くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿蘇にある「地図の源」へ

<<   作成日時 : 2015/11/12 15:45   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14

1週間前の、「伊能忠敬」の熊本での宿泊所を捜した記事にいただいた「読み逃げ屋さん」のコメントによれば、阿蘇には「地図の源」のモニュメントなるものがあるらしいので、見に行くことにする。

午前7時半頃にロングライド用のカーボンロードバイクで出発。

東バイパスから北バイパスに入り、すぐに県道337号線に降りて東へ。

数日前まで晴の予報だったけど芳しくない空模様。
画像


JR武蔵塚駅の先から線路の北側の道に入り、光の森から左折して県道316号線を北上。道なりに進み、竹迫(たかば)の集落を抜けて左折し、
画像
再び県道316号線を北上。
画像


合志川を渡って突き当りを右折し、合志川沿いの道に出て、
画像
コッコファームたまご庵の向かい側のローソンで小休止。

たまご庵の南側の道を北東に進み、
画像
県道23号線に左折し、北上。

しばらく走って右折し県道201号線に入る。
画像


緩やかな上り基調のアップダウンを走り、
画像
次第に傾斜がきつくなる坂を上って県道203号線が合流。
画像
県道329号線の交差点を直進し、まだ行った事のない伊牟田方面へ。

予想していたよりも坂を上らされて、伊牟田の集落を抜ける。
画像
画像
下り坂になって菊池水源方面へ左折。
画像
坂をかなり下って
画像
画像
国道45号線・菊池阿蘇スカイラインに入り阿蘇方面へ。
画像


菊池水源周辺の紅葉は期待したほどではない。
画像
画像
画像


菊池水源の上の「中央駐車場」を過ぎた頃からポツリポツリときた。
画像


県道45号線が合流する少し手前の左側に目指す「地図の源」の案内板。
画像
画像


明治時代から西暦2002年3月まで、日本の地図は「日本測地系」と呼ばれる方法で、日本を19個の平面に分けて測量されてきた。

その一つである九州の大部分を含む座標系の中心で『東経131度00分00秒、北緯33度00分00秒』に位置するのがこの地点である。
画像
画像


西暦2002年4月からは人工衛星を使用した測量などによる「世界測地系」が使用するようになり、あらたな『東経131度00分00秒、北緯33度00分00秒』はこの地点より400mほど南東の山の中の地点へとなってしまったが、長い間使用されてきた「日本測地系」の座標系の中心のひとつであった事を記念して、熊本県土地家屋調査士会がこの地を「地図の源」としてモニュメントを建て、整備してきているらしい。
画像


ここで少し雨脚がしっかりしてきたので10分ほど雨宿り。
画像


さらに進むとガスが出てきて、
画像
雨脚もやや強まり、視界が急速に悪くなる。ミルクロードとの交差点では視界が10mくらいになり、風も強まり、体も冷えてきたので北山展望所の「喫茶・レストラン北山」に逃げ込むと期待していたストーブが点いており安堵。

これまでも、ここのストーブには何度かお世話になった。

濡れたウィンドブレーカーと手袋を乾かし、
画像
ランチタイムまでは少し時間があるのでブレンドコーヒーをいただき、
画像
愛媛からフェリーに乗ってきたバイカーとストーブを囲んでお話をする。

30分ほどして体もしっかり温まった頃には小雨も止み、視界も改善したので、展望所を後にしてミルクロードに入り、
画像
昼飯時になったので、兜岩展望所の駐車場にある「Pig Fluke Cafe」へ。
画像
もうひと工夫欲しい「ベーコンドック」をいただく。
画像


さらにミルクロードを大津方面へ。
画像
阿蘇谷や見え始めたものの五岳は見えない状況でも、「ラピュタ」はそこそこの人出。
画像
画像


さらにミルクロードを走る。
画像
画像
画像
画像


高尾野工業団地の先は直進し、美咲野から坂道を下り、大津の旧道沿いに走ってKENさんの仕事場へ。
画像
KENさん、最近はこれにハマっているらしい。
画像


その後は上井手沿いに走り、鉄砲小路を抜けて
画像
人参畑を走り、
画像
「菊陽杉並公園さんさん」から豊肥線の北側の道にいり、いつものように帰った。
画像


本日の走行距離:92.3q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
大陸は動いてるからなぁ…
Benbow
2015/11/12 20:31
地図の源と言うのがあるんですね。
地図好きとしては行かねば!
それに熊本の土地家屋調査士会が毎年清掃されているようで、
以前、土地家屋調査のバイトをしていた身にとっては尚更です。
しかし、今の季節の雨は寒かったでしょう。
風邪など引かないようにして下さいね。
1008
2015/11/12 21:01
私も先週の「読み逃げ屋さん」のコメントで行ってみたいと思ってました。
案内板があるようなのでいずれです。
今日は雨も落ちたんですね、菊池渓谷辺りはかなりの冷え込みだったかと。
阿蘇は既にストーブが必要な時期ですね。
もっとも我家も朝にはファンヒータをつけてますが^^;
みきたか
2015/11/12 21:07
「地図の源」の案内板は、その道を通る度に気になっていたところです。 先日の読み逃げ屋さんのコメントでまたまた気になっていましたが、詳しく調べていただきありがとうございました!
アンカー星人
2015/11/12 21:12
Benbowさん、こんにちは!
そうかぁ!大陸は動いてますよね。どんな地図でも常に不正確な訳ですかぁ。だいたいが、球面を平面に変えようとしてるんですからね。奥が深いです。
のぶ
2015/11/12 21:30
1008さん、こんにちは!
え?土地家屋調査のバイトをしておられたんですかぁ。ほう、それなら「地図の源」には行っておかないといかんですね。
わたくし、地図や測量の事は素人以下ですが、GPSの進歩などで様相が変化してきているんでしょうね。
今日の雨はそれほどではありませんでしたし、多少撥水性のあるウィンドブレーカーを着ていましたので凍えるほどではありませんでした。
のぶ
2015/11/12 21:38
みきたかさん、こんにちは!
菊池阿蘇スカイラインを北山展望所まで上るのはたったの2度目でした。
それにしても、かつての「東経131度00分00秒、北緯33度00分00秒」がスカイラインから離れた山の中でなくて良かったですね。
今日の昼頃は北山展望台で気温10℃だったので、気温自体はそれほど低くはなかったですが、風が強く体感温度はやや低かったです。でも冬に比べれば屁でもないものでした。

のぶ
2015/11/12 21:46
アンカー星人さん、こんにちは!
九州の「地図の源」があんなところにあるとは知りませんでした。
今度、ブルべでそこを通ったら寄ってください。ただし夜中だと、階段に気がつかないかもしれないのでご用心です。
のぶ
2015/11/12 21:50
九州のほぼ中央に、こんな「地図の源」なんてのがあったんですか!
全然知りませんでしたぁ!
衛星がないならないで、如何に誤差を小さくするか、考え抜かれていたんですね!
しかし、のぶさんの素晴らしく早いフットワークには驚嘆です!!
宮星
2015/11/12 22:46
宮星さん、こんにちは!
「日本測地系」の座標系の他の中心点はどうなったんでしょうね。必要なくなったので忘れ去られるだけなんでしょうね。それに比べると過去のものでもちゃんとモニュメントとして遺した熊本の土地家屋調査士会の方々は優しいですね。
あの辺りは冬になると寒いので今のうちに行ってきました。菊池水源の紅葉も気になってましたしね。
のぶ
2015/11/13 07:58

地図の源 ですか!全然しりませんでした(^_^;)あの辺を通った事あると思うんですが素通りしてますね(笑)
今度通ったらみて行きたいです^ ^
どうも初心者の頃菊池から大観峰まで登ったキツーいトラウマ?があって(^_^;) あの辺り走るの避けてか気がします(笑) 雨降ってあそこを下るなんてとっても寒そうでしたが無事で何よりでーす(^-^)/〜♪これからはホットが美味しい季節ですね(^_−)−☆
お好み焼きSD
2015/11/13 09:55
お好み焼きSDさん、こんにちは!
わたしも一度、菊池から北山展望所へスカイラインを上った事がありますが、その時も寒かったです。でも下るよりもいいだろうと、今回も上りました。斜度は大したことはないですが、距離が長いので疲れますよね。
北山のレストランには最近ハマっていたソフトクリームもありましたが、さすがに遠慮しました。はは。
のぶ
2015/11/13 18:29
さすがに素早い行動ですね。恐れ入りました。
僕はこれと行った地図に対する知識は無いのですが、地図上ツーリングは得意です。
仕事上地理院のホームページも、よく利用してるのですが最近は、地理院のホームページ内の地図・空中写真閲覧サービスで山のサイクリングコース探しがメインです。
空中写真と地形図を見比べると廃道となった道など発見できます。熊本付近で一番古い空中写真が1947年撮影。米軍による撮影です。50年経ってアメリカの国家秘密の指定解除に伴い公開されたそうです。それを国土地理院が収集して一般公開を始めて10数年。大手の事務所では、この空中写真を仕事に役立てている様ですが、僕の様な弱小事務所は、遊びに役立ててます。一度覗いてみると面白いかもしれませんよ。
読み逃げ屋
2015/11/13 20:15
読み逃げ屋さん、こんにちは!
この度は、「地図の源」の情報を提供してくださり、ありがとうございました。菊池渓谷に紅葉を観に行こうと思っていましたので丁度良いタイミングでした。
なるほど、航空写真ですね。たま〜にですが、わたしもグーグルマップの航空写真の方を見ることがあります。道路周囲の状況とか、ある程度の情報が得られますよね。
ほう!米軍の航空写真も公開されているんですね。そう言えば、終戦記念日あたりのテレビ番組で米軍のガンカメラ(戦闘機の機銃と連動していて、パイロットが引き金をひいている間、動画が記録される)が公開されていることを言ってました。航空写真を見れば戦中の道路や建物の状況などがわかって面白いでしょうね。これから覗いてみます。
のぶ
2015/11/14 07:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
阿蘇にある「地図の源」へ くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる