くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇土半島お墓めぐり

<<   作成日時 : 2014/05/06 17:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

黄金週間最終日、宇土半島のお墓めぐりに行く。

午前8時過ぎ、クロモリロードバイクで出発。いつものように出水ふれあい通りから画津の田舎道を走る。今朝はウィンドブレーカを羽織っていても少し肌寒い。

中の瀬橋で加勢川を渡り、
画像
右折して加勢川の左岸を川下へ。県道182号に突き当たり左折し、釈迦堂橋で緑川を渡る。
画像


JAから右折してウキウキロードを走る。
画像


宇土市に入り、松山町の交差点で右折してウキウキロードから外れる。

まず最初のお墓は横綱・不知火諾右衛門(しらぬいなぎえもん)の墓。昨年の12月に一度訪問したけど、その時はママチャリのお母さんに先導してもらったので、今度は自力で。
画像
画像
画像


この後はウキウキロードのアップダウンを避けて田舎道を走り、
画像
宇城市役所のところから国道266号線に入り、東へ。道の駅 不知火で休憩し、
画像
そのすぐ先から右折して坂道を登る。これが、なかなかの激坂。
画像
不知火カントリークラブに突き当たり、農免道路に出て、古屋敷地区を目指してアップダウンを進み、
画像
突き当りを左折。
画像

本日2番目の「丸目蔵人(まるめくらんど)の墓」へ。
画像

この案内板から先は、なかなか雰囲気のよい激坂が待っていて、黙々と上る。
画像
「まだ上るのかいな?」と不安になってきた、さらに激坂の先に次の案内板。
画像
そこからは最後の激坂。
画像
ここは自転車を押して、やっと到着。
画像


丸目蔵人とは戦国時代から江戸時代初期にかけて「剣聖」と呼ばれた相良藩の武将で兵法家だけど、その人なら確か、錦町にお墓があるはず。よく調べたら、錦町の人は、本家「丸目蔵人佐長恵」で、ここのお方は「丸目蔵人信久」という別人のお墓らしい(ニッポンレンタカーのHPより)。

その後、激坂を下り、元の道に戻り、古屋敷地区を抜ける。
画像
国道266号線に降りて右折。松合地区に入り、旧道へ。
画像
白壁の街並みから県道58号線へ右折し間もなく左折。松合小学校を経由して、
画像
松合地区の西側斜面を登って
画像
画像
六地蔵公園へ。
画像
ここを通る道は、現在の海岸道路が開通するまでは富岡往還と言われ、宇土半島南岸の重要な道であり人通りも多いものだったという。

この公園の少し手前の墓地に本日最後のお墓、『御船千鶴子の墓』がある。
画像
御船千鶴子は明治後期に千里眼として名を残し、24歳の若さで自らの命を絶った。ホラー映画「リング」の貞子の母、志津子のモデルとなった人物である。ちなみに、荒尾の万田抗の石炭鉱脈の発見も彼女の千里眼によるものだとか。

それはそうと、誰か悪戯したのか、活けてあったはずの花が散らかっているので、活け直して、手を合わせて帰路へ。

ここから北へ坂を上るが、この道が路面が悪くしかも一部は激坂であった。坂の頂上付近で振り返って不知火海を眺める。
画像

やがて県道58号線の激坂を過ぎた辺りに突き当たって左折し、
画像
さらに坂を上り、峠を越えて、宇土市に入り、
画像
網津方面へ坂をくだる。住吉から農道で走潟へ抜け、
画像
国道501号線を北上し、平木橋を渡って右折。今日は六間堰を渡らず、工事の終わった加勢川の右岸を川上へ。
画像
川尻を抜けて、加勢川、木部川沿いの道を進み、中の瀬橋の所から朝来た道を帰った。

家に帰ると、睡蓮が今シーズン最初の花を咲かせていた。
画像


本日の走行距離:81.7km

GPSのログがうまく録れなかったので、ルートラボで作っていた走行予定コースを掲載。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
のぶさん、こんにちは!

あっ!
私達は六間堰を通りましたヨ♪
のぶさんが速すぎて追いつけませんでした。。。
中無田閘門の原っぱでシューズ脱いで
寛ぎました(^-^)

のぶさん邸の睡蓮とても美しいですね!
ビアンジョーヌ
2014/05/06 18:06
その“ウキウキロード”とやらをいつか走ってみたいんですよ。
しかし、お花を散らかすとは、なんとバチ当たりな人がいるものですね。
それから、睡蓮がきれいですね。ただ、未だに睡蓮と蓮の違いがよく分からないんですよ。 トホホ。
アンカー星人
2014/05/06 18:56
のぶさん こんばんは。
うむ。不知火諾右衛門関のお墓は良いのですが、貞子の母のモデルとなった人物のお墓…。僕は怖くて一人では行けないです┐('〜`;)┌
PS四S
2014/05/06 19:39
ビアンジョーヌさん、こんばんは!
おっ!六間堰のところでニアミスだったですか?確かにあの辺りでは追い風を受けて頑張って走ってました。道も新しくて走り易かったぁ。
ん?『私達』ということは、まだ独り立ちできてなかったようですな。ほほほ。
のぶ
2014/05/06 20:25
人吉地方の誇り、丸目蔵人の墓がどうしてこんなところにと思いながら読み、別人と分かりホッとしました。
人吉に帰ったら、丸目蔵人の墓参りをせんといかんですね。
睡蓮が咲いたということは、鹿央のハスも間もなくでしょうね。
ペプシン
2014/05/06 20:27
アンカー星人さん、こんばんは!
ウキウキロード是非一度、お試しください。鹿本広域農道と、距離は同じくらいかと思いますが、アップダウンは最後(松橋側)のところだけです。交通量が多くて、路側帯が広ーいところもありますが、狭いところが結構あります。
蓮と睡蓮の違いのひとつは葉ですね。睡蓮の葉には茎の近くまで切れ込みがあります。
のぶ
2014/05/06 20:32
PS四Sさん、こんばんは!
イメージ的には、貞子の母のモデルの墓を敬遠したくなりますが、南向きの蜜柑畑の中の小高い丘の上の開けた所にあり、明るいし、眺めは良いし、公園の横なので整備も整っていて、雰囲気良かったです。
剣豪・丸目蔵人の同姓異人さんの墓は深い杉と竹の林の中にあり、近くにはイノシシの罠なども仕掛けてあり、気色悪かったです。激坂の連続だったし、もう多分二度と行かないと思います。
のぶ
2014/05/06 20:39
こんばんは。
今日はクロモリで宇土方面でしたか。
墓の花を散らすのは何故、誰だー?って感じですね。
それを活け直すのはのぶさんらしいと言うか、
簡単そうでなかなか出来ない事。
睡蓮と蓮の見分けが出来ない自分。
蓮は初夏だけど、睡蓮は今が旬?
みきたか
2014/05/06 20:42
ペプシンさん、こんばんは!
宇土には『丸目』の姓の人が割に多いみたいで、想像ですが、そんな人の中で、剣の腕の立つ人が『丸目蔵人』を名乗ったのかもしれませんね。それにしても宇城市の文化財に指定されているみたいだし、ちなんだ剣道大会みたいなものも古屋敷地区で開かれているようですよ。
鹿央の古代蓮は6月の半ば頃からでは?調べてみたら、昨年は7月11日に行ってました。
のぶ
2014/05/06 20:50
みきたかさん、こんばんは!
今日は未舗装道はなさそうだったのでクロモリにしましたが、どのお墓も、舗装道ではありましたが、路面が悪かったです。

実はわたくし、こう見えましても、草月流の花道の免許を持っておりまして、お花を活けるのは比較的慣れております。一瞬、散らかったままにしておこうかとも思いましたが、「これでは死んだ人が浮かばれんだろう・・・」と独り言をつぶやきつつ、活け直してしまいました。

詳しくないのですが、蓮に比べると睡蓮は花期が長いみたいですね。
のぶ
2014/05/06 21:04
のぶさん、こんばんは!

3日(土曜)に独り立ちライドを決行しました!
と言っても知ったコースですが。

自宅→萌の里→俵山越え→南阿蘇はパンDaigo→大津経由→そしてインド食堂へ
単独ライドの報告に行きましたヨ♪(^^)v

4日は、自転車ではなく単独で俵山登山にチャレンジしました♪
これはお初だったので、方向音痴のわたくし
案の定、正規ルートを外れ赤牛の群れの中へお邪魔してきました(^^;

サバイバルな体験ができて楽しかったです(*^^*)

のぶさんが、お花を活けていらっしゃるお姿が目に浮かびます。
免許をお持ちとあらば是非習ってみたいですね(^_^)
ビアンジョーヌ
2014/05/06 22:07
のぶさん、こんばんは!

お墓参りライド行かれたのですね〜♪
お一人で行かれるとは、私なら怖くて無理です!
GW後半は予定通りえびの市まで行って来ましたが、霊台橋→二本杉→五木→人吉→えびの高原は予想よりも山岳ステージで、阿蘇望の獲得標高を超えてしまいました!!知らずに走ったので登れましたが、次に登りきれるかは自信無いです…(;^_^A
梅雨入り前に、是非ともまたご一緒したいです!
TAKA
2014/05/06 22:27
ビアンジョーヌさんへ。
あ!4日にインド食堂に行った時、マスターが仰ってました!あれが、独り立ちライドだったんですね。「その後、金峰山に登る予定は止めて帰られました」の所ばっかし覚えていました。ははは。
兎も角、貴重な体験ができたようですな。特に翌日の単独登山・・・。
免許といっても、師範の免許ではなくて、2級(だったっけ?)の免許です、はい。何と言っても、正座が5分くらいしかできないもんで・・・。
のぶ
2014/05/06 22:51
TAKAさん、こんばんは!
え!?えびの市まで自走で行かれたんですか?あたしゃてっきり車載とばかし思っておりました。先月わたし等が車載でえびのポタしたもんで・・・。
それはお疲れ様でした。でも流石、知らなかったとは言え、お若いですね。
そうですね。6月になると暑くなって来ますし、梅雨にも入りますのでね。
6月中にでもまたご一緒しましょう!
のぶ
2014/05/06 22:55
おはようございます。
お墓巡り、事前調査をしっかりしないと
場所がわからないような所ばかりですね。
しかし、お墓にイタズラとは何とバチ当たりな!
しかし、のぶさんの優しさに千鶴子さんの気持ちも落ち着いた事でしょう(^-^)v
1008
2014/05/07 05:53
1008さん、おはようございます!
これまでお墓ポタは何度かしましたが、確かに見つけられない場合が多いです。お寺が解っていても、どのお墓か解らない場合もありますね。
千鶴子さんのお墓の周囲ではカラスが多数鳴いていましたので、「カラスの悪戯?」かとも思いましたが、多分違います。色んな人がいますからね。
のぶ
2014/05/07 07:44
おはようございます。
貞子のモデルとは恐ろしいですね・・。しかしお墓に悪戯とはふざけた野郎ですね。
最近私は家からバイト先までの往復しかロード乗れてないですorz
えぐやん☆GT
2014/05/07 09:41
久しぶりの古屋敷、昭和の農聖「松田喜一先生」像…
「一角破り」からあっちこっち飛んで感心してたら、直に松田先生に指導を受けた方のブログにも到達…
http://medakaf.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-f7e4.html
今度、松田神社に走ろかな…

___B_e_n_b_o_w___
2014/05/07 10:08
えぐやん☆GTさん、こんにちは!
若くして自殺した千鶴子さんは、きっと心を病んでしまったんでしょうし、お墓に悪戯する人というのも、多分、心を病んでいるんだろうと思います。可哀想な人なんでしょう、きっと。

せっせと軽量化したロードバイクも乗って楽しまないともったいないですが、学業とバイトも大事だからですねえ。
のぶ
2014/05/07 18:08
Benbowさん、こんにちは!
不知火町古屋敷の謎、「松田喜一先生」が残りましたが、なるほど、なかなかの人物みたいですね。語録もなかなか『言い得て妙』です。教えを受けた方も残っていて、ブログで発信をしておられる・・・。奥が深い!
八代の松田神社に行かれるときは、是非ともご一緒させてください!
のぶ
2014/05/07 18:11
のぶさん こんにちは
睡蓮と蓮が別物とは・・・初めて知りました^^; 蓮の花と言えばロータスカーズとコーリン・チャップマンしか頭に浮かばないのはメカバカの為でしょうか
蓮の花も睡蓮の花も英語ではLotus Bloomと一括りにされてますよね
何故でしょう? Lotus Bloomは数ある花の中で最もバランスのとれた美しい花だとか そんなことを聞いたような聞かなかったような・・・・コーリン・チャップマンが言ってた様な・・・・・記憶が定かではありませんが なんだか訳の分からんコメントになってしまいました<m(__)m> 

2014/05/08 13:43
Oさん、こんにちは!
わたしの場合、Lotusというと、ひと昔前の表計算ソフト、Lotus 1-2-3というのを思い出します。
蓮は、汚れた水でも、ひときわ綺麗な花を咲かせますね。仏様の台座に使われているのが解る様な気がします。
睡蓮は英語でwater lilyって言うんじゃなかったっけ?
のぶ
2014/05/08 18:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇土半島お墓めぐり くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる