くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 一つ目水源へ

<<   作成日時 : 2014/08/21 18:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

午前7時過ぎにシクロクロスバイクで出発し、東バイパスから北バイパスに入り、いつもの通勤路を走る。
画像


先日、「インド食堂」に行った時、馬門石(まかどいし)と水場を見てきた話をしていたところ、マスターの奥さんから一枚の地図を渡された。
画像


奥さんは石仏を見て回るのが好きで、大分には臼杵の石仏があるけど、熊本では大した石仏はいままで見てないと。知人からその地図を渡され、見に行ったけど、大したことはなかった。でも近くに地元の人しかしらないような水場があるらしいのだと。

場所は山鹿の北、県道197号線沿いなので、まだ見てなかった「一つ目水源」に行くついでに、崖の岩場に彫ってあるものと、近くの水場を回ることにする。

北バイパスを熊本電鉄新須屋駅方面に降り、須屋駅、三ツ石駅を経由して高速沿いの道路を北へ。
画像

北熊本SAのところから左折し、小野泉水を経由して小野川沿い、合志川沿いを走り、植木北中のところから、ゆうかファミリーロードを走る。
宮原(みやばる)のセブンイレブンで燃料補給をしてそこから南西へ旧道を100mほど行ったところにある、「宮原菅原神社のイチイガシ」を観に行く。
画像
画像
境内にそそり立つそのイチイガシは樹齢300年以上と言われ、中には空洞があって、白蛇が住んでいるとのこと。
画像

お参りをして、しばらく国道3号線と並行に走る田舎道を走り、千田川のところから国道3号線に入り北へ。
山鹿大橋の手前で左折し、次の堰を渡り、ゆうかファミリーロードを終点まで走る。さらに岩野川沿いの道を北へ。
画像

再び国道3号線に突き当り左折。しばらく走って、金堀のところから右折し県道197号線に入る。
画像

すぐに右側に崖が見え、そこの下三分の一ほどに、岩に彫られた像が見える。
画像
インド食堂の奥さんが言ってたように、崖崩れ防止のために一面コンクリートで固めてあり、像が彫られている部分だけが四角く開けてある。
画像

雛人形のお内裏様のようなのが彫られているが、素朴と言うか、稚拙と言うか、鍋田横穴墓群のところの像に似た雰囲気。
そこから少し戻り、橋を渡って水場を見に行く。地図通りに進み、地元の人しか知らないような水場へ。
画像
湧水量は少なく、ボトルにもまだ水があるので、次へ。
県道に戻り、坂を上る。やがて道が狭くなるが、道いっぱいな大型ダンプが何台も降りてくる。やがて深倉峠へ。
画像

しばらく下ると左側に採石場があり、納得。さらにしばらく下ると周囲にぶどう畑が広がり、そして左側に目的地の「一つ目神社」の鳥居が・・・。
画像

参道に進むと右手に「一つ目池」が横たわっている。
画像
さらに走ると一つ目神社の本殿。
画像
その奥にも池があり、
画像
さらにその奥に水源地がある。
画像

水源地はカワニナなどが豊富で、ホタルも多く、綺麗に公園化され、遊歩道も整備されている。そこを回ると八大龍王とか
画像
水神様とか
画像
が祀ってある。
公園の奥ではあちこちで水が湧いているが、その一か所がメインの水場となっている。
画像
この日はポリタンクを持った人が数名水を汲みに来ており、わたしも空になったボトルに美味しい水を満たす。
画像

県道197号線に戻り、さらに坂を下り、突き当りを右折。
次の大きな交差点で県道197号線は左折だけど、直進し県道200号線へ。しばらく走って山鹿市街に入ると左側にアンカー星人さんの活動拠点があるので、テレパシーを送るけど、応答なし。
画像
どうも真面目に仕事をしているらしい。
気をとりなおして山鹿の中心部へ。昼食にはまだ早いので、いつものようにタオ珈琲へ。
画像
他に客が誰もいなかったので、青森りんごパイを食べつつ、
画像
宝塚の男役みたいなおねえちゃんの素性を根掘り葉掘り聞き出そうとしたけど、固いガードにあって、あえなく退散。

桜の湯、千代の園酒造を経由して菊池川沿いの道を植木方面へ。
画像

南から吹く向かい風に苦しみながら、大道小学校のところから右折して橋を渡り、しばらくして左折。千田川を渡って、いつもの直線道路を走る。
画像

合志川沿いの道に出て、
画像
植木温泉を過ぎ、朝来た道をほぼそのまま戻った。

本日の走行距離:62.8q

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
一つ目神社、なんか依然みきたかさんがブログで紹介していたので、行ったような神社。
今日もよく晴れて、のぶさんは晴れ男みたいですね。
でも暑かったでしょう、お疲れ様でした。
ペプシン
2014/08/21 19:56
こんばんは!最近は水源巡りがブームですね(笑)
今度のぶさんおすすめの水源に連れて行ってくださいっ*\(^o^)/*
びーろっく
2014/08/21 20:21
ハイ、ペプシンさん。
一つ目神社は以前に行ってblogアップしたと思います。
私が行った時は水汲みの方はいなくてひっそりとしてました。
しかし、「インド食堂」の奥さんが書かれた地図はスゴイ!
ソラであれだけの地図を書けるんでか!
マジ尊敬します。
みきたか
2014/08/21 20:46
ペプシンさん、こんにちは!
そうです。みきたかさんのブログで拝見するまで、実は知らなかったんです。
その後、行く機会がなかったのですが、インド食堂の奥さんからもらった地図が、丁度良いきっかけになりました。
今日は、予報は「曇り」でところによっては雨だったのですが、良い方に外れました。でも暑かったです、はい。疲れました。
のぶ
2014/08/21 20:51
びーろっくくん、こんにちは!
夏場は水源を巡ってれば水分補給には困らないと思って水源巡りをすることが多いのですが、行ってみると、とても飲めたものではないこともよくあります。
では、今度、まずは近場の水源巡りでもしましょうかね。
のぶ
2014/08/21 20:53
みきたかさん、こんにちは!
みきたかさんの紹介した「一つ目水源」、やっと訪問できました。湧水量もまずまずで、好印象を持ちました。
インド食堂の奥さんから頂いた地図は、奥さんが知人から書いてもらったもので、それをわたしが頂いたのです。必要にして十分な事が書いてあり、下手なナビより分かりやすかったと思います。ちなみにインド食堂の奥さんは水場には興味がないので行かなかったそうです。
のぶ
2014/08/21 20:58
こんばんは。
今回のようにはっきりとした水場だと安心して飲めるのですが、
山中を走っていると水場?と考えるような所が多々ありますが、
皆さん、どのように飲める、飲めないを判断しているのでしょうか?
また出ましたね、イチイガシ。前回の宿題が残ったままなので、
早めにクリアしないと、次の宿題が・・・・
でも、ここのイチイガシはヘビがいるそうなので、絶対行きません(-_-)
1008
2014/08/21 21:50
こんばんは(^^)お久しぶりです。
一つ目神社はうちから五分ですね(^^;
来てくださって嬉しい限りです。
子供の頃は遊び場でしたね(^^)
さらん
2014/08/21 22:23
1008さん、こんばんは!
水が飲めるかどうか?・・・私の判断は、「雰囲気」ですね。あと、ボトルに入れて、上から見て、濁りや異物が多くないか?変な臭いがしないか?くらいですね。
宮原菅原神社のイチイガシに空洞を探しましたが、ありませんでしたので、白蛇はおそらく伝説ですね。心配しなくても大丈夫です。
のぶ
2014/08/21 22:32
さらんさん、こんばんは!
お久しぶりです。おや?さらんさんは山鹿でしたか。しかも一つ目水源から5分の近さ・・・。県道197号線で、あの辺りを初めて走りましたが、なかなか良いところですね。一つ目水源も気に入りました。また行きたいと思っています。
のぶ
2014/08/21 22:39
こんばんは! 毎週木曜のこの時間を楽しみにしていて、開いてみたらビックリしました〜。 私が身を潜めているところの直ぐ近くでした。ネット上でこれ以上は言えません。(笑)
金堀の橋を渡られた所は小坂と言うんですが、恥ずかしながらその岩に彫られた像や水場は初めて知りました。
大昔、7枚目の写真の彦岳と、一つ目神社近くにある山(名前がわかりません)が綱引きをして、彦岳が勝ち、負けた方の山は砕けて今のゴツゴツした不動岩になり、その山の首が飛んだところが今の首石トンネル付近、飛んだ片方の目が一つ目神社付近、、、そんな物騒な話から各々の名前の由来があると、“まんが日本昔話”で小学生の頃TVで見て信じて怯えていたのを思い出しました。(内容の多分7割は合っていると思います。3割は自信がないので他言されない方がいいかと思います。。。笑)
一つ目神社は蛍がきれいです。
タオ珈琲の宝塚のおネエ様に会いに行くのをすっかり忘れていましたが、まさか、ハジメさんやモッチャンではないでしょうね??
テレパシーは圏外で申し訳ありませんでした。
アンカー星人
2014/08/21 23:59
アンカー星人さん、こんにちは!
アンカー星人さんの生息区域に侵入するので、Anchorで行こうかとしましたが、携帯ポンプを付け替えるのが面倒でGIANTの方で行きました。テレパシーが届かなかったのはそのせいかもしれません。
さて、彦岳と、もうひとつの山が綱引きをするところまでは飯田山と金峰山の背比べの話みたいですが、その後、負けた方が細切れになって首とか目の玉とか飛び散るところは気色悪いですね。しかもそれが日本昔話で放映されていたのですな。小学生でそれを見たら怯えるでしょう。わたしも怖がりですが、その頃はすでに実物の女の子に興味の対象が移っていて、テレビはあまり見ていなかったので良かったです。
ハヂメさんとかmotteaさんがおネエになってタオ珈琲のカウンターにいたら・・・こちらも少し気色悪い話ですが、それはそれで、結構流行るんじゃないでしょうか。
のぶ
2014/08/22 07:35
のぶさん おはようございます。
石像の写真ですが、私には、どう拡大しても、横にしても、縦にしても、スマホの裏から覗いても、全く像が浮かび上がって来ません。良く見つけたなと思いました。
タオ珈琲の宝塚のお姉ちゃんにまたお会いしたいです。
PS四S
2014/08/22 07:49
おはようございます。
昨日の天気、のぶさんは走られてるだろうなーと思っておりました。
ワタクシ学生のころ某歓楽街で接客業のバイトをしておりまして、だいぶ鍛えられましたのでそれなりにはやるのではないかと・・・あとワタクシ全然そちらの組合ではないのですが、組合の方にはやたらと気に入られる容姿をしてるみたいです(笑)
先日山鹿灯篭祭りにいきまして一人タオ珈琲で時間をつぶしてまして、お客さんも少なかったのでお店のおねーちゃんと楽しく会話でも楽しもうかと思ってましたら、観光客のおばちゃん二人組が入ってきてそちらにつかまってしいました。
わたしその手の人にも人気があるようで困ります(笑)

mottea
2014/08/22 09:41
横から失礼します。
首石とか一つ目って変わった名だなーと思ってました。
特に神社の名が『一つ目』って何?て感じでした。
なるほど、そんな昔話があったのですか。
ちなみに私は“まんが日本昔話”も”リアル女子”も大好きでした!(今も)
”リアルおねー”はスミマセン、対象外でした!(今も)
みきたか
2014/08/22 20:11
PS四Sさん、こんにちは!
コンデジの撮影により分かりにくいと思いますが、四角の左上に楕円形の人の顔があり、振袖のような着物を着て人が立っています。真ん中中央にはお地蔵さんのようなものが・・・。と、わたしは見えましたが、定かではありません。とにかく、解説文も何もなければ、ネットで探しても情報がないのです。
タオ珈琲のおねえさま、雲をつかむような感じの女性です。
のぶ
2014/08/22 21:37
motteaさん、こんにちは!なるほど、バイトで鍛われたわけですね。
才能がある上に鍛えられて、見事に花開いた感じです。しかも、おばちゃんにモテるところは、お茶屋さんとしては大事な要素ですな。
日本人のおばちゃんにモテるなら、世界中どこでもやっていける、と思われます。
のぶ
2014/08/22 21:46
みきたかさん、こんにちは!
昔話って面白いですね。その土地土地にいわれがあり、それが語り継がれてちゃんと残っている。そこが素晴らしいですね。これからも、そんな昔話も聞くことができれば、サイクリングの面白さがさらに広がります。それにはやっぱり地元の人の声ですね。そんなところにも耳を傾けたいと思っています。
のぶ
2014/08/22 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
一つ目水源へ くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる