度が違っただけで随分印象が変わりますね。それもあって今回俵山に無性に上りたくなりました。
のぶ
2016/03/13 07:47
1008さん、こんにちは!
サイクリングの途中で、誰かに遭遇するっていうのは狭い熊本ですから、たまにありますね。でも今回は桜並木でのハヂメさんご夫婦と言い、俵山峠でのこくろさんといい、絶好のタイミングでした。
ところで、1008さんはまた、凄いところに上られたようですね。膝も完治みたいですね。
のぶ
2016/03/13 07:51
アンカー星人さん、こんにちは!
やっぱりアンカー星人さんも、すでにあの道上られてたんですね。先を越されました。ほんと良い眺めでした。アンカー星人さんが「ヤマガ空撮」を紹介してくださったので新しい体験をすることができました。ありがとうございました。
のぶ
2016/03/13 07:54
ナワさん、こんにちは!
なかなかよい道でした。「関係者」になる方法はいくつか考えられますが、やっぱり「熊本市水源かん養林」を利用して、何か小さな苗木をポケットに偲ばせて行けば、水戸黄門の印籠並みの効き目があるかもです。
のぶ
2016/03/13 07:57
先日はありがとうございました。
素晴らしい動画ですね、ドローンって凄いんですね
前に桜島火口を写した動画も見ましたがこちらも凄かったです。
https://www.youtube.com/watch?v=1S5QenPRE7k

よく知ってる場所と思い込んでいた俵山の
裏の姿を見てしまった様なそんな衝撃を受けました。

私も一度裏の顔を拝みに行ってみます。
ハヂメ
2016/03/13 21:56
ハヂメさん、こんにちは!
先日は思わぬ所でお会いでき、嬉しかったです。熱気球の写真、素晴らしいですね。籠が小さくって怖かったと言うことでしたが、画像からは伝わりませんでした(笑)。
桜島の空撮、こちらも素晴らしい。猛々しくて美しいですね。
俵山の裏道、是非一度!激坂区間もありますが、ハヂメさんなら『急な坂』くらいかと・・・。
のぶ
2016/03/14 18:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつもと違う俵山だった くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる