くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 飯田山の頂上へ

<<   作成日時 : 2014/06/19 20:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 22

昼から色々と用事があるので近場にサイクリング。益城の飯田山を目指す。

飯田山は昨年2月に一度挑戦し、8合目ほどにある常楽寺までは上ったものの、その後、道を間違えてマミコゥロードへ下ってしまった。

そうそう、みきたかさんは確か、頂上までハイサイ(ハイキング&サイクリング)したんじゃなかったかな?

午前8時過ぎにシクロクロスで出発。水前寺公園を経由して、県立図書館の横から江津湖へ。
画像

予報では「晴れ時々曇り」だったのに、「曇り時々雨」になりそうな雲行き。
画像

水前寺江津湖公園の広木地区を抜けて秋津川沿いの道に入るところにある中無田熊野座神社の銘水をボトルに入れる。
画像

秋津川沿いに出ると、飯田山の山頂は雲で覆われている。
画像

秋津川沿いの道を進んで、横井小楠ゆかりの四時軒を過ぎて右折し田舎道を走り、県道232号線に入り、国道443号線に突き当たり、左折。数百m走って、飯田山方面へ右折。
画像

500mほど進むと分かれ道があり、林道へ左折。
画像

濡れた坂を上ってゆく。
画像

3kmほど坂を上って常楽寺方面へ右折。
画像
アップダウンを進んで、常楽寺でひと休み。
画像
境内を散策。
画像
徒歩での登山者は本堂の後方、左手の坂を登ってゆくらしいが、今日は舗装道をそのまま上へ。
画像
その後砂利道が100mほどあって、再び舗装道になるとチェーンが張ってある。
画像

さらに進むと、激坂が始まる。
画像
竹林の道の前の坂に差し掛かると濡れた路面で後輪が空回りしだして漕ぐのを諦める。
画像
斜度が20%ほどもありそうな坂を越えると、少し傾斜が緩やかになり再び漕ぎ出す。途中に幅15cmほどの溝(阿蘇の田子山の坂の同様のもの)がいくつもあるけど、幅広タイヤなので、安心感あり。
画像

いくつも激坂があり、後輪が空回りしそうな箇所は押して行くと山頂広場の砂利道へ。
画像

頂上広場は公園化されている。
画像

砂利道はやがて赤土の道となり、そして頂上へ。
画像
画像

やっとシクロクロスらしくなりましたな・・・。
画像

残念ながら、見晴らしはまったくダメ。
画像

さて、飯田山の名の由来についてはご存知の方も多いと思うけど一応・・・

『その昔、飯田山(いいださん)が金峰山(きんぼうざん)に背くらべを申し込んだところ、金峰山は「オレに勝つはずがなかろうが」と軽くあしらいました。それに怒った飯田山は「いや、自分の方が絶対に高い!」と言い張り、結局互いの項上に樋といをかけて水を流しどちらが高いのか比べてみようということになりました。

 そこで、山頂間に樋といを渡し、水を流してみると、高さ自慢を言い出した飯田山の方へ流れてしまい、すっかり恥をかいた飯田山は背比べなど、もう「言い出ださん」と言ったとか。このことから、いつの間にか「飯田山(いいださん)」と呼ばれるようになったそうです。また、飯田山の頂上付近にある池はこの時の樋の水がたまってできたものといわれています。』(国府高校のHPより)

その時の桶の水がたまってできた頂上付近の池。
画像


そして下りへ。滑り易いので路面を見ながら、ゆっくり下ってゆくと、路面には色んなものが・・・。
特に目立ったのが、ねむの花。
画像


それから、moriくんからご指摘のあった、『ぶなしめじ』の素。
画像

さらに、もうすぐ『ぶなしめじ』になりそうなやつ。
画像


やがて、最初の分かれ道の所までおりてきた。
画像

ついでなので、登山口の方にある、新屋敷池まで坂を上ってみる。
画像

丁度良い時刻になったので、帰路へ。国道443号線へ下りて右折してすぐに左折し田植え真っ最中の田舎道を走る。
画像

秋津川沿いの道に出て、健軍自衛隊を経由するいつものルートで帰った。

本日の走行距離:38.8km

走行距離の割には非常に疲れた。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
常楽寺からは遊歩道をハイキングでしたが、
頂上近くまで激坂とは言え遊歩道以外の道があるんだ!
飯田山の頂上から金峰山を見ると(のぶさんは天候で見れなかったようですが)
背比べを言い出したのも納得しましたよ。
PS;こなきじじいかー、もう少し背中をシャキとして足の開きは注意しよっと。
みきたか
2014/06/19 21:01
お疲れ様でした!
飯田山はバイト先の先輩から聞きましたがロードじゃキツイよと言われ結局行かずじまい・・・。写真見る限り晴れの日でもロードではきつそうですね(汗
びーろっく
2014/06/19 21:17
シクロならではの場所でしたね。
せっかくのシクロ、やはりこんな場所を走らねばですね。
ただ、あのタイヤパターン、ぬかるみは良いのですが舗装では逆に
設置面積が少なく、スリップし易いと感じるのは自分だけでしょうか?
しかし、あれだけ泥が詰まった後は、しばらくゆっくりと走り、泥を落とさないと
ウエアが泥だらけになるので注意が必要ですよね。
でないと店等に入れない事態になりますので(^_^;)
1008
2014/06/19 22:28
みきたかさん、こんばんは!
過去の道の状況を知らないのでなんとも言えませんが、新しく舗装道ができていたのかもしれません。兎に角、常楽寺の石段を上がらずにそのまままっすぐ行けば、山頂まで行けるのです。すごい激坂がいくつも待ってますけど・・・。
妖怪の中でも、こなきじじいは可愛いので、大好きです(汗)!
今度は、PM2.5の少ない晴れた晩秋にでも飯田山の頂上に上って、金峰山と肉眼背比べしてみたいです。
のぶ
2014/06/19 22:54
びーろっくくん、こんばんは!
飯田山は、ロードバイクでは常楽寺までは行けますが、その先がちょっときついですかね。それよりMTBが最適ですよ。
眠っているMTBで是非、トライしてみてください。ただし、路面の乾いている日にね。
のぶ
2014/06/19 22:58
1008さん、こんばんは!
山頂付近の赤土の部分がぬかるみになっていて、タイヤが凄いことになってしまいました。
常楽寺近くの道路が雨水か湧水かで冠水している部分がありましたので、タイヤの泥はそこで粗方落ちてしまいました。ただ、あちこちに泥はねしていたので、帰宅後の清掃が不可欠ですね。
ゆっくり走ったので、ウェアまでは泥はねしませんでしたが、これがレースだったら凄いでしょうね。
のぶ
2014/06/19 23:03
のぶさん こんばんは
いいだやま?の由来 なんだか笑えました^^;
トラクションで苦労されたようですね
タイヤのグリップは接地面のパターンや面積だけでは測れない事があります
特に曲がりなりにも舗装がしてあるような路面でしたらブロックパターンは決してグリップが良いとは言い切れないと思います 接地面積が大きいタイヤの方が有利でしょうが 泥だらけとなるとそうもいかんですね でも泥が詰まってしまっては結局グリップは難しいのでしょう  結局下りなどでは安全第一と言う事でしょうかね
4輪のラリー車でもサイクルタイヤ(自転車のタイヤ程細いと言う意味)が必要なステージもありますからね(主にグラベルやスノー) いずれにしても こけんように程々に<(_ _)> 
って なんの話やったっけ?

2014/06/19 23:14
こんばんは! なかなかハードなコースみたいですね。 走りがWILDです!
アンカー星人
2014/06/19 23:20
こんばんは(^^)
僕も以前に数回マウンテンバイクで上がりました。
その時はお寺から上は全てダートだったんですけど舗装されちゃったんですね(^^;
僕も激坂で撞き押しながら登りました。
飯田山を一周するトレイルもあるのでマウンテンバイクも楽しいですね(^^)
さらん
2014/06/19 23:41
のぶさん おはようございます。
通勤バスの車中「だじゃれかよっ!」と突っ込みを入れてしまいました。それにしてもシクロクロスは濃いめの色と相まって泥まみれが似合いますね。
PS四S
2014/06/20 08:10
こんにちは。お天気悪かったから今日は走られてないなと思っていました。
赤土のぬかるみならあの深いブロックタイヤが活躍しそうですね。
朝もまともに乗れないので早く梅雨明けしないかと思っています〜 あと1か月は世話無しですね、、
KEN
2014/06/20 10:42
Oさん、こんにちは!
そうかぁ・・・タイヤの知識も大事ですね。タイヤの幅が広くて、イボイボなんで、泥道であろうが、濡れた舗装道であろうが、何でもOK!と思ってました。
そういえば、1008さんは路面によってタイヤ圧を変えるという、わたしにはできない高等テクニックも使っておられましたな。悪路になればなるほど、色んな知識が必要みたいですね。
のぶ
2014/06/20 12:14
アンカー星人さん、こんにちは!
走りはWildではありませんが、飯田山はWildでした。とにかく斜度が半端無くて、大変疲れました。今度から、ストレスを発散する必要がある時は、飯田山に上ることにします。
のぶ
2014/06/20 12:18
さらんさん、こんにちは!
おっ!さらんさんはMTBにも乗られるのですね。そう言えば、草千里の上の展望所で、さらんさんの走りを拝見しましたが、あの力強いペダリングはMTBで培われたものかと察します。
ん?飯田山の周回コース?そんなのがあるんですか?そういえば、舗装林道からいくつも分かれ道がありました。そのひとつなのかな?
そういえば、鎖が張ってあった所から上の方は、舗装が新しかったような感じでした。比較的最近舗装されたようですね。
のぶ
2014/06/20 12:23
PS四Sさん、こんにちは!
通勤バスの中でスマホに向かってぶつぶつ言ってると、『変なおっさん』と思われかねないので注意してください。
家に帰って早速自転車を水洗いしましたが、油汚れと違って、泥汚れは気持ちよく取れますね。クセになりそうです。
のぶ
2014/06/20 12:27
KENさん、こんにちは!
幅広のブロックタイヤでも、泥が深い場合、脚力がないと、うっ止まりますね。
昨日も山頂の泥道で何度もうっ止まりました。
あと一月くらいは梅雨が明けないでしょうが、以前は、KENさん、雨でも乗っていたではありませんか?ただ、雨の中だと危険は増しますね。
のぶ
2014/06/20 12:45
昨日の木曜日も、ほとんど雨が降らなくてサイクリングできてよかったですね。
ただ道路が濡れている場合はスリップし易いので気を付けてください。
ペプシン
2014/06/20 18:58
ペプシンさん、こんばんは!
益城方面は、朝方まで降雨があったらしく、路面が予想外に濡れていました。しばらく激坂と格闘して、今度は健軍あたりに入ると、道路がぐっしょり濡れていて、通り雨が降った後でした。
昨日はラッキーでしたが、確かに梅雨時は、あまり無理をすると事故になりかねませんね。
注意したいと思います。
のぶ
2014/06/20 20:48
僕はMTBが4年位でロードは1年半です(^^)
トレイルは乗るより担ぐ方が得意です(^^;
脚力は無いに等しいので担ぐか押してばかりです。
今年はロードばかり乗ってますが去年は大藪のおじさんと一緒に山に行ったりもしました。
今は飯田山に行かなくなったので解りませんが3年位前のトレイルはシダ植物まみれのシングルトラックがお寺の標高付近に走ってます。
他にも探せばあるのではないでしょうか(^^)
さらん
2014/06/20 22:51
さらんさん、こんばんは!
おお!MTBからロードへ変更というと、サガンみたいですね。
わたしもトレイルとかは担ぎたいのですが、なんせ重くって・・・。
飯田山のトレイル・・・機会があれば探索してみたいですが、この季節、雑草に加え、ヘビや害虫も多そうなので、晩秋〜冬にかけて探索する方が良さそうですね。
のぶ
2014/06/20 23:45
のぶさん、おはようございます♪
飯田山はトレッキングしてみたいと思ってました。
ストレス発散にもなりそうな激坂があるんですね!(^^)
もう少し脚力がついたらバイクでもトライしてみます♪

moriさん情報のぶなしめじの素、私もジテツウ中に発見しました!
赤色でした(^-^) 緑や白もあるんですね♪
自転車だから、上りの速度だから気付ける発見ですね!
ぶなしめじ情報ありがとうございます(*^^*)
ビアンジョーヌ
2014/06/22 08:16
ビアンジョーヌさん、こんにちは!
飯田山はトレッキングも面白そうです。当日は雨上がりだったので、誰もいないだろうと思っていたら、頂上では、腕立て伏せをしているひとをふくめ、おっちゃんが3名、下りの途中では、上ってくる熟年夫婦5組くらいとすれ違いました。ちょっと上るには手ごろな山なんじゃないかな?
自転車では手ごわいですが、トライしてみて下さい。
のぶ
2014/06/22 16:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
飯田山の頂上へ くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる