くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 「きじの松田屋」ライド

<<   作成日時 : 2015/12/06 20:32   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18

降雨確率30〜40%のビミョーな予報の中、いざと言う時の雨具をパックパックに詰めて、午前9時半過ぎにシクロクロスバイクで自宅を出発。

東バイパス・北バイパス・県道337号線から豊肥線の北の道路を走って、集合場所の「菊陽杉並木公園さんさん」の物産館の前へ。
画像


今日はTEAM O3(おっさん)の忘年ライドで、「きじの松田屋」へ行くのだ。
画像


キジ肉を食べるのは初めてなんだけど、そもそもキジ(雉)は由緒正しい「日本国の国鳥」なのである。約20年前までは一万円札の裏にもちゃんと描かれていた。
画像


それから、急に話が下品になって恐縮だけど、「野グソ」のことを、「キジ撃ち」とも言う事は、このブログでも書いた。

さらには、キジと言えば、犬、猿とともに「桃太郎」の家来ということでも有名。
画像
個人的には、「犬と猿は家来として期待できるが、雉はあんまり期待できないのではないか?」と密かに思っていたら、auのCMでも同じような事を言っていて、安心した。



ところが「きじの松田屋」さんのHPによると、「メスキジは母性本能が強く、平原が火事になると雛や卵を守って焼け死ぬと言われている」(そう言えば「焼け野の雉子、夜の鶴」って故事があったなあ)とか、「オスキジは気性が荒く、力が強いと言われている」と書いてあり、「なるほど!」と、おのれの無知を反省。

話が逸れてしまったが、同じく「きじ肉は初めて」と言う、みきたかさん、1008さん、KENさん、St−さんを先導し、鉄砲小路を抜け、セミコン・テクノパークを経由し、日向(ひむき)川沿いの道をのんびり走る。
画像


県道316号線に突き当たって右折し、合志川を渡って突き当りを右折。合志川沿いの道を走り、「コッコファーム卵庵」のところに上がり、その向かいのローソンで休憩。
画像


そのちょっと先から右折して県道23号線に入って北上し、県道201号線へ右折して坂を上る。

「きじの松田屋」まであと1qという分岐のところに来たけど、予約の11時半までには早すぎたので、1kmほど寄り道して、わたくしめの「B級文化財ハンティング」に付き合っていただく。
画像
しかし肝心なものが見つからず、今日も不発に終わりそうだったのを1008さんの機転で無事ゲットすることができて、
画像
道を戻り、急な坂を1qほど上って「きじの松田屋」に到着。
画像


それでも少し早かったので、駐車場の紅葉を愛でたり、
画像
画像
飼い犬とじゃれたりしてお食事へ。

ここには松田さんのお住まいと、別棟の食事処があり、コウライキジやホロホロチョウの飼育場は1kmほど離れた山の中とのこと。

なんでも、県内にキジ肉を食わせるところはここと人吉(motteaさんの店の近く)の2件だけ。ここは完全予約制で、6名までのお食事部屋がふたつ。ご夫婦だけで切り盛りしておられることもあり、予約をお断りすることも多いらしい。

さて、まずは前菜の、ささみと蓮根のはさみ揚げと胸肉の燻製と焼き茄子のゼリー仕立て。
画像
続いてむね肉のたたき。
画像


次がメインディッシュであるが、われわれが前もって注文していたのは「溶岩焼きコース」3名分と「寄せ鍋コース」2名分だったけど、それらをシェアできるようなセッティングにしてもらい、雌の肉の香ばしさや食感を楽しめる焼き肉や、
画像
雄の肉のしゃぶしゃぶや肉団子を楽しめる寄せ鍋を
画像
画像
両方堪能することができた。
画像
初めての雉肉は、鶏肉よりも鴨肉に近かったかな?

お腹いっぱいの雉肉の後の〆は寄せ鍋の余り汁で作った雑炊。
画像


そしてデザート(獅子柚子のマーマレード)
画像
と珈琲で
画像
全員満足!

店長の松田さんは気さくで話好きな方で、
画像
奥さんも独特なキャラの持ち主。楽しい時間を満喫することができた。
画像
画像
(きじの松田屋さんのブログより)


帰路は腹ごなしに少し回り道をして、もうすこし坂を上って県道203号線に突き当り、右折。
画像
もう少し坂を上って県道329号線へ右折。
画像
少し上ってダウンヒルを楽しみ、旭志の中心部を抜けて、道の駅旭志で休憩。
画像


その後再び日向川沿いの道に出て、朝来た道を戻って集合場所の「菊陽杉並木公園さんさん」に到着。ここで解散となる。
画像


1008さん、みきたかさんと豊肥線の北側の道を走り、途中、みきたかさんが離脱。1008さんと大藪サイクルに寄って帰った。
画像


本日の走行距離:75.8km

画像


(KENさん製作)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
今日はお世話になりました。
しかし、よくもまあ色んな道を知っているな〜と改めて思い知らされました。
一体、どれだけ走り回っていることやら(笑
キジは会社の近くにもウロウロしているようで、時々鳴き声がしていますが、
国鳥になっているとは知りませんでした。
そのような鳥を頂いて良いものか、少し微妙な気もしますが、でも美味しかったです。
ありがとうございました!
1008
2015/12/06 22:01
1008さん、こんにちは!
今日はお疲れ様でした。自分で「坂バカ」と言いながら実はアップダウンは嫌いなので、それを避ける道はいつも念入りに探しております。楽な道はあちこちで随分覚えましたが、実は旭志は苦手で今日も帰り道、ミスコースをちょっとしました。
まだまだです。
それはさておき、きじ料理、美味しかったですね。
また行きたいです。
のぶ
2015/12/06 23:15
のぶさんお疲れ様です(^^)
キジ美味しそうでしたね!溶岩焼きと鍋を一度にとは贅沢ですね(^_−)−☆ キジと言ったら私も桃太郎の家来くらいしか思いつきませんがあのCM面白いですよね(笑)
お好み焼きSD
2015/12/07 06:21
お好み焼きSDさん、こんにちは!
初めて食べたキジは大変美味しかったです!わたしは元々「寄せ鍋コース」だったのですが、「溶岩焼きコース」も美味しそうだったので、シェアできてラッキーでした。逆に「溶岩焼きコース」の人達も雑炊を堪能することができて、良かったと思います。キジはきっと昔の日本人には日頃から馴染みのある野鳥のひとつだったんでしょうね。
のぶ
2015/12/07 12:39
こんにちは!
昨日は何から何までほんとありがとうございました。
いつも走る方角へとコースを進みましたが、それを横目により楽なルートを覚えました。
仏料理のgibierは苦手なので食べれるかな?と不安でしたが、素材を生かした和風仕立ての雉料理は柔らかく、においもなくてとても美味しかったです。

お店手前の坂はのぶさんと1008さんを颯爽と抜き去って上で休憩する予定が、もうひと登りの先が見え力尽きました。
来春は腹八分目と休肝日も作って自転車にもっと精進します、、
KEN
2015/12/07 14:28
キジは、他の所で食べたことがありますが、こちらの料理の方が絶対美味しそうです。
それにしても、冒頭のキジについてのウンチクは、面白いです。
アンカー星人
2015/12/07 17:09
きじ料理を食べさせてくれるところがあるんですか!
キジ撃ちして・・・ではなく、ちゃんと養殖しているのが立派ですね!
雉は強い農薬やヘリによる山林への農薬散布で小動物がいなくなり、一時は激減していましたが、最近は減農薬流行で、しかも毎年、放鳥しているようで、こちらの周辺ではかなり増えて来ています。
・・・といいながら、私はまだキジ肉は食べた事がありません。
余談ですが・・・以前、うちの工場敷地内にいたキジを〆て食べた社員が、その後、みんな怪我や病気をしたりして・・・キジ恐怖症になっています。
宮星
2015/12/07 18:31
昨日はありがとうございました。
初めて食べる雉も美味しかったですが、
松田さんの人間に非常に興味が湧きました。
その辺は少しblogに追加しました。
”あまり縁の無い1万円札”に雉が入っていたのか!
ちなみに”あまり縁の無い”今の1万円札には何か変な鳥が。
なんでも鳳凰という空想上の鳥のようですね。
ちなみに国鳥を食べるのはいかがなものか?と調べると
フランスの国鳥は鶏のようで。
気にする事は無いようで安心しました。
みきたか
2015/12/07 19:22
KENさん、こんにちは!
昨日はお疲れ様でした。KENさんが食べたかった「日田まぶし」には及ばなかったかもしれませんが、ま、珍しい食材ということで・・・。それにしても、雉肉は臭みもなくて美味しかったですね。
KENさんの得意分野のグルメ・・・また色々教えてください!
「日田まぶしツアー」もいつか連れて行ってください!
のぶ
2015/12/07 20:24
こんばんは。
きじを食べられたのですね。ご存じのように私の近くにもあります。
当然食べたことはあります。少し硬い感じもしますが、クセのない味ですよね。
ワタシのご近所は炭火焼と鍋ですね。こちらのお店ほど洗練された感じではなくもっと素朴な感じの料理です。お茶はうまいですワタシが造ってますので(笑)
川を眺めがよいのでそれも楽しみにしてる方もおられるようです。
地元よりよそからのお客さんが多いようですね。
mottea
2015/12/07 20:27
アンカー星人さん、こんにちは!
おっ!アンカー星人さんはすでに雉肉経験済みでしたかぁ。
当初は、キジと言えば桃太郎くらいしか思いつきませんでしたが、色々調べていったら、意外と接点があることが発覚しました。
折角なので、人吉の「きじや」にも行ってみたくなりました。
のぶ
2015/12/07 20:29
宮星さん、こんにちは!
野生で生きているキジを見たのはサイクリングをするようになってからです、多分。金峰山や矢部方面の県道や林道では時々見かけます。ひな鳥を何羽か連れているのも・・・。養殖用とは言え、まさかその肉を食べる様になるとは思っていませんでしたが、手頃なところにあったもんで、トライしてみたら、思いの外、美味しかったです。何より店長ご夫婦のおもてなしが良かったです。記憶に残るサイクリングになったと思います。
そうそう、店長がおっしゃるには、野生の雄のキジは捕獲する羽数が決まっているそうですし、雌は捕獲禁止とかで破った人には多額の罰金が待ってるそうです。
のぶ
2015/12/07 20:35
みきたかさん、こんにちは!
昨日はお疲れ様でした。あんなに時間をかけて昼飯を堪能したライドは初めてでしたね。みきたかさんがブログで紹介された記事、拝見しました。全国版のHPなので、あれをご覧になった方が県外から来られるようになったんですね。
それにしても、騙されて結婚された奥さんもなかなかいい味だして、料理だけでなく楽しむことができましたね。
料理に関しては辛口批評のみきたかさんに気に入ってもらって安堵しました。
のぶ
2015/12/07 20:42
motteaさん、こんにちは!
「きじの松田屋」の大将から、雉を食べさせるところは、県内では人吉にもう一軒あります・・・と言われて、motteaさんちの近くの「きじや」の看板がじわーっと脳裏に浮かんできました。「きじや」の方はお値段が幾分財布に優しいようですね。「食べログ」などの評価を書き込んでおられるのも遠方の方が多いようです。今度motteaさんの新居に伺う時は、きじやで昼飯食って、motteaさんとこ製のお茶もいただいてからお伺いすることにしようかなあ。
のぶ
2015/12/07 20:48
とても美味しそうなきじグルメライド、羨ましいです。
香ばしそうな溶岩焼きに出汁が効いた雑炊、素敵な店の雰囲気とご主人との会話、優雅な時間を過ごされましたね。
こちらは帰省先で妻の依頼で年賀状作成と、これまた妻に付き合いゴルフのショートコースを回って疲れました^^;
ナワ
2015/12/08 01:53
ナワさん、こんにちは!
先日はご一緒できず、残念でした。代わりに、奥さん孝行されたようで、何よりです。おっ!ゴルフのショートコースでも疲れましたか?うちも嫁から「阿蘇まで自転車で行って帰ってくるのに、どうして買い物に付き合うくらいで疲れるのよ!」みたいな事をよく言われます。はは。
のぶ
2015/12/08 12:42
 雉子って昔は凄く馴染みのある鳥だったんでしょうね。
民芸品にも雉子馬なんてあるし。最近猪や鹿の目撃情報などを良く耳にしますが、実は雉子や小綬鶏も以前に比べると良く見かけます。
羽の綺麗な雄鳥が、雌鳥4・5匹連れてる姿は、カッコ良くも有り、羨ましくもある。
読み逃げ屋
2015/12/09 13:55
読み逃げ屋さん、こんにちは!
先日のヘブン・ライド、お疲れ様でした。
あ!人吉の雉子馬があるのを忘れていました。
そうですか。やっぱり雉子は増えてるんですね。小綬鶏は、あのけたたましい鳴き声はよく聞くのですが、実物はまだみたことがないんですよ、実は。
あらら!雉子は一夫多妻制ですかぁ。羨ましくもあり、大変そうでもあります。
のぶ
2015/12/09 17:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
「きじの松田屋」ライド くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる