くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 二の岳・三の岳周遊

<<   作成日時 : 2015/11/07 16:50   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

今日は休みをとったのでサイクリングに出かける。

といっても午後からは降雨確率が高そうなので、手近な金峰山へ向かって午前8時頃、クロモリロードバイクで出発。

新屋敷を抜けて明午橋を渡り、
画像
県道1号線を走る。

ところで、「金峰山」というと、南側から見て一番高く見えるように「一の岳」を狭義で指すことが多いが、
画像
東側から見た場合のように、「一の岳」、「二の岳(熊ノ岳)」、「三の岳」を含む全体を指すこともある。
画像


ちなみに、一の岳の標高が665mだけど、二の岳が685m、三の岳が681m。

さらには、一の岳ができたのが約20万年前であるのに対し、二の岳、三の岳は50〜60万年前とのこと。
画像
(「くまもと地学教育研究会」のHPより)


今日はその広義の「金峰山」の内、二の岳、三の岳の間を通る「三の岳林道」を走ることにする。

上熊本駅の先から「ゆうかファミリーロード」に入り、
画像
小萩園方面へ坂を上る。
画像
画像
画像
小萩園を過ぎて緩いアップダウンが続き、
画像
フードパルのところから上がって来た県道332号線がワープするところに合流。
画像


さらに上って行く。
画像
画像
画像
「東門寺スクエア」とでも言うべきところに突き当り
画像
画像
左折し、県道101号線に突き当り右折。
画像
芳野のJAの交差点から、ワープしてきた県道332号線に入り、
画像
さらに坂を上り、峠を越えたところから「三の岳林道」へ左折。
画像


予想したほど路面は荒れておらず、落枝も綺麗に掃除されている。
画像
ただし、林道によく見られる幅十数センチの排水溝が100m毎くらいに横たわっており、
画像
下りも速度が出せない。

あまり眺望は良くない中、峠を越えると左側に「二の岳登山口」があり、
画像
そのすぐ先の右側に「三の岳登山口」がある。
画像


そこからもう少し走ると県道332号線に突き当たる。
画像


看板が目に入ったので「三の岳観音」へ上ってみることにする。
画像
路面の悪いコンクリート道路を上がって行くと電波塔が林立していてその中に「三の岳観音」。
画像
画像
画像
画像


お参りして坂を下り、県道332号線を右折。三の岳の北側の山林では広範囲な伐採作業。
画像
画像
そんな中を森林浴をしながら下って行く。
画像
画像


三の岳の東側に回り込んで、太多尾地区の日吉神社から左折して坂を下る。
画像
出羽地区を抜け、
画像
画像
万楽寺地区を抜け、
画像
太郎迫を抜けて
画像
硯川から「ゆうかファミリーロード」に入る。
画像


昼飯時になったので、島崎の「臥璽郎」で、「ごぼ天肉うどん」をいただく。はーうま!
画像


横手から加治屋町を抜けて白川沿いの道に入り、いつものように帰った。
画像


本日の走行距離:58.8q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
二の岳・三の岳は西側から何度も登った事がありますが、山道が舗装されているんですか!?
しかも自転車で登れるなんて・・・これも時代移り変わりですね!
まぁ、木材を切り出すとなると、作業車も通れる道が必須ですからね。
「三の岳観音」や電波塔・・・何時の間に出来たのでしょう?
電波塔が金峰山(一の岳)の山頂に満杯になったからでしょうね。
いやぁ〜懐かしい写真があるのかなぁ?と思っていましたが、100%違和感でした!・・・私が古くなってしまったという証ですね!
宮星
2015/11/07 18:26
勝手に標高は一の岳(金峰山)、二、三と思い込んでましたが。
標高から言えば二、三、一でしたか。
かなり色づいている紅葉もあるようですね。
肥後耶馬渓はまだ行った事が無く、
行ってみようかと思っているとこです。
みきたか
2015/11/07 18:45
金峰山が一番高いと思っていましたが、二の岳、三の竹より低かったとは。
三の岳林道、K332を通るより楽で走りやすいので、よく走りますね。
ただ、いつも看板が気になっている 三の岳観音は行った事がいんですよ!
行き止まりだとどうしても進む気が起きなくてですね〜。
こちらも紅葉の見頃になってきたようですね。
これからは、標高が低くても紅葉が楽しめそうですね。
1008
2015/11/07 19:20
宮星さん、こんにちは!
おっ!二の岳、三の岳は何度も登っておられるんですね。何を隠そう、わたしはまだ登ったことがないのです。いやお恥ずかしい!
今日はビンディングシューズしかなかったので登山道には入りませんでしたが、今度はジョギングシューズでも持って行ってハイサイ(ハイキング&サイクリング)しようかと思っています。
金峰山の一の岳の頂上の電波塔からは三の岳の麓の家には電波があまり届かないので、三の岳には電波塔が沢山建っているようです。
のぶ
2015/11/07 21:39
みきたかさん、こんにちは!
わたしの育った京町台から見ると一の岳が断然高いので、「二の岳、三の岳の方が高い」、と知った時はショックでした。
紅葉はまったく期待していなかったのですが、標高の高い所ではモミジが色づいていました。しかし平地の三賢堂あたりのモミジはまだ全く色づいていませんでした。
のぶ
2015/11/07 21:44
1008さん、こんにちは!
ロードバイクだけしか持ってなかった時は「林道」というだけでパスしてましたので、「三の岳林道」は今日が初めてでした。同じロードバイクでもグラベルキングを履いていると、安心して走れますね。1008さんは普通のロードのタイヤでも気にせず行くでしょうけどね。
「三の岳観音」はわざわざ行くほどのことではありませんでしたが、三の岳に登るならあそこまで行くと、あとはもう少しでしょうね。
のぶ
2015/11/07 21:49
のぶさんお疲れ様です!昔 MTBで金峰山に登ってから背負ってきた登山靴に履き替えてニの岳、三の岳に登ったのを思い出しました^ ^結構険しく、景色が良かった記憶がパーッと蘇りました(笑) やっぱりいい所ですね^ ^紅葉凄いいい感じです!うちから金峰山って結構近いから余計行かないですが遠くまで行かずとも楽しめそうですね(^_^;)遠くへ遠くへって思ってたんですが(笑) あのゴボウ天肉うどん私も食べてみたいんですよ〜♪ 美味しそうです!!

お好み焼きSD
2015/11/07 23:32
お好み焼きSDさん、こんにちは!
おっ!わたしが考えている事をすでにやっておられたんですね。二の岳、三の岳の登山道は険しそうですね。それを走り抜けるような、これまた勘なしのトレイルランナーの方達もおられるし面白いです。
最近は天気が良かったので阿蘇方面ばかり行ってましたが、金峰山も色々面白いコースや遊び方があって良いですね。
ガジロウさんのうどんは特に出汁が好きです。あの辺りに食事処が少ないせいもありますが、いつ行ってもお客さんが多いです。
のぶ
2015/11/08 08:40
ひゃ〜、また凄いリサーチ力に感心しました! その辺りはあんまり詳しくはありませんが、色んなルートがあるみたいですね。
素晴らしい写真が、秋の深まりを感じさせますね。 ハジメさんタッチの写真もあったりで、益々腕を上げられましたね。 

少し前、長島に行かれた時の記事ですが、そこの地名に“長崎鼻”とあったと思います。 長崎鼻っていう地名は、鹿児島の いちき串木野市や、指宿市、それから大分県、あと、五島にもあったと思いますが、長島にあるのは初めて知りました。 同じ地名が九州に沢山あって不思議だなと思いました。すいません、それだけです。 気にされないでください。アハハ。
アンカー星人
2015/11/08 23:17
アンカー星人さん、こんにちは!
いえ、今回のリサーチは大したことありませんです。「三の岳林道」はわたしは初体験でしたが、1008さんはよく通っておられ、その支道の探索もすでに終了しておられるようです。やおいかんです。
丸太の輪切りはハヂメさんの真似と解っていながら面白さについついシャッターを押しちゃいましたね。ま、いいか。
九州の同じ地名と言えば、グーグルマップを眺めていると、「国見岳」っていうのがあちこちにあるようです。
のぶ
2015/11/09 08:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
二の岳・三の岳周遊 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる