くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 不知火光衛門の墓参り

<<   作成日時 : 2014/11/13 16:13   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

昨夜から寒気が流れ込み、十二月中旬の寒さの上、風も強く、昼から一時雨の予報も出ているので近場をポタリング。

東バイパスから北バイパスへ入り、
画像
右折して県道145号線に入り、東へ。高速道路をアンダーパスして左折し白川沿いの道を走る。
画像
弓削を過ぎるあたりが鹿帰瀬(かきせ)。
画像


「鹿」の字が付く地名としては「渡鹿(とろく)」があるが、「渡鹿」と「鹿帰瀬」には繋がりがあるらしい。

「くまもと水検定」の公式テキストブックによると、昔、白川左岸、神園(こうぞの)山の住民が水を求めて白川の近くに移住した時、鹿もついてきた。白川対岸の者が鹿を追い返したので鹿は引き返し、下流の浅瀬の瀬を渡って立田山に逃げ込んだとか・・・。以来、鹿が引き返したところが「鹿帰瀬」、渡ったところが「渡鹿」の名がついたとさ。


県道145号線に戻って東へ。菊陽町に入り、井口眼鏡橋を写真に収める。
画像


鼻ぐり井出と馬場楠堰はパスして、ちよさん情報の標柱をチェックしに行く。古い石塔が、熊本空港がある高遊原台地の東北縁にあるらしいんだけど、詳しくはよく解らないので、岩坂地区に入った辺りでテキトーに右折し、坂を上る。
画像
やがて滑走路の北側を走る道に突き当たるが目指す標柱は見当たらず。
画像


行き過ぎたか?と思い、滑走路の北側の道路を西へ少し進んで右折し、標柱を捜すがやはり見つからない。「もう少し先か?」と探すうちに九十九折の坂を下ってしまい、
画像
中島あたりの県道145号線に下りてしまった。やれやれ、どうやらもう少し東側だったらしい。

標柱を探すのを諦めて県道を戻り、戸次の交差点を右折し、白川を渡る。
画像
道なりに進んで、県道202号線との、下町の交差点を右折。20mほど進んだ左側に横綱・不知火光衛門の墓。
画像
画像


熊本出身の横綱はこれまでに二人だけで、宇土市栗崎出身の不知火諾右衛門(だくえもん・なぎえもん)が第8代。
画像
光衛門が第11代である。
画像


ちなみに、現在行われている九州場所で、熊本出身の幕内力士は二代目・佐田の海のみ。
画像


さて、ここには不知火光衛門の墓と、
画像
土俵入り姿の張り子、
画像
それに銅像がある。
画像


また、壁には顔写真と、横綱の免許証が掲げてある。
画像


「熊本出身の横綱を!」と贅沢は言わないので、「せめて日本人の横綱を!」と、お参りをして帰路へ。

折角大津に来ているので、久しぶりに「O3CafeKEN」へ。
画像


北から灰色の雲が迫って来ていたので、短めにお話をして辞去。

上井出沿いに走って、鉄砲小路を走り、
画像
豊肥線の北側の道に入り、武蔵塚のループを走って県道337号線に入り帰った。

本日の走行距離:46.0q

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど。いろんな地名がありますが、渡鹿、鹿帰瀬は鹿の動きから
ついた地名なんですね。
地名の由来、聞いてみると成る程と思います。
水検定では、このような知識も必要なんですね。
1008
2014/11/14 00:06
1008さん、こんにちは!
地名も詳しく調べると色々な由来があるようですね。
鹿帰瀬地区では、「川祭り」と言って、夏の土用の頃に水の神様にお供え物をする習慣があるとのことです。秋津あたりと同じみたいですね。

みず検定では、その他の地名では「神水」の「くわ」の意味は?なんて問題も出たみたいです。
のぶ
2014/11/14 08:13
おはようございます!不知火光衛門の墓は知っていましたが立ち止まって見たことはありませんでした。次にバイクで走った時にはしっかりチェックします。
昨日は何かバタバタと走り回ってて、のぶさん早めに帰られた感じですみませんでした。ゆったりとくつろげるCafeを目指して精進します。

お手数おかけしますが、12月は昨年の地鶏ツアーくらい緩めのコースでお願いします。あれが食べて走れる限界かな、、(笑
KEN
2014/11/14 09:20
水前寺駅のちょっと東側が「渡瀬」… わたっぜと呼んでたけれど正式には「わたるぜ」かも…わたっぜの踏切もありますもんな・・・のぶさんの母校の近くタイ!ふふ…(^^)
鹿の文字は入っとらんばってん・・・
Benbow
2014/11/14 16:57
KENさん、こんにちは!
昨日はお忙しいところ、お邪魔しました。いつもながら美味しい珈琲ありがとうございました。
北から灰色の雲が空を覆いつつありましたので、早めに退散しましたが、あまり天気の崩れはなかったみたいですね。
12月のO3忘走会はKENさんのお休みに合わせ、しかもグルメ(?)ライドにしたいと思っています。紅葉ライドの最中に皆さんにご意見をお聞きしようと思っています。
のぶ
2014/11/14 17:41
Benbowさん、こんにちは!
おお!そう言えば、「渡瀬(わたるぜ)」がありますね。熊本のぢごろは確かに「わたっぜ」とおっしゃりますなあ。あの辺りといえば、藻器堀川くらいしかないので、「瀬」は藻器堀川のことなんでしょうね。今はあそこらの住所は「新大江」になってしまいました。残っているのは、その「渡瀬踏み切りバス停」と「渡瀬公民館」くらいでしょうかね。
のぶ
2014/11/14 17:52
こんばんは! 今回はお相撲さんとのコラボですね。
昔、渡鹿の某所に勤務していました。 渡鹿という響きが懐かしいです。
なるほど、そういうお話があったとは初めて知りました。(^^)
アンカー星人
2014/11/14 22:58
アンカー星人さん、こんにちは!
九州場所の佐田の海の調子が悪いので、行ってみました。前は何度も通っていたのに、お墓や像などには全くきづいていませんでした。
ほほう。アンカー星人さんは渡鹿に通っておられたんですね。なぜ渡鹿というか、最近知った次第です。
のぶ
2014/11/15 06:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
不知火光衛門の墓参り くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる