くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 大津・岩坂地区探索

<<   作成日時 : 2014/12/11 19:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

雨が午前中で止んだので、クロスバイクで中央区役所大江出張所へ。
画像
衆議院議員選挙の期日前投票を済ませ、すぐ近くのインド食堂へ。
画像
画像
ノンベジタリアンランチとチャイをいただき、一旦帰宅。

体制を整えて、シクロクロスで出発。

ちよさん情報の、「岩坂経塔」を見に行くが、ついでなので、その周辺の情報を大津町HPなどで収集し、いくつか廻ることにする。

東バイパス、北バイパスから県道337号線へ降り、東へ。JR武蔵塚駅の先から左折し線路の北側の道を進んで、菊陽杉並公園さんさんの先から左折。

鉄砲小路を経由して堀川、上井手沿いの道へ。
画像


おっ!途中の未舗装だった200mほどの区間が舗装されている!
画像


大津町室のO3CafeKENへ。
画像
前輪のディスクブレーキが音鳴りをし出したので六角レンチをお借りして調整していたところ、あろうことか、左足の足底筋が攣ってしまった。

早速、手持ちの薬でドーピング。
画像
1分ほどで痛みと引き攣りは治まったものの、治療薬が底をついてしまった。そこでKENさんの常備薬をいただくことに。
画像
小林製薬のHPによると、このコムレケアの成分も芍薬甘草湯とのこと。

ディスクブレーキの音鳴りも解消し、足裏の痛みも解消したためO3CafeKENを辞し、大津の旧道をもう少し東へ走り、町役場の先から右折。大津高校の前の道のひとつ東側の道に入る。少し走ると、左側に「陣内榎鶴」。
画像
その昔、弘法大師がこの地を行脚した時、立てた杖がそのまま生きづき次第に大木になって繁茂したと伝えられている。
画像
季節柄、樹形が寂しいけど、この樹はホンダ車のCMにも使われたとのこと。

そこから県道207号線に入り東へ。ファミマの先から右折して、大津町の旧家・岡本家住宅へ立ち寄る。
画像


その後、白川を渡り、
画像
錦野の交差点へ。県道149号線を右折して岩坂地区へ。まずは甑(こしき)神社へ。
画像
岩坂神社とも呼ばれ、阿蘇大明神(建磐龍命)の叔母神を主神に阿蘇十二神を祀る、阿蘇神社の一つ。

阿蘇大明神が自分の領土を見回りしてこの地を訪ねたときに、叔母神が甑(米などを蒸すための土器)で御飯を炊いて明神に食べさせたことから、神社の名前が由来したらしい。

もともと、「岩坂」とは「境」のことで、阿蘇氏の勢力がここまで広がっていたことを示しているとのこと。ふむふむ・・・。

もう少し西へ進み、ちよさんから教えていただいた、入り口の三叉路へ到着。
画像


事前調査で、ここから入った右側に「岩坂五輪塔」の言うのがあるらしいので、探すけど分からず。入り口の三叉路にまた戻って来て、そこで見つけたおばさんに聞いて再トライ。

急坂の上り口の四つ角を
画像
右折して100m足らずの右側の木立の中に五輪塔を発見!
画像


五輪塔(ごりんとう)は、主に供養塔・墓塔として使われる仏塔の一種。

下から四角(6面体)・丸(球)・三角(四角錐または三角錐)・半丸(半球)・上の尖った丸(宝殊型)または尖っていない団子型(団形)を積み上げた形に作られる。密教の思想の影響が強く、梵字を刻んである場合が多い。・・・なるほどなるほど。

次に、「不動堂」なるものがあるらしいけど、これもあちこち探して結局急坂の上り口の四つ角にある掘立小屋であった。
画像
ここには、もうひとつあった五輪塔の一部がおいてあるそうなので、寄ってみる。一番右のがその五輪塔の一部か?
画像


さて、いよいよ「岩坂経塔」を目指して急阪を上る。
画像

画像

九十九折の坂を息を切らせて上りきるところに例の標柱。
画像
そこから右へ激坂を上がってゆくとシクロクロスにうってつけの道となり、分かれ道を右へすすむと林の中の岩坂経塔に到着。
画像
ビニールシートが興醒めするが、これは経塔を覆っている藁ぶき屋根が破損しているための応急措置らしい。
画像

経塔とは、経文などを納めた塔で、昔は有明海に塔の影が映るほど高く、海の漁民が怒って打ち倒したという伝説があるとのこと。

彫ってあるのは仁王像か?
画像

岩坂地区には、先ほど訪れた不動堂のあたりを中心に、西念寺という大きなお寺があったと言われ、五輪塔などその名残の積石が散在しており、この塔もその施設の1つと考えられるとのこと。

そこから南へ走って、
画像
鳥子工業団地の南にある西原のセブンへ。
画像
小学校から中学校まで9年間も同じクラスだったここの店長としばらく話をして帰路へ。西原村役場の先から右折してアップダウンを東へ。
画像
国道443号線に突き当り右折。富田牧場の先から左折して、戸島を経由して
画像
高速道路の西側から国体道路に入って帰った。

今にも雨が降り出しそうな空だったけど、大丈夫だった。

本日の走行距離:56.7q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
スコットランドもいいけれど・・・
韓国のサイクルロードもいいけれど・・・

インド食… イヤ、インドの混沌のなかを突っ走るのはどぎゃんでっしょかね?

ダージリンでダージリンティーをすすってみようというのは・・・どう?
__B_e_n_b_o_w__
2014/12/11 20:39
今日の天気はいまいちでしたが、大津方面でしたか。
大津はなにかと身近ですが、まだまだ行ってない処、行ってみたいとこ多々です。
あらー、Benbowさんとは海外進出模索中ですか!
みきたか
2014/12/11 20:55
おや、雨は大丈夫なようでしたね。
西原では、昼から何回か雨が降りましたが、日頃の行いが良いのでしょうね(^o^)
五輪塔の場所、のぶさんの写真でわかりました。ありがとうございます。
看板はあるのですが、何処にあるのか判りにくいのが多いようですね。
近くに案内図とか置いてもらえると助かるのですが、それも難しいようですね。
1008
2014/12/11 21:00
こんばんは! またまたいろんな所 よくご存知ですね。
最後から1、9、10枚目の写真が凄くいいと思います。
噂によると、出家ライドをされるとか。。。
スケールが大きくて凄すぎます。
アンカー星人
2014/12/11 22:54
Benbowさん、こんにちは!
おっ!いきなりインドですか?異文化過ぎる気がしないでもないですが、自転車右側通行の韓国に比べるとインドだったら左側通行で正面衝突の危険性が低いかも・・・。それにインド食堂のご夫婦の情報も期待できますね。
ヒンズー教寺院のでかいポコチンも観たい気がしてきました。
のぶ
2014/12/12 07:43
みきたかさん、こんにちは!
今にも雨が降り出しそうな空模様だったので近場のポタにしました。最近、近場のポタが主流です。
いつも走っている道からちょっと脇道に入ってよく見ると色んなものがある、ということを改めて感じました。
クルソン峡ツアーからの帰りのJR車内で、「クルソンの次は椎矢峠だけど、あそこは通行止めだから、いっそ海外へ・・・」ということにあいなってきました。
のぶ
2014/12/12 07:49
1008さん、こんにちは!
午後も所々で小雨が降っていたようですね。確かに高遊原の台地に上がったら、路面が少し濡れて水溜りもありましたね。後半は雲行きからルート変更をしたりしましたが、ラッキーなことに、ポツリとも来ませんでした。
岩坂五輪塔は見つけるのに少し手間取りました。「遺跡ウォーカー」というサイトに緯度・経度が載っていたのでそれを手がかりに行ったのですが、数十メートル離れていました。しかも木立の中で遠くからも分り難かったです。やはり地元の方にお聞きするのが確実ですね。
のぶ
2014/12/12 07:57
アンカー星人さん、こんにちは!
あそこの集落が「岩坂」という名前なのも知らなかったのですが、ちよさんのブログでの探索をきっかけにわたしも真似て探索してみました。サイクリングの、そんな気軽なところが大好きです。
出家ライドも海外だと敷居が高いですが、クルソン峡で修行しましたので何とかなるかも・・・。
写真、褒めていただき、嬉しいです。
のぶ
2014/12/12 08:06
こんにちは。昨日はお天気持ち直してよかったですね!
岩坂方面は西原へ抜けるときに何度か通りはしましたが、林を抜ける感じで何もなさそうな道でした。近場でも調べると歴史ものがいろいろあるんですね。
インドでサイクリングならばデリーよりも西側を南に進まないとPM2.5で寿命が縮みそうですね、、
KEN
2014/12/12 10:49
KENさん、こんにちは!
昨日はまたまたお邪魔しました。そしてブレーキの修理と薬でお世話になりました。空模様が怪しかったですが、降らなくて良かったです。
岩坂はいつも通るときに「集落があるなぁ〜」くらいしか思わなかったのですが、ひょんなことから立ち寄ってみたら、色々と面白い物がありました。
また大津の面白い場所を見つけて廻りたいと思います。その度、お寄りするとおもいますが、宜しく!
のぶ
2014/12/12 17:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
大津・岩坂地区探索 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる