くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 暗くなっても明るく・・・

<<   作成日時 : 2015/10/01 16:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

早いもので、午後6時頃には金峰山の山並に夕日が沈むようになった。
画像


当然ながら、自宅に帰る頃にはライトが必要になってくる。
画像


幸い、通勤用のクロスバイクにはハブダイナモと
画像
自動点灯のライト
画像
が付いているので、そこんとこは問題なし。

思えば、中学、高校で乗っていた自転車、さらには20年ほど前の自転車通勤に使用していたではリムダイナモ
画像
が付いており、こいつをタイヤに設置すると、とたんにペダルが重くなり、ストレスだった。

それに比べるとハブダイナモと自動点灯のライトの組み合わせは点灯時もペダルの重さは体感的には全く変化なく、ストレスなく漕ぐことができる。

ハブダイナモの発電原理は、電磁誘導の法則を利用して、機械的エネルギー(仕事)から電気エネルギー(電力)を得る。
画像
すなわち、フレミンゴ右手の法則に従って磁力とコイルの動的作用によって電気を起こすもの。
画像


自転車用のハブダイナモには32個の磁石が歯車状に付いていて、ホイールが一回転するあいだに32回、電気が発生する仕組みになっているらしい。
画像
TDKのHPより)

なるほど、それで、ゆっくりをホイールを回すとライトがチカチカと点いたり消えたりするのを納得する。

わたしの所有する自転車では、もう一台、折り畳み自転車のBike Friday Tikitがハブダイナモを装着している。
画像


8年ほど前の購入当時、小径車用のハブダイナモは種類が少なく、ドイツのシュミット社(Schmidt)のものでホイールを手組みしてもらい、結構、値が張った。

ライトは、同じくドイツのBusch&Muller社のものを付けてもらったが、
画像
こいつにはコンデンサーで蓄電する機能がついていて、数分も漕ぐと、停止時でも蓄電によりライトの一部が点灯する仕組みになっており、
画像
信号停車時にも周囲から認識されやすく安心感がある。

通勤ではGiantのシクロクロスバイクでも行く事があるんだけど、こいつに付けてるフロントライト、
画像
リアライト
画像
ともにUSB充電式のライトで電池交換式のものに比べるとコストパフォーマンスは良さそうなんだけど、4〜5回乗るたびに充電しないといけないので、ちょっと煩わしいんだよねぇ。
画像










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
コンデンサ付きのライト、成る程アイデアですね。
ライトもLEDになってからは、車並みの明るさの製品もあり、昔からは考えられない
性能になってきましたね。
昔は、タイヤダイナモしか無かったのですが、キャンピングでは入り切りが面倒なので、Wレバーを利用して、動作させていたのを思い出しました。
1008
2015/10/01 17:50
ナルホド!なるほど!と拝見しました!
私も怪我が治ったら、チャリを買い替えないといけないので、参考にさせて頂きます!
宮星
2015/10/01 18:45
自転車で走っていると四季の移り変わりを体感しますよね。
日の出、日没、風の向き、坂の勾配、道端の草花、匂い、、、、、
そんな自然と自転車のメカ。
みきたか
2015/10/01 20:46
1008さん、こんにちは!
ほう、ダイナモをWレバーを利用してタイヤ側に倒すようにしてたのですね。わたしは靴底で倒していました。ただし、元に戻すのはやっぱり手を使わないと無理でした。
それはさておき、流石、1008さん、色んなノウハウをご存知ですねぇ。感心します!
のぶ
2015/10/02 08:00
宮星さん、こんにちは!
そうですね。自転車、買いなおさないといけませんね。定期的に夜間の走行があるようならハブダイナモがお薦めですが、標準で装備されているのはママチャリがほとんどで、今ではクロスバイクでもほとんど見かけませんね。わたしのクロスバイクはミヤタのですが、今は廃盤になっているようです。後付の電池式、充電式のライトでも良いのが沢山出ています。その際はご相談くださいね。
のぶ
2015/10/02 08:05
みきたかさん、こんにちは!
ほんとに自転車は自然と仲良しの乗り物ですね。
夜間の自転車走行もまたいいもんです。景色もガラっと変わりますしね。スピード出さないとそれほど危険でもありませんし、気分転換にはもってこいだと思います。
のぶ
2015/10/02 08:08
中学の時の自転車は、その当時革新的ともいえるスーパーカーみたいな“手動”の リトラクタブルライトでした。 ただ、あまりにも時代の先端過ぎて、自転車屋のおっちゃんが間違えて上下逆に取り付けてしまい、ライトが下に開いていたのを思い出しました。 
それと、リアにフラッシャーが付いてトラック野郎みたいなものがありましたが、あれを見た時にはカルチャーショックでした。 
しかし、Bike Friday Tikitってそんな凄い装備だったのですね。
フレミンゴ右手の法則・・・懐かしいです。 米村でんじろう先生みたいで凄く解りやすいです。
アンカー星人
2015/10/02 12:23
のぶさんこんにちは。
ライトの事なら是非コメントさせて下さい。最近のブルベ界では18650+中華ライトが一般的になってきました。圧倒的な光量は対向車に対して幻惑対策が必要なくらいです。充電式も規格は違えど同じようなバッテリーが入っています。
そんな中でもAJ福岡の元さん(クアトロ→SR×4回)クラスになるとハブダイナモです。ほぼ毎週走るので充電が大変だからだと思います。
okd
2015/10/02 13:30
アンカー星人さん、こんにちは!
わたしが自転車を卒業して自動車に乗り始めた頃、少年用の自転車の電飾がかなり豪華になっていたのは知っていましたが、リトラクタブルのライトがあったとは知りませんでした。リアのフラッシャーは憶えていますよ。
Bike Friday Tikitは一部のグレードでBTOが可能だったので、通勤用に使うのを想定してオーダーをしました。お蔭でかなり予算をオーバーしたのを憶えています。
のぶ
2015/10/02 17:20
okdさん、こんにちは!
おおお!夜通し走行することもあるランドナーの方々からするとライトには色んなこだわりがあるでしょうね。一日の夜間走行は長くても1時間以内のわたしからすると想像も及ばない領域です。「18650+中華ライト」って言うのも知りませんでしたのでググってみたら、リチウム電池の強力バッテリーに比較的に安価でしかも明るいライトの組み合わせなんですね。okdさんもその組み合わせなんでしょうか?
明日の玉名ブルベでは出発から二本杉峠、人吉、八代過ぎて宇土半島にさしかかる頃まではライトが必要かと存じます。観に行きたい気もしますが、夜遅くなるので、参加者のブログのレポを楽しみにしたいと思います。どうぞ、お気をつけて!
のぶ
2015/10/02 17:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
暗くなっても明るく・・・ くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる