くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿蘇カルデラスーパーマラソンのコース試走

<<   作成日時 : 2015/05/31 23:34   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

6月6日に行われる第25回阿蘇カルデラスーパーマラソン大会。
画像


100qの部に出場するピナ朋とチッポがそのコースを自転車で試走するため、伴走を依頼されたので謹んでお受けした。

ただ、男ひとりでは何かあった時に心細いので、他の伴走者を捜してもらったところ、ラン仲間でトライアスロンも始めたという「パプアくん」という青年が加わることになった。

さらに前日にこの試走の情報を聞きつけた、みきたかさんも急遽参戦となった。

午前7時にピナ朋どんにピックアップしてもらい午前8時前にスタート地点の南阿蘇総合福祉温泉センター「ウィーナス」の駐車場に集合。
画像


初めてお会いする「パプアくん」は、どこがパプアニューギニアなんだろう?と思っていたら、海外青年協力隊でパプアニューギニアに居たんだということ。

午前8時過ぎに5人でウィーナスをスタート。
画像
県道299号線を右折して坂を上り県道149号線を右折。
画像
画像


県道28号線を左折して、本日から道の駅となる「阿蘇望の郷くぎの」は、そのセレモニーの準備。
画像


県道28号線を竹崎の先から北上し、田舎道を通って
画像
旧道を横切り、白川水源の先から国道325号線に出て、高森のローソンで携帯食を購入。
画像
画像


国道265号線に入り、村山交差点のすぐ先を左折し、上りに入り、
画像
「高森殿の杉」の入口付近から激坂となってくる。
画像


「桧垣のこぼし坂」に迫ろうかという坂を上がり、
画像
清栄山の登山口のところが峠となり、
画像
画像
その後はアップダウンの連続。

県道212号線へ左折し高森自然塾の先から県道218号線へ左折。
画像
しばらくアップダウンを走って阿蘇高森ゴルフ倶楽部の入口で休憩。
画像


箱石峠の近くの国道265号線に突き当たる少し前で県道135号線へ右折。

くだり基調のアップダウンを走って阿蘇市波野支所方面へ左折。案内板通りに走って
画像
みきたかさんの好きな荻岳を眺めながら走り、
画像
波野支所に到着。
画像
画像


ここが中間点らしく、50qコースはここから出発とのこと。

県道41号線へ左折して
画像
国道57号線を左折してすぐに県道216号線へ右折。

県道216号線を道なりに走り、産山支所などのあるメインストリートを走り、
画像
県道40号に入り、相変わらずのアップダウンを走る。
画像


産山村の田尻を過ぎると上り坂となり、やまなみハイウェイを横断して下りへ。
画像
南小国町に入り、合戦群(かしのむれ)のところから左折して最後の上り坂を走り、
画像
草原の道へ。
画像
画像

画像
画像

ミルクロードをアンダーパスしてさらに南下し、
画像
像ケ鼻からの眺めに歓声を揚げ、
画像
画像
画像
小嵐山の九十九折をくだる。

ここでパプアくん、パンクを初体験。そこで経験豊富なみきたかさんとわたしめとで寄ってたかって修理。

その後、阿蘇谷に下りて、黒川を渡り、田舎の直線道路を西へ走る。
画像
県道110号線に出て、はな阿蘇美の交差点から左折し、阿蘇市役所内牧支所のところのゴールへ無事到着。
画像

コースを間違えないか、心配だったけど、間違えそうなところは矢印の案内板が掲げてあったし、旗も沢山立てられており、安心して試走することができた。

ここでパプアくんが離脱。お疲れ様でした!
画像


この後、県道149号線に入り、追い風を受けて走る。
画像
画像
国道57号線を横断し、東海大の東側を抜けて坂を上り、県道299号線へ右折して坂をくだり、出発地点のウィーナスの駐車場に到着。
画像


標高差は500m程度だけど、アップダウンの多いコースで自転車でも結構疲れた。これを走るっていうのは、やっぱりすごいなあ。

本日の走行距離:117.8q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
試走お付き合いいただきありがとうございました!
実際走ってみて、恐怖感と不安感は募りますが、練習してきた仲間と、完走目指して、最後まで気持ちを切らさず頑張りたいと思います(^o^;)
しかし、サイクリングにはいい天気、いいコースでしたね〜(^∇^)
道案内から、ビンディングにパンクにチーム03のサポートに感謝です(≧∇≦)
また落ち着いたら、是非ヨロシクお願いします(´∇`)
ピナ朋
2015/06/01 07:08
う〜ん、自転車でもそこそこキツイコースをランとは、やはり○ンタイですね(^^;
清栄山は桧垣のこぼし坂と同じくらいなんですね。
間違ってルートに入れないように注意しておきます。
でも、行くんだろうな〜
応援に行きたい所だけど、あいにく予定が入っているのが残念です。
1008
2015/06/01 07:30
思わず目が点になってしまいました。 
ここを走られるのですね。(驚!)
無理されず頑張ってください! と言う他なさそうです。
いや〜、凄いです。
アンカー星人
2015/06/01 08:07
やはりペース配分が一番なんでしょうなぁ… フレッシュな前半で調子に乗ってハシッてしまうと、ツケは必ず後半にやって来ますからなぁ…
まぁ、ピナ朋さん達なら大丈夫出っしょ!気合いは十分のようですしね…(^^)
Benbow
2015/06/01 09:57
う・・・ん・・・? このコースをチャリではなく、アンヨで走るんですか
<第25回阿蘇カルデラスーパーマラソン大会>という事は、既に24回実施されているんですね!?
出場されるピナ朋様、チッポ様、と皆々様、本番ではバテないように、頑張ってくださいっ!!
宮星
2015/06/01 18:30
ピナ朋どの、昨日はお疲れ様でした。
サイクリングコースとしては面白いですが、足で走るコースとしてはきついでしょうね。アップダウンが脚と気持ちにダメージを与えそうです。
100qを走るなんて経験は、そうそうできないでしょうから、思う存分楽しんでください。疲れてきたら、ゴール後に堪能する予定の、ブッチャーKさんちの美味しいお肉を思い浮かべて前へ進んでください!
のぶ
2015/06/01 20:22
1008さん、こんにちは!
うーん、阿蘇カルデラを100q走ろうという人達・・・ヘンタイと言うより、勘なしと言った方があたっているような・・・。1008さんも勘なしなので、ある意味、同族かと・・・。それはさておき、清栄さんへの上りは「桧垣のこぼし坂」に匹敵するような坂ですが、草原の中の道で、眺めがいい場所が所々にあるんですよ。
上ってみる価値は十分ありますよ。途中に「高森殿(どん)の杉」もありますし、是非一度、奥さんとどうぞ。
のぶ
2015/06/01 20:29
このコースを見ていたら是非走ってみたくなってドタキャンで無くてドタサンでした。
そんな申し出に快く応じて下さりありがとうございました。
カルデラスーパーマラソン公式HPでのコースはいま一つコース詳細を把握出来ていませんでしたが。。。
最初の激坂があの清栄山沿いでしたね。
途中足を着きたくなりましたよ。
前を走るピナ朋さんが頑張っているので何とか持ち堪えました。(マジ)
公私に渡ってのぶさんが指導されているとは言え、アスリースト魂を感じました。
ちっぺさんもロードバイク歴半年、更にビンディングでの長距離は初。
波野から産山への57号を横断する時は”ここで57号を降りないと大変”と思いましたが。
まっ、このマラソンに昨年に続き参加しようとするだけは有ります。
女性お二人のパワーとチャレンジに敬服の一日でした。
ただ、聞いてみたくて聞けなかったのが
『なんでこんなマラソンに参加するの?』
『そこに山(大会)があるから』なのでしょう、たぶん。
ちなみにこのコース獲得標高は私のEDGEでは1826m、先日の産山−荻岳が1349mです。
みきたか
2015/06/01 20:31
アンカー星人さん、こんにちは!
下りはブレーキレバーを握るだけでよい自転車ならともかく、膝に負担をかけながらのランは辛かろうと思いました。それだけにゴールした時の感激は鮮烈なものなんでしょうね。比較するのは邪道かもしれませんが、ブルべでSRを獲得しているランドナーたちも同じような感激を経験しているんでしょうね。
のぶ
2015/06/01 20:32
Benbowさん、こんにちは!
わたしはこれまで自分を非日常の極限まで追い込むような経験をあまりしてきませんでしたので、こうした100qマラソンのような過酷なレースに挑戦できる人達がある意味羨ましいです。自分の能力の限界を探りながらそれに応じたペース配分を考えたり、朦朧となりながらただゴールだけを目指したり・・・よかですねぇ!
のぶ
2015/06/01 20:37
宮星さん、こんにちは!
わたしもこのレースが開催されていることを5,6年前から知ってはいましたが、それが今年で25回目であることは数日前に知りました。
日本国中から千数百名の勘なしランナーが集まってくるそうです。今回、そのコースを走ってみて、100qという山岳コースに挑戦しようとする気持ちだけでも尊敬に値すると思いました。
のぶ
2015/06/01 20:46
みきたかさん、こんにちは!
昨日はお疲れ様でした。ロードバイクの経験の少ないメンバーだったので、みきたかさんの参加は心強かったです。
ピナ朋には、私の方がやや経験の長い自転車の事は指導していますが、仕事を含むその他のことは逆に私が指導を受けているのが実際のところです。
わたしは、自転車に乗っていると言っても、競技志向ではないので根性もすったくれもないですが、ランを趣味にしているひとは根性がある人が多いですね。
それはさておき、産山〜波野の周辺の、いわゆる「奥阿蘇」と呼ばれる地域はまた違った風情があってサイクリストの冒険心をくすぐるものがありますね。
昨日は眺めただけの荻岳に、次は上ってみたいと思いました。
その際は、ガイドをお願いします!
のぶ
2015/06/01 21:02
のぶさん、こんばんは。先日、金峰山朝練の帰りに、うちの施設のマラソン好きスタッフと偶然会ったのですが、このスーパーマラソンに出ると言ってました。このコースを自分の足で走るなんて信じられません(^^;)ホント尊敬します。
ところで、清栄山への激坂、気になります(笑)あの桧垣のこぼし坂に匹敵するとは!いつか登りたいです(^-^)
kou
2015/06/01 21:56
のぶさん
昨日は・・・いえ、昨日も、お世話になりました!
みなさんの足を引っ張り申し訳ありません。
次までにはビンディングの着脱をもう少しスムーズにしておきます!
一つ目の激坂は、昨年歩きましたが、、バイクだとさらに激坂でした。。
全てバイクで登れるよう頑張ります!
でも、像ヶ鼻の絶景最高でした!!
先導いただいてありがとうございました☆
いつもいつもお気づかいありがとうございます☆
これに懲りずにまたよろしくお願いします!今度は地蔵もみたいです。。

みきたかさん
後ろからサポートありがとうございました。
ビンディングがはまらない、はずれないとぐるぐると回ってすみません。。
次はもう少し脚力を鍛えようと思います。。
色々とアドバイスありがとうございました!
またよろしくお願いします☆

ピナさん
企画していただきありがとうございます☆
カルデラのコースは一応全部走ったことはあるはずなのに・・・
あんなに坂ありましたっけ??笑
ピナさんみたいにがんがん坂登れるよう頑張ります!!
ひとまず、カルデラではよろしくお願いします☆
ちっぺ
2015/06/01 22:47
kouさん、こんにちは!
おっ!kouさんの知り合いにもカルデラスーパーマラソン、出場される方がいらっしゃるんですね。そう言えば、金峰山でもトレイルランの大会をやってました。山道を走って上るなんて凄いですよね。
清栄山への坂は、詳しく分析した訳ではありませんが、「桧垣のこぼし坂」よりほんの少し楽だったように思いました。勿論、ウィーナスから走り始めての話ですから、これを俵山経由で上がったりすると、きつさ倍増でしょうね。
是非一度、悶絶してみてください。
のぶ
2015/06/02 07:33
ちっぺどの、こんにちは!
一昨日はお疲れ様でした。睡眠不足&飲みすぎ(?)の影響で体調不良の中、自転車とは言え、最後まで頑張りましたな。
加えて火山灰の影響でビンディングの着脱が難しくなったり、試走とは言え、色々ありました。
大会当日の天気も現在のところ、曇の予想。試走の時の経験を生かして、したたかに走ってください。当日は応援には行けないと思いますが、職場の部屋から見える阿蘇の山並みに向かってエールを送る所存にございます。
また宜しくお願いします!珈琲飲んでます!
のぶ
2015/06/02 07:40
 このコース自転車でも相当きついのでは?
高森殿の杉からの坂は、車のエンジン音を轟かせながら登った記憶があります。
その後も、野原が波打った様な波野のアップダウン。しかも高地だし。
そこを自分の脚で走らせるとは、恐ろしい大会ですね。
後、草原の道は秋口の夕方は最高ですよ。西の草原に沈む夕日。遠くから聞こえる鹿の鳴き声。ちょっと肌寒い冷たい風。日暮れ間際のもの悲しさ。そんな時間帯にあんな所に居る事は滅多に無いですけど。
読み逃げ屋
2015/06/02 08:20
読み逃げ屋さん、こんにちは!
今回試走したコースは、阿蘇望のBコースと同じくらいではないかと思います。
試走したコースの後半のハイライトは『草原の道』でしょうが、走る人達は楽しむ余裕がないかもしれませんね。
なるほど、その道を秋口の夕方走るのが雰囲気最高なんですね。ススキの穂が夕日に照らされてきれいでしょうね。そこに居ることができるのは阿蘇に住んで居る人達の特権ですね。羨ましい!あ、車載で行けば気軽にできそうですね。
のぶ
2015/06/02 18:11
産山〜やまなみハイウエイは多分ジェントルマンで走ったコースだと思います( ^ω^ )
あの時は景色を見る余裕など無かった(吹雪で見え無かった)のでのぶさんの写真を見て実はとっても素晴らしいところだったんだと気付きました( ^ω^ )
しかし、このコースを走られるとは…マラソンでも自転車でも…立派な変態さんですね(^^;;
噴火の影響も無く無事に開催されることを祈ってます( ^ω^ )
花mama
2015/06/03 07:09
花mamaさん、こんにちは!
おっ!ジェントルマンズレースに出られたんですね。ああ、それでグラベルを走ったんですね。1008さんのレポートを拝見しましたが、雪が降ってましたね。
先日は試走でしたので、景色を眺める余裕が十分ありましたが、レースとかだとなかなか景色を楽しむ余裕がないでしょうね。まして天候が悪いとですね。
今週末の本番は、今のところの予報では、長距離ランには向いてる天気みたいです。
のぶ
2015/06/03 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
阿蘇カルデラスーパーマラソンのコース試走 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる