くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS すこしだけ日向往還

<<   作成日時 : 2014/10/09 16:56   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 20

日向往還は肥後の国(起点は熊本市新町札の辻)から、嘉島町〜 御船町〜山都町を経て、日向の国(宮崎県、終点は延岡市)へ至る約三十四里(136km)に及ぶ旧藩時代の歴史道である。

「街道」が参勤交代に関わる「武士の道」とすれば、「往還」は「商人の道」と言うこともできる。

この往還の中でも、御船町の木倉から山都町の北中島交差点(矢部ゴルフ場付近)までは、「日向往還のハイライト」とでも呼ぶべき区間らしいので、走ってみることにする。

こんな日のためのシクロクロスバイクで午前7時過ぎに出発。京塚、陸上自衛隊健軍駐屯地経由で県道226号に入るいつものコース。

途中、徒歩にて出勤中の、ちよさんに遭遇し、しばし立ち話。いつぞやに続き二度目ですな。

県道226号から田舎道に入り、浮嶋神社の横を通り、
画像
サントリービール工場の丘を越えて、田舎道を走り、落合橋を渡って自動車学校から左折し、いよいよ日向往還に入る。やがて左側に四里木跡の碑。
画像


少し走ると御馴染みの門前川眼鏡橋。往還はここを渡る。
画像


国道446号線との交差点のセブンイレブンで燃料補給をして県道221号線の登りへ。

乳井戸観音の手前から右に折れ、激坂を上って宋心原(そうしんばる)の集落を抜け、剣豪楠田柳太郎の墓に立ち寄る。
画像


県道221号線に戻り軍見(ぐみ)坂を上る。今日は普賢岳も見える。
画像


坂を上り切った辺りに「五里木の跡」の石碑。
画像


その先から古閑迫方面へ右折。
画像
棚田を眺めつつ、嘉永井手沿いの往還を走る。
画像


やがて県道221号線に合流し、少し走るとマミコゥロードとの交差点の左手に守護神社。何を守護するのかと思ったら、嘉永井出を守護する神社らしい。
画像


そこから500mほど走って、茶屋ノ本地区の「鼎春園」へ。
画像
幕末の勤王思想をリードした宮部鼎蔵とその弟春蔵の名前をとって地区の人達が作った公園。その少し先の左側には彼らの生家跡。
画像


往還はそこから右へ降りるが、そこの路傍に追分石。「右やべ 左あそ 道」と書いてあるらしい。
画像


棚田の間の道を下ってゆく。
画像


下りきったところに、八勢橋。
画像


ここはかつて、日向往還最大の難所で、掛けてあった木橋は何度も洪水で流された。

そこで御船町の豪農・林田能寛が私財を投げ打って石橋を造った。

通潤橋の翌年に4ヶ月の工期で完成したという。

石橋を渡ると八勢石畳へ続く。

シクロクロスを抱えて苔むした石段を上がる。
画像


西南戦争時に敗走した薩軍兵士の気持ちをかみしめ上ると、横にはせせらぎの音。

黒く細い姿から「うなぎ滝」と呼ばれている。
画像


数百mすると石畳から悪路へ。
画像


所々、押しながらもできるだけシクロクロスを漕ぎ上がる。やがて標識があって舗装道に合流。
画像


そして八勢橋のところから上がって来た舗装道と合流し、少し進むと、六里木跡の碑。
画像


ここから左手に上って行くと畑の中の道から杉林の道となり、林を抜けると八勢池。
画像


その後も杉木立の中の道を何度も進み、
画像
古いお地蔵さんやら、
画像
茶畑の中の尋常小学校跡の石碑など、
画像
事前調査通り走り、交差点を二つ進むが、その後、中九州自動車道の工事で道が迂回しており、そこから道なりに進むが、「長谷旅籠跡」の標石は見逃してしまう。

さらに道なりに進んでいると「薩軍兵士三人の墓」の標木。
画像

西南の役で傷ついた兵士を土地の人が看病したが、手当もむなしく亡くなり、この上の墓地に眠っているとのこと。

このあとまた杉木立や竹林の道となり、しばらく走ると石畳が出現。
画像

山鳩の鳴く声が赤子の声に似ていることからその名がついたと伝わる「赤子谷石畳」を進む。

石畳が切れて、突き当りを左折すると左手に「鬼の巡り石」。
画像

大晦日になると、鬼が来てこの石を廻すと言われている。また、最近では、上に小石を載せると恋が叶うというらしい。

砂利道の坂を上って進むと、往還は矢部ゴルフ場の中へ。
画像


誰も居なかったらゴルフ場の中へ侵入するはずだったけど、清掃の人が大勢いたので、ゴルフ場の横の砂利道を進んで、いつか行った「矢部野ファーム」の横を過ぎ、県道57号線へ。
画像


右折して数百m坂を進んで右折すると、ゴルフ場から出てきた往還に入る。
画像


坂を降りると国道445号線の北中島の交差点に出た。
画像


これにて本日の日向往還サイクリングは終了。

ここから国道445号線を走ってチポリーノへ行くと、先客1名。
画像


美味しいパンをいただく。
画像


差し入れもいただく。
画像


若旦那、いつもありがとうございます。

新土河原町からTrekに乗って来た方とお話をして辞去。

県道39号線、県道222号線、県道152号線といつもの道を進み、
画像
国道445号線へ。

今日は瀬戸医院のところから右折して、近くオスプレイの訓練拠点となる大矢野原演習場方面へ。
画像


初めて走るアップダウンの強いクネクネ道を進み、
画像
県道57号線へ入る。

その後もひたすら県道57号線を進み、秋津川沿いの道に出て西へ。
画像
追い風に助けられ、いつものように陸上自衛隊健軍基地の西側に出て京塚を経由し、大藪サイクルに寄って帰った。

本日走った日向往還は全体の約10分の1の約14km。大した距離ではないが、変化に富んでいて、先人の息遣いを感じられる区間も多く、大変興味深かった。

今後、日向往還の、熊本市新町札の辻から山都町馬見原までの残りの部分を数回に分けて走ってみたい。

本日の走行距離:84.4q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
すこしだけ日向往還(その2)
肥後から日向に至る古道、日向往還を自転車で走る旅の第二弾。 ...続きを見る
くまもと自転車紀行
2014/11/07 08:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
シクロならではのルートを行かれましたね。
もうどんな道でもシクロなら問題なさそうで、更にルートの自由度がアップしますね。
石畳は、以前にモトクロスバイクで二重の峠に行った事がありますか、歴史を感じで、なかなか味わい深かったのを覚えています。
1008
2014/10/09 17:33
今朝会いましたね。
気付いていただき光栄です。

五里木の石碑も八勢橋の先の石畳も気になりながらも忘れていました。
八勢橋の先はそんな道になってたんですね。
どんな道も気にせずどんどん(ズカズカ)突き進む探究心と好奇心、素晴らしいです。
ちよ
2014/10/09 18:54
八勢橋からの石畳をバイクを担いで上がりましたか。
さすがです、敬服。
その先が矢部野ファームに繋がっているんですね。
山間部の初コースは最近、少し弱気になってましたが、
のぶさんの行動力に感化されましたよ。
みきたか
2014/10/09 20:28
熊本に越してきて18年、道に詳しくなったつもりでいましたが、
のぶさんのブログを拝見すると、まだまだだと分かります。

google mapを操作しながらルートを追跡しますが、
載ってない道もかなりありますので
追跡もそこでストップ、どうにもなりません。
面白い道をよく発見されますね、どういった視点で
ルートを探されているのか興味があります。

近々ロードフレームにも装着可能な悪路用タイヤを購入します。
今日のルート面白そうなので次回辿ってみます
まだ向日葵咲いてるんですね、好きな花なので咲いてるうちに行こう。
ハヂメ
2014/10/09 20:56
1008さん、こんにちは!
先日の「六峰街道サイクリング」のコースはロードでもOKでしたが、今日の日向往還のコースはシクロでないとちょっとマズい箇所が何カ所かありました。
ただ、玉名のカガワの「清ちゃん」はロードバイクで日向往還を走られていました。ベテランになるとロードバイクでも大丈夫みたいです。
石畳の箇所は、ほんと、タイムスリップする感じですね。
のぶ
2014/10/09 23:11
ちよさん、こんにちは!
今朝はお会いできて嬉しかったです。ジャージ姿のちよさんばかり見ているので、普通の服のちよさんと遭遇しても認識するのに2秒くらいかかってしまいます。
もともと「恥ずかしい」という気持ちの少ないわたくしめですが、歳とってくるとさらに恥ずかしくなくなってきました。
のぶ
2014/10/09 23:14
みきたかさん、こんにちは!
むしろわたしは長距離が弱気になってきましたので、みきたかさんが別府まで走られたりしているのがすごく刺激になっています。
気候が良くなってきましたので、そろそろ長い距離を走るつもりです。
のぶ
2014/10/09 23:22
ハヂメさん、こんにちは!
豊前街道や日向往還は以前から走ってみたいと思っていました。両者とも写真付きで詳しく解説しているHPやブログがいくつかあります。日向往還はYouTubeでも良いシリーズがありあす。今回のコースはgoogle mapなどでは載ってない箇所が多かったようです。前述のHPやYouTubeをよく頭の中に入れて出かけました。
向日葵、八勢橋へ降りる道でもうしばらくは咲いていそうですよ。
のぶ
2014/10/09 23:27
のぶさん、こんにちは。日向往還、初めて知りました。いつも勉強になります!青空の中の棚田とひまわり畑の写真がすごくいいですね(^o^)/自転車で走りたいっ(>_<)あと、八勢池がいい雰囲気で、釣欲がそそられます(笑)近々、通勤用に自転車リュックを購入予定なので、ロッドとルアーを背負ってシクロクロスで野池巡りを企てたくなりました(^^;)
kou
2014/10/10 00:18
kouさん、こんにちは!
わたしも4、5年前でしょうか、はじめて自転車で矢部に行った時、「日向往還」という文字を観たのが最初のような気がします。それまで注意してなかった「○○街道」とか「××往還」などの標柱が、サイクリング先の所々に立っているのが目に入るようになってきました。
八勢池は、昨日は誰もいませんでしたが、他のブログなどによると釣り糸を垂れている人がおられるようですよ。石畳を登らなくても行けますので、是非一度・・・。
のぶ
2014/10/10 07:57
こんにちは! 
果てなき探究心に感心しました。 勉強になりますね。
コースもCXならではで楽しそうです!
若旦那の作られたマロングラッセ(みたいなもの)が美味しそうです。
アンカー星人
2014/10/10 08:11
FBでのチポリーノの写真がCXだったのでどこ行きかと思ってましたが、日向往還でしたか…(^^)
ルートの下に高低のプロファイルが出るようになりましたね…
Benbow
2014/10/10 08:35
こんにちは!前回の石橋ツアーで見覚えのある景色、、なんだか懐かしいです。
八勢石畳へは夏場に行ってみようと思い、忘れたままでした。ほんと涼しそうですもんね!すごく滑りそうですけど。(笑
KEN
2014/10/10 17:17
アンカー星人さん、こんにちは!
昨日のサイクリングは、より楽しかったです。
チポリーノの若旦那の差し入れのマロングラッセ(のようなもの)は、地産の栗がバカでかくて、思わず、一個口に含んだ後で写真撮ってなかったのを思い出し、写真に収めました。つまり、バカでかい栗が2個も載せてあり、幸福感につつまれました。たいぎゃなおいしかったです。
のぶ
2014/10/10 17:23
Benbowさん、こんにちは!
なるほど、チポリーノの若旦那に写真を撮られると、FBで流布される訳ですね。じゃあ、今度からまちっと良い表情で写真に収まらんといかんですね。
さて、昨日の日向往還ライドは、Benbowさんとみきたかさんの高森峠越えに比べるとアドベンチャー性は低かったですが、面白かったです。
やっぱ、ひとりだと怖く感じるところを時には走らんといかんですね。

GPSロガーがガーミンになったもんで・・・。でも地図の表記面積が小さいので、その点はユピテルの方が良かったです。
のぶ
2014/10/10 17:29
KENさん、こんにちは!
そういえば、八勢橋は「O3石橋巡り」ぶりでした。あそこは雰囲気いいです。
もうすこしすると、紅葉もいいかもしれませんね。でもやっぱり桜の時が最高だと思います。石畳やツルツル滑りながら登って行きました。乾燥していてもそうですから、雨の後などで湿っている時はSPDシューズでは無理かもです。
のぶ
2014/10/10 17:35
FBのノブさんイケメンに写ってますよ〜
栗もまだ有りますから、遊びにいらしてください、
有難うございます。
若旦那
2014/10/10 18:57
八勢池は車で行ける道はありそうですか?
カヤックを浮かべて遊ぶにはよさそう。
ペプシン
2014/10/10 19:48
若旦那さん、こんにちは!
昨日はお邪魔しました。それから、差し入れ、ご馳走様でした。あの栗、凄かったです。大きくて美味しかったぁ!
写真の自分の顔をみるとだらしない表情で写ってることが多くなってきたので、プリクラか何かで練習しないといけないと思っております。
またお邪魔しますね!
のぶ
2014/10/10 22:12
ペプシンさん、こんにちは! 車で行けますよ。ただし、六里木跡の石碑から池までの500mくらいは離合ができない細い道です。でも、めったに車は通らないと思います。池の畔には車一台分くらいの駐車スペースがあります。 google mapのストリートビューでも見れますので、確認してみてください。
のぶ
2014/10/10 22:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
すこしだけ日向往還 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる