くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮本武蔵フルコース

<<   作成日時 : 2015/02/01 21:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

朝から急用ができてしまい、それを済ませたら午前11時近くになってしまった。

そこで、晩年を熊本で過ごした剣豪・宮本武蔵の足跡をフルコースで辿ってみることにする。
画像


実は熊本に来る前の武蔵に関しては、ほとんど資料がないそうで、武蔵に関する資料の実に9割が熊本に現存しているんだと。

クロモリロードバイクで出発し、まずは新屋敷を通り、仮の明午橋を渡って中心街へ。

武蔵は天正12年(1584)、播磨国(兵庫県)に生まれた。13歳で新当流の有馬喜兵衛に打ち勝って以来、29歳までの間に60余度の勝負をして一度も敗れなっかったと言う(五輪書より)。

その後さらに、剣理を追及して兵法の深奥を極め、ニ天一流を創始。
画像


そんな武蔵が熊本に来たのは、寛永17年、57歳の頃。

三百石の客分待遇で、千葉城跡に居宅を与えられ、細川忠利公に仕えた。

熊本アークホテルより少し坪井方面に進んだ坪井川沿いの歩道に石柱が立っていて、武蔵の住居跡の場所を教えている。
画像
石柱の上の部分には武蔵を象徴する筆と刀と巻物が刻まれている。
画像


対岸の熊本西年金事務所の敷地の一角には旧居跡の標柱が立っている。
画像


そのすぐ南側にある千葉城跡は現在、NHK熊本放送局となっており、
画像
その玄関の近くに武蔵が使用したという井戸が残されている。
画像


次に新町、段山(だにやま)を経由して島崎の島田美術館へ。
画像


正保2年(1645)初夏に歿するまでの晩年5年間を熊本で過ごし、この間に「兵法三十五箇条」「五輪書」などを著し、また、茶・禅・書画三昧の日々を送った。
武蔵は秀れた画人でもあり、自在な中に鋭い気迫を伝える彼の遺作は、日本水墨画史上に独自な位置を占めている(島田美術館のHPより)。

島田美術館は武蔵の書画や所持品など数多くの武蔵に関連した所蔵品を誇る。
画像


美術館の島田真祐館長(わたしが学生の頃バイトしていた予備校で国語の講師をしておられた)によると、武蔵の絵の特徴は「単体」であること。すなわち、動物にしても人物にしても単体で描くのがほとんどで、これは彼が、「世界」というものにひとりで対峙し、己と向き合ったからに他ならない、とのこと。ふむふむ。

この日は他に「刀剣と甲胄展」もやっていた。
画像
(島田美術館のHPより)



島田美術館から西回りバイパス沿いに南へ走り、右折して谷尾崎梅林公園へ。
画像
この公園の奥に、たたみ二畳ほどの巨石があり、武蔵がこの上で座禅を組んだと伝えられている。
画像
また西南の役の時には、当時、連隊長であった乃木希典もここを訪れ、武蔵に因んで、座禅を組んだとも言われている。

なーんて言っていたら、ここで同僚のN先生と鉢合わせ!写真が趣味の彼は、梅の開花状況をチェックしに来たんだけど、生憎、数本がわずかに咲き始めている程度だった。
画像


西回りバイパスに戻り、井芹川沿いの道に走り、坪井川と合流するところに来るとお腹が減ったので、近くのヒライでエネルギーを補給。その後、坪井川沿いの道を走り、松尾町に入って、久しぶりに「檜垣のこぼし坂」を上るつもりだったけど、水場の先で通行止め(後で確認に行ったら日曜日で「休工中」)。仕方なく、松尾東小学校の上の四つ角を左折して、坂を上り、松尾西小学校の先から上がってくる「パイロットロード」に合流してさらに坂をのぼり、
画像
みかん畑を抜けて岩戸の里公園へ。
画像


頭でっかちの武蔵像に「ボケ防止」の祈願をして、劇坂を下って雲巌禅寺へ。
画像
ここの境内には資料館があり、武蔵ゆかりのものが展示してある。奥に進んで行くと、五百羅漢(武蔵の頃には無かった)
画像
を始め、色んなものが安置されており、霊場らしい独特な雰囲気を醸し出している。
そして、その一番奥にある霊巌洞へ。
画像

岩戸観音が祀ってあるこの洞窟に、武蔵は60歳の時に籠り、兵法の極意書である「五輪書」を書き上げた。
画像


頭でっかちの武蔵像のところに戻り、坂を下って県道101号線へ右折。県道1号線に合流してさらに坂を上り、峠の茶屋を越えて、少し下って右折。路面の悪い鎌研坂を下りて、荒尾橋から左折し「西の武蔵塚」へ。
画像


そこは武蔵が創始したニ天一流の後継者、寺尾一族の墓所である。
画像

寺尾家は細川家の家臣で、寺尾勝信・信行兄弟は共に武蔵の弟子で、武蔵は、兄・寺尾勝信に『五輪書』、弟・寺尾信行に『兵法三十五箇条』をそれぞれ与えた。どういう理由か知らないが、弟の方が家を継いだらしく、弟・信行の墓が遺っている。
画像


寺尾家の墓の横の自然石の墓は、武蔵の墓で、所謂「武蔵塚」には甲胄のみが埋葬されており、遺骨はここに、という噂も・・・。
画像


島崎町から上熊本、坪井を抜けて、黒髪へ。熊本大学黒髪キャンパスを抜けて、
画像
東側の道を泰勝寺方面へ向かう道の脇に大きな石。
画像


正保2年(1645年)千葉城跡の居宅で62歳の生涯を閉じた武蔵の遺体を入れた棺はこの石の上に置かれ、特禅を通じて武蔵と親交が深かった泰勝寺の春山和尚が引導を渡す(葬儀の際に導師が棺の前に立ち、死者が悟りを得るように法語を唱えること)と、一天にわかにかき曇り、すさまじい雷が一発響きわたったと言われている。

そこからさらに立田山の方に進んで、立田自然公園内の泰勝寺跡へ。
画像
ここには武蔵の供養塔がある。

泰勝寺は細川家の菩提寺で、
画像
供養塔は一代目住職大渕和尚や、武蔵の亡骸に引導を渡した二代目住職春山和尚と同じ場所に立っている。
画像
一見、五輪塔のようにも見えるが、「火輪」が二つ重なっていて、定形でない。

「誰かが、散逸している五輪の各部分をこのように組み合わせて、春山和尚の隣に並べたので、いつとなく、武蔵の供養塔ということになったのではないだろうか」という声もある。

そこから県道337号線を東へ走り、武蔵塚へ。
画像


細川藩候の参勤交代の無事を祈るため、遺言により、甲胄具足に身を固め、両刀を抱き、立姿で葬られていると伝えられる墓。
画像

墓碑には「新免武蔵居士石塔」と刻まれている。

武蔵が創始した「二天一流」は現在でも受け継がれており、「万里一空(万の理屈があっても心はひとつ)」の教えの元、常に修行者であり続ける人たちがいる。
画像
(二天一流の寒稽古でのひとコマ)


陽が傾いて来て、県道337号線を西へ帰った。

本日の走行距離:53.1q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
宮本武蔵の記録が57歳に熊本に来る以前について、ほとんど無いと言うのは
驚きです。
そして気になるのが、熊本の何を気に入って住んだのかですね。
自転車乗りならそこに阿蘇があるから等、言いそうですが、剣術ならば
何でしょうね?
ですが、何かが気に入って住んでもらえたと思うので嬉しいですね。
1008
2015/02/01 21:41
いや〜、しっかり宮本武蔵のフルコース 堪能させていただきました。武蔵塚という地名の由来は宮本武蔵から来ているのでしょうか?
それから、NHK放送局周囲に貴重な史跡があるとは、恥ずかしながら初めて知りました。
アンカー星人
2015/02/01 22:50
これだけ廻られて53km、一日コースの濃さです。
武蔵は全国区でメジャーですが、その資料の9割が熊本ですか!
驚きです。
みきたか
2015/02/01 22:52
1008さん、こんにちは!
武蔵が熊本に来たのは、細川忠利公から客人として招かれたからです。それも破格の待遇だったようなので、それが決め手となったと思われます。
加藤家が改易されて肥後に来た細川家はその前は小倉にいました。島原の乱や巌流島の決闘なので、武蔵は小倉の細川家とは関係ができていて、それで、熊本に呼ばれたみたいです。
のぶ
2015/02/01 23:07
アンカー星人さん、こんにちは!
武蔵の墓(塚)があるので、「武蔵塚」です。その先の丘一帯が「武蔵ケ丘」です。ちなみに、武蔵塚の近くには「武蔵うどん」があって、メニューに「小次郎いなり」か何かがあるんですよ。
それから熊大循環器内科がやった、大規模臨床試験に"Musashi Study"というのがありますね。
NHK熊本放送局のある丘は昔、「千葉城」と言う城があったんですよ。それで周辺には当時の色んな文化人などもすんで、由緒正しいところなんです。
のぶ
2015/02/01 23:16
みきたかさん、こんにちは!
熊本、その前の小倉に居た頃はある程度分かっているようなんですが、その前は、本人の口述や、それを聞いた人からまた聞きしてまとめたような伝記があるだけみたいですね。それらを比較的良い方に解釈してまとめたのが吉川英治の「宮本武蔵」で、多くのドラマなどはそれを基に演出してあるので、我々の「武蔵像」も吉川英治版のものに近いのが大多数のようです。
のぶ
2015/02/01 23:23
大藪さんの新年会依頼、ご無沙汰しております(^^)のぶさんのブログはいつも勉強になります。自分が勤務している医療法人の先代理事長(故人)が二天一流の師範だったんです。今も道場とかありますし、何か武蔵ゆかりのお宝もあるらしいです(笑)また、自分が大好きな刃牙道(ばきどう)という格闘技のマンガが少年チャンピオンで連載されてるのですが、武蔵塚に甲冑姿で埋葬されてた武蔵の骨の中から生組織を取り出しクローンとして蘇らせて、現代の格闘家達と闘うというめちゃくちゃな設定です。でもかなりおもしろいので機会があればコンビニで立ち読みされてみて下さい(笑)
kou
2015/02/03 23:55
kouさん、こんにちは!
こちらこそご無沙汰しています。
おお!そんな身近に二天一流の後継者がおられたのですね。ネットで見てると、二天一流もいくつか分派があるようですね。それにしても400年経ってもなお継続している人達がいるということは凄いことです。
わたしは剣の道ではありませんが、常に「修行者」であることを忘れないようにしたいと思います。
ん?武蔵塚の生細胞からDNAを抽出して蘇られるのですか?ボブ・サップみたいなDNAとハイブリッド化させると「鬼に金棒」でしょうね。
「刃牙道」・・・今度コンビニで立ち読みしてみます。
のぶ
2015/02/04 07:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮本武蔵フルコース くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる