くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS アソコがシビレるもんで・・・

<<   作成日時 : 2015/09/03 14:17   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 23

長い坂道をサドルに座ったままでずーっと漕ぎ続けていると、実は、アソコが痺れてくる。
画像


ただし痺れるのはクロモリロードバイクやシクロクロスに乗っている時で、カーボンロードバイクでは起きない。
画像


クロモリロードバイクに装着していたサドルは「Fisik Arione(フィジーク・アリオネ)」というサドル。
画像


同じくシクロクロスのサドルは、よく似た形状のGiantのサドル。
画像


一方、カーボンロードバイクに装着しているのは、「Specialized Toupe(トゥーペ) Expert」というサドル。
画像


それらの外見上の差は明確で、痺れないサドルは中央部が陥凹しており、中心部には穴まで開いている。

座り方にも依るけれど、サドルの中心部に当たる身体側の部が「会陰(えいん)部」と呼ばれる部で、生殖器と肛門の間の部を指す。

そこの奥には生殖器に分布する血管や神経が走行しており、これを長く圧迫すると「痺れや痛み」が出てくる。
画像


さらに長時間に渡り繰り返し圧迫を続けると、不感症やED(勃起不全)にも陥ると言う。

スポーツバイクのサドルは一般に幅が狭くて硬くできてきている。

ママチャリのサドルの様に幅が広いと会陰部を圧迫しにくいだろうが、ペダリング時に干渉しやすい。
画像


一方、ロードバイクのサドルの様に幅が狭くなるとペダリングには良いが、大事な股間にダメージが起きやすくなるというジレンマ。
画像


米国の医療関係のHPによると、

「男性サイクリスト40名のうち、70%で男性器の著明な血流低下を認め、痺れを感じたのが61%。週に250マイル以上走るサイクリストの19%で勃起不全を認めた。

200マイルを走るサイクリングイベントに参加した463名のサイクリストで31%に一週間続く勃起障害を認めた。

サイクリングと勃起障害の関係について調べた1981年から2004年までの35の研究のメタ解析によると中等度〜重症の勃起障害がおこったサイクリストは4.2%で、その危険因子は週に3時間以上のサイクリングであった。

また、サイクリングと会陰部の症状に関する62の論文のメタ解析では50%〜91%のサイクリストが性器の痺れを感じており、13%〜24%で勃起障害を認めた。」

などの報告があるらしい。

私の場合、痺れが出始めたら、腰を浮かせて漕げばやがて収まるし、
画像
他人が心配するほどの症状
画像
ではないけれど、クロモリロードバイクに装着している「Fisik Arione(フィジーク・アリオネ)」がくたびれてきたので、「Specialized Toupe(トゥーペ)Expert Gel」というサドルに代えてみた。
画像


ちなみにSpecializedは、サドルの形状による血流の影響を実験しており、あまり詳しくではないけど、そのデータを公表しているし、公開実験も行っているらしい。

さて、結果は期待通りで、自宅から俵山峠まで、サドルに座ったまま、赤信号以外はノンストップで走った時も痺れを感じずに済んだ。
画像


自転車も色々と奥が深い。

(最後になったけど、わたしの写っている写真はハジメさんのブログから借用)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
それは重大問題ですね〜
あ、いや、笑い事ではありませんね
そうなんですかぁ!スポーツ用サドルのあの穴っぽって、ちゃんと理由があって存在しているんですね!
私は関係ありませんが、息子らにはよく教えておきます!!
宮星
2015/09/03 18:03
私の場合はそっちは一応大丈夫(見栄?)ですが、お尻にダメージが来ます。
で、いつのまにかサドルだけでSORAクラスのロードが一台買えるくらいに。
サドルの選択は難しい。
みきたか
2015/09/03 21:44
宮星さん、こんにちは!
長距離を自転車で行くのには人に言えない色々な苦労が付きまといます。今回の心配事は、ある程度、高齢の者にはそれ程の問題ではありませんが、若いサイクリストにとっては重大ですね。
息子さんたちにもよろしくお伝えください!
のぶ
2015/09/03 22:23
みきたかさん、こんにちは!
サドル探しの旅に嵌っておられるサイクリストも多いようですね。他の人に合うサドルだからと言って、わたしに合うとは限りませんもんね。ただ、サドルも結構高価なので、わたしのようなケチなサイクリストは一度買ったサドルは。ある程度は我慢して使い続ける所存です。
のぶ
2015/09/03 22:26
画像を見ると面白くって、、、しかし、文面は真面目だし、笑っていいのやらいけないのやら・・・絶妙なバランスですね! しかし、切実な問題です。 基本的にサドルは“水平”にとなっていますが、どう考えてもサドルの高さを上げると同時に、サドル前方を下げないと大変な事になってしまいまいそうです。(骨盤の前傾が強くなるのに比例して、圧迫感が増します。)
前回のベアリングが横に並んだ写真も、笑ってしまいました。 ちょっと想像しすぎたでしょうか? (笑) 
アンカー星人
2015/09/03 22:49
こちらは大丈夫なのですが、
お尻が悩みです。
なので、最初の頃はサドルにかなり投資して、結局は革サドル(笑)に落ち着きました。
走り込めば大丈夫との話を聞きますが、情況によっては、今でも痛みが出る時がありますね。
原因の一つはシッティングばかりで走るからだろうと思うのですが、ダンシングが下手なもので(^^;
しかし、ぴったりな写真、笑いました!
1008
2015/09/04 07:22
表題の"ア◯コ"って、スパム扱いになるんですね。
書き込み出来なかったので、悩みました。
他にはどんな言葉があるのか、興味ありますが、
試す事が出来ないのが残念(^^;
1008
2015/09/04 07:27
アンカー星人さん、こんにちは!
さすが、その道の達人!手足の長さとか、関節の可動域の測定などに詳しい人は見る眼が違いますね。バイクフィッティングの世界は裾野が広いですね。
ここのブログも、元々格調高くなかったのですが、アンカー星人さんのブログの影響を受けて、さらにオチャラケてしまいました!
前回の横に並んだベアリング玉は・・・想像し過ぎです、はい。
のぶ
2015/09/04 07:55
1008さん、こんにちは!
このブログはタイトルや本文の単語でははじかれる事はないようですが、コメントでは、「こんなんで・・・」と思うような単語でもはじかれるようですね。
そう言えば、1008さんは、ジャックナイフなどの高等テクニックを披露する時以外はシッティングポジションのことが多いようですね。
わたしも1008さんやみきたかさんが使われている革のサドルに興味があるのですが、わたしの場合、非常に汗かきなもんで、革製品にはカビをつけてしまいそうで躊躇しています。
のぶ
2015/09/04 08:03
恐ろしいデータですね。
それらしい話は聞いていたので穴あきのサドルを使用しております。
ま、私の場合は異常をきたすまで乗り込めていないので問題はなさそうですし(笑)、実際今のところ問題はございません。
自転車は怪我の少ないエクササイズで健康維持にはもってこいの乗り物ですが・・・何事もやりすぎは何か問題があるもんですねー。
mottea
2015/09/04 09:18
男性だけでなく、女性もサドルの悩みはありますよ💦
私はボントレガーの穴開きサドルに変えてから痛みが出ません^_−☆
サドル探しの旅に出るとエンドレスになりそうなのでお尻に合うサドルは早いうちに見つけれた方が良いですね( ^ω^ )
花mama
2015/09/04 15:47
のぶさんこんばんは。
圧迫で異常をきたすタイプ。
摩擦で異常をきたすタイプ。
それぞれですね。
私は摩擦で異常をきたすタイプなので帰ってから風呂に入るのが恐怖だったりします。
パリのブルベに参加した人が革のサドル率が高いと言ってました。乗れば乗る程良くなる様です。
okd
2015/09/04 21:45
motteaさん、こんにちは!
意外と高いパーセンテージですよね。ただし日本人はどうなのか、報告がないようで判らないのです。いずれにせよ、わたくしめの年齢なら不感症になっても構わんでしょうが、motteaさんの年齢の方々はまだ先が長いので注意が必要ですね。
ほんと、何事にもやり過ぎには注意が必要です!
のぶ
2015/09/04 21:55
花mamaさん、こんにちは!
おっ!女性も同様なんですね。そう言えば、女性用のサドルもあったような・・・。
サドルは、人に合っているからといっても自分に合うサドルかは使ってみるまでわかりませんからね。エンドレスになるのもうなずけます。
ある程度で折り合いをつけるしかなさそうですね。
のぶ
2015/09/04 22:05
okdさん、こんにちは!
そうか!ランドヌールの人達がどんなサドルを使っているか調べると大変参考になりそうですね。ほう、PBPに出るような人は革製のサドルを使う事が多そうなんですね。お尻の形に馴染むそうですもんね。なるほど!
ちなみに摩擦タイプのサドルトラブルは、ブルべほどの距離になるとシャーミークリームくらいでは焼け石に水なんでしょうね。
のぶ
2015/09/04 22:47
こんにちは。
自分はそこまでの距離を乗る訳じゃないですが、影響はいつも懸念してます。やはり将来の事を考えると、サドルも気にしないと。と思った次第です。
specializedのサドルは全般的に優しい感じで僕も気に入ってます。最近はサイトにアレの載せ方が丁寧に描いてあるISM ADAMOが気になってます(笑)
なべ
2015/09/05 13:51
なべちゃん、こんにちは!
わたしの知り合いでは、なべちゃんが一番若いサイクリストです。アレに支障がくると大問題ですので、ほんと、注意が必要ですね。
ISM ADAMOはBenbowさんがTTタイプのを付けておられます。
なるほど、ちゃんとアレの載せ方があるんですね。今度、使い心地を伺ってみようっと。
のぶ
2015/09/05 20:50
シビレます、毎回(笑)
穴あきサドルってファッション性や軽量化のためだと思っていたら、医学的な理由があったんですね。
あのシビレ、嫌いではないのですが(笑)、痛くなったりしたら困るのでサドル探しの旅に出ようかな。
ナワ
2015/09/06 04:05
ナワさん、こんにちは!
おおっ!学生時代から全国各地へサイクリングに行っておられるナワさんをもってしてもサドルトラブルはつきものなんですね。やはり永遠の課題なのでしょうか?若い時はよくても、筋肉量が減ってきたり、体重が変化したりするとまた状況が変わってくるでしょうしね。サドル探しの旅・・・余りお金がかからないといいのですが、1万なんぼ出して買ったサドルが、「やっぱり合わない」って言って、そうそう簡単に代えれる訳ではないですからねぇ。
のぶ
2015/09/06 10:23
そのチネリのバイクに乗ったKさんは天草で半分も行かないうちに尻痛でリタイアしそうになったんだけれど、のぶさんが乗ったところではどうだったんでしょうか…
ムスコ問題を片付けたとしても(ボクの場合ADAMOちゃん)尻痛が控えていて、ロングライドの時はむしろコッチが切実でありまする…
でも安いCXバイクに初めから付いていたサドルはどちらの問題も無いのですよね〜
あの時一緒に走ったシクロクロスチャンピオンのサドルも同じものでした!
Benbow
2015/09/06 11:02
Benbowさん、こんにちは!
Kさんのシクロクロスは・・・あの時は長崎O3のホスト役で、しかもBenbowさんは二日酔いでダウン(笑)だったので、自分のお股の事はすっかり忘れておりました。
なるほど、ADAMOちゃんは、アレには良好なものの、お尻の方に難ありなんですね。もともとロングライドの方を想定していないでしょうからね。シクロクロスバイク自体もそうですし・・・。サドル選びは答えのない問題みたいですね。
のぶ
2015/09/06 11:44
のぶさんこんにちは。
摩擦には剃毛が効果あるとかないとか…

先日ベテランランドナーの薬箱を見る機会がありました。
関節・・・ロキソニン、ボルタレン
股痛・・・ドルマイシン
逆流性胃腸炎・・・制酸剤
三大疾病をしっかり網羅してました。
制酸剤は昨日INA隊長に処方してもらいました。これで吐き気を我慢しなくてすみそうです。


okd
2015/09/06 15:30
okdさん、こんにちは!
なるほど!関節痛、胃腸炎、股痛がブルべ・シンドロームって訳ですね。薬類は重量もないので、是非とも携帯しないといけないアイテムですね。
ほう!剃毛がお尻の摩擦に効果がありそうなんですね。確かにそうかもしれない。ただし、デリケートなところの剃毛なので、逆に怪我しないように注意が必要ですね。
のぶ
2015/09/06 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
アソコがシビレるもんで・・・ くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる