くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 村吉のイチイガシに逢いに行く

<<   作成日時 : 2015/01/25 19:56   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 14

午後からは家庭内平和維持活動なので、泗水町の村吉地区にあるイチイガシを見に行くことにする。

先日、「山鹿てんぷらツアー」の折、菊池で皆と別れた後に立ち寄った「わいふ一番館」の館長さんが、「是非、見に行って下さい」と、わざわざ地図まで書いて場所を教えてくださったのだ。

午前7時半過ぎ、クロモリロードで出発。

最短コースは北バイパスから日田街道だけど、それではつまらないので、回り道をすることにする。

北バイパスから旧・国道57号線である県道337号線に下りて
画像
豊肥線沿いを東へ。光の森のところから左折して道なりに進み、竹迫(たかば)の旧道に入り、県道138号線へ左折。
画像


竹迫日吉神社のところで右折して、
画像
竹迫城址のところから右折して県道を離れ、台地に上がる。この台地が気持ちよかった。
画像
桜山地区を抜け、合志川を渡る。
画像

すると行く手の台地にひときわ大きな樹体が見える。
画像
あれが目指すイチイガシかな?
進むと村吉地区に入る。
画像
「札の辻」と呼ばれた、かつての集落の中心地の少し先の左側に標柱あり。
画像


階段を上って行くと、奇怪な格好をしたイチイガシの根の部分が目に入る。
画像
なるほど、これは面白い。

昨年8月に探訪した、御船の山奥にある「長生(ながはえ)のイチイガシ」は「全国2位」と言われる大きさだった。

大きさでは叶わないものの、この樹の根はすごい。
画像
画像


根の部の土が長年の風雨で流されたらしく、根の部分が高さにして1mほど露出し、幹の下には小さな人なら入れるような空洞もできており、子どもの頃の「秘密基地」のようになっている。
画像


人里の巨木たち」で全国の5100本もの巨樹を探訪してきた方をもってしても、「こんな木は、全国広しと言えど、ここだけではないだろうか・・・」と言わしめるほどである。


そして、この樹は「村吉の天神さん」と地区の人から呼ばれ、この樹にお供え物をするための専用の「天神田」があり、そこで穫れた米を今でも定期的にお供えしているとのこと。

周囲の樹にも守られているのか、樹勢も良いし、末永く元気でいてほしい。
画像


このまま帰るのでは時間が余るので、七城・植木温泉方面へ廻って帰ることにする。

富の原の交差点で日田街道を横断し、田舎道を走って再び県道138号線に入り、北上。坂を下って前川地区へ右折。右手にある碧巌寺のお地蔵さんに手を合わせ、
画像
前川水源へ。
画像


ボトルの水を入れ替えて、
画像
地区の方に聞いて、「沢村さん」と呼ばれる五輪塔を見に行く。
画像


この後、再び県道138号線に戻ると、その辺りにも水が湧いており、地区の水場が点々としている。
画像
林原地区を抜け、
画像
下橋田のデイリーで休憩。この店の自慢らしい豆大福をいただく。
画像


ショートカットして田舎道を走り、合志川沿いの道に出て、
画像
植木温泉を抜けて小野川沿いの道へ右折し、小野泉水公園でも休憩。

さて、ここで問題です。

この歌にはふたつみっつ掛け言葉(掛詞)がありますが、どれとどれとどれでしょう?
画像

(答は下のコメント欄を・・・)

この後はいつものように、高速道路沿いの道に出て、
画像
熊本電鉄須屋駅を経由して北バイパスを走って帰った。

本日の走行距離:54.0q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
見事な根ですねー。
是非、行ってみなくては。
みきたか
2015/01/25 21:23
世にふる が掛詞ですかね。高校時代は苦手科目で苦しめられたものです。
試験のためと思わなければお勉強も楽しくできそうです^^
そういえば先日チポリーノでピナレロのロクさんとお会いしましたよ〜。
初めてお会いしたのですがノブさんブログに出てくるST-さんでしょう?と言われて有名人になった気分でした(笑)
ST-
2015/01/25 21:52
みきたかさん、こんにちは!
村吉のイチイガシの根は、エイリアンのようでもあり、大地をつかんだ手のようでもあり、一見の価値があります。
合志川の方からアプローチする方が入り口が分りやすそうです。
のぶ
2015/01/26 07:53
ST−さん、こんにちは!
正解です。世が、世間というのと、男女の間柄の「よ」を掛けていますし、「ふる」が雨が降ると、時が経る(ふる)を掛けています。それからもうひとつ、うっかりしていましたが、「ながめ」が「長雨」と「眺め(物思いにふける)」のふたつを掛けています。
だからこの和歌にはみっつ掛詞がありました。問題を訂正しました。
あしからず・・・。
のぶ
2015/01/26 07:59
ん〜、難題ですね。 掛け言葉と聞いただけでめまいがしそうです。(汗) 小学生の頃 百人一首を全く意味が分からず覚えた記憶はあります。としか言いようがありません。アハハ。(焦)
イチイガシ・・・しっかり地元の方が管理されているみたいですね。 荘厳な雰囲気がしていて一度見てみたいです。
アンカー星人
2015/01/26 08:09
凄いイチイガシですね。
天空の城ラピュタのラストシーンみたいに飛んでいきそうです(^^)
1008
2015/01/26 12:58
のぶさん こんにちは。
林原地区の自然を大切にの看板、メインは『東京エレキテル』、左は『妖怪ウオッチ』、右は『ふなっしー』という事まではわかるのですが、真ん中の二つのキャラクターがわかりません。 のぶさんがわかるとは思えないのですがST-さんだったら判るのですかね?
PS四S
2015/01/26 18:06
アンカー星人さん、こんにちは!
古文なんて日常生活にはほとんど必要ないですもんね。英語はある程度読めても、古文書の文字はほとんど読めない事を考えると、はたして自分は本来あるべき日本人の姿であろうか?と思う事がありますね。
でも現実的に、古文書は読めなくても、英語が読めないと不便を感じることは多いですもんね。
イチイガシは熊本にも有名な樹がいくつかありますね。アンカー星人さんが生息するところからそれほど遠くないところ(県道6号線の北の方)にも有名なのがありますよ。
のぶ
2015/01/26 18:28
1008さん、こんにちは!
ほう!「天空の城・ラピュタ」ですね。たしかに根の張り方が逞しい樹が植わっていたような印象がありますね。ラピュタと言えば、瀬戸内海にラピュタを彷彿とさせる島があると聞いたことがあります。
話は逸れますが、よくよく考えると、阿蘇のラピュタって、そんなにアニメのラピュタに似てはいないような気がしてきます。
のぶ
2015/01/26 18:33
PS四Sさん、こんにちは!
東京エレキテル連合の他は見てもいませんでした。わたしにはわかりませんでしたが、25歳の娘に聞くと、「白いのは妖怪ウォッチのキャラクターじゃ?」というので調べたら、「ウィスパー」というキャラみたいです。もうひとつ(ひとり)は全く判りません。
のぶ
2015/01/26 18:38
 おーっ! ネットで調べてみたら確かに「ウィスパー」というキャラのようですね。 ということは、もうひとつ(ひとり)も妖怪ウォッチキャラかと思い、妖怪のリストを見ていたら「おならず者」というキャラにやたらうけてしまいました。
 
PS四S
2015/01/26 18:54
PS四Sさんへ
ははは!おならず者は親近感のあるキャラクターです。焼き芋を食べたりすると家庭内ではわたしも「おならず者」になることがあります、正直なところ・・・。
のぶ
2015/01/26 20:39
こんにちは!そんなものが近くにあるということさえ知りませんでしたが、イチイガシはすごいですね!実際にまじかで見に行きたくなりました。
エレキテルの看板、、背景に妖怪のキャラが描いてあることさえ気が付きませんでした。これもまた老化の始まりです。(笑
KEN
2015/01/27 13:12
KENさん、こんにちは!
KENさんなら詳しい竹迫のあたりの地理がいまだによく把握できてませんでしたが、今回ので少し判ってきました。
イチイガシは数年前、誰かのブログで読んだことがありましたが、今回、わいふ一番館の館長さんの薦めで行きましたが、面白かったです!
KENさんも是非ワンコ先生をからって行ってください。
のぶ
2015/01/27 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
村吉のイチイガシに逢いに行く くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる