くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりの地蔵峠

<<   作成日時 : 2014/04/03 16:23   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

県北方面へロングライドのつもりでいたところ、午後の降水確率が60%となったため、行く先を変更。最近、登坂力が思わしくないので久しぶりの地蔵峠で鍛えることにする。

午前6時半過ぎ、カーボンロードバイクで出発。京塚を経由して健軍自衛隊の裏から南東に走り、秋津川沿いの道を東へ。
画像
木山川沿いの道に進み、県道28号線に突き当たり右折。津森郵便局から右折して、いつもの標語に己の行いを恥じながら、ウインドブレーカを脱ぐなど、登坂の準備をする。
画像
この坂はほんと、いつもきつい。
画像
しばらく上るとアップダウン気味の道が続き、ゴルフ場に突き当たって右折。
画像
右側の「再春館お花のパーク」の花を愛でながらさらに上る。
画像
西原から吉無田高原へ向う道との交差点を過ぎるとグリーンロードに入る。
画像
1kmほど上った所にある展望所から金峰山方面を望む。
画像
その後もしつこくクネクネ続く坂を上る。
画像
4つの「ミニ峠」を越えて、やっとこさ南阿蘇村へ。
画像
久しぶりの南郷橋からの眺め。
画像
ウィンドブレーカを羽織って下りへ。4kmほど下りて左折。
画像
この道には、大きな蜘蛛が潜む滝つぼとか、
画像
画像
画像
奇岩の群れとか、
画像
画像
画像
雰囲気のよろしい杉木立とか
画像
木曜日が定休日のレストランとか、
画像
色々あって面白い。
やがて県道28号線との交差点まで下りて右折。少し走って久しぶりに「グランツムート」へ。
画像
「チキントマチー(チキンとトマトとチーズのパン)」とアンパンと珈琲をいただいたけど、今日もマスターは笑顔をみせてくれなかった。奥さんは満面の笑顔だけどね・・・。
画像
その後、「あそ望の里くぎの」のテラスから、昨日満開となった「一心行の桜」を遙か遠くに鑑賞。
画像
中松へ下りて、旧道へ左折。追い風に乗って軽快に走っていると、栃木温泉の手前の路傍に見事な桜。
画像
栃木温泉方面へ左折し、長陽大橋を渡る前で、南阿蘇鉄道のトロッコ列車が白川の鉄橋を丁度渡るところに遭遇。
画像

その後、立野から国道57号線の歩道を走り、瀬田に下りて、県道207号線を西へ。陣内の所から右折し、大津の旧道のKENさんの実家へ。ところがKENさんは所用で外出するところ。それでも上がりこんで、いつもようにエスプレッソをいただく。
画像
その後いつものように県道337号線を西へ。この頃になると向かい風が吹き出し、困っていると、丁度時速30kmちょっとの一定速度で走っている原付きのおっちゃんに出くわし、おっちゃんが左折するまで4kmほど牽いてもらう。へへへ。
画像
その後はいつものように北バイパスに上がって帰った。
昼飯食って、バイクを掃除していたら予報どおりにポツリポツリと始まった。

本日の走行距離:81.7km

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。今日はタイミング悪くすみませんでした。朝から仕事がバタバタしていて建設業者さんを現場に2時間もお待たせしていたので慌てて出かけてたとこでした。
帰って親に聞いたらのぶさんは完全に放置状態だったようで、、お構いできなくてすみませんでした。

それにしても、、またまた大変なところを走られてますね!お天気崩れる予報だったので自宅でゆっくりかと思っていました。
今日はO3's Cafe KENではなくてほんとただの実家でしたね^^
KEN
2014/04/03 16:34
KENさん、こんにちは!
今日はKENさんが丁度外出するという、間の悪い時にお邪魔しました。エスプレッソもちゃっかり頂きました。ご両親には「お昼ご飯時に失礼しました」と宜しくお伝えください。
転居に伴い、色々ペーパーワークもあって、面倒ですね。落ち着くまでベルギー産シクロクロスバイク、預かっておきましょうか?遠慮しなくていいですよ。へへへ。
のぶ
2014/04/03 16:53
今日の危うい天気でも地蔵峠まで行かれたんですか。さすがです。
地蔵峠越えてから羅漢岩方面への道路、どんな道か分からないので、
シクロで行こうと思っていたら、舗装されていたとは。
良くて砂利道、もしかすると担ぎか、と思っていたのですが。
やはり、道の状況は行って見ないと分からないですね。
あっ、前回のブログにあったサコッシュ、早速家内が買ってきました。(^o^)
1008
2014/04/03 18:25
1008さん、こんにちは!
「羅漢岩」って言うんですね、あの奇岩。あの岩山の近くを通る道は遊歩道になっていて、所々は舗装があるようですが、未舗装の部分があるみたいですよ。シクロクロス向きだと思います。
走ってみるのが楽しみです。
今日走った道は道は狭いものの、全線舗装道で、「ボンジュールプロバンス」の少し上で遊歩道と合流します。
お!奥さん、サコッシュ早速、買われたんですね。女性にはピッタリだと思います。
のぶ
2014/04/03 18:34
私の逆コースでしたね。
私も遠くから一心行の大桜を眺めていました。

「ボンジュール…」の看板から入ったらどこにたどり着くんだろうと気になっていました。
大きな蜘蛛の潜む滝つぼ…蜘蛛は嫌いだけど、日本昔話のタイトルみたいで気になります。
ちよ
2014/04/03 22:20
ちよさん、こんにちは!
裏地蔵お疲れ様でした。そちらは、加えて俵山と高森の九十九曲がりもでしたので、凄いですね。
「ボンジュール・プロバンス」のある坂道は面白いものが色々ありますが、「恐ケ渕(おそろしがふち)」は一見の価値ありですよ。ただしSPD-SLシューズなら、クリートカバーがないと、ちと厳しいかな?
のぶ
2014/04/03 22:49
のぶさん、おはようございます!

十六羅漢の先の遊歩道、昨年の紅葉シーズンにお散歩しましたよ♪
独り占めするには勿体無いほどの絶景に包まれ、ススキも輝いてました。
途中までならロードでも上れますが、上に行くと確かに未舗装箇所も
あるのでシクロクロスなら楽しめると思います!
頂上まで行きたかったのですが、蜂はブンブン。
それに聞いたこともない奇妙な泣き声の生物(大きい動物の予感)の
気配もあり・・・、その声を耳にした瞬間後ずさり。。。
私以外には誰もいない、さすがに『ココで死にたくはないよ』と
引き返しました。ランチしようと持参したおにぎりも食べずじまい(笑)
でも、とても素敵なところだったので、いつかまたリベンジしたいと
思っています。 皆さんもバイクorお散歩お勧めです☆彡

あそこの杉木立、太陽の光が枝葉の間から射し込んでキラキラ。
空気も美味しく、川のせせらぎも聞こえて雰囲気抜群心地良いですネ!

地蔵峠アタック、表も裏もいつか・・・・チャレンジしてみたいです(^^ゞ

ビアンジョーヌ
2014/04/04 08:45
登坂力が思わしくない...
うーむ私からしたらどこがですかって感じですけど(笑)
調子良い時はどんだけ早く登って行かれるのでしょう。
30qで引いてくれたおっちゃん気づいてたんでしょうかねー。
mottea
2014/04/04 09:25
こんにちは! ダラダラとした表からよく登られましたね。 裏の方の情報ありがとうございます。 そのうちトライしてみます。
アンカー星人
2014/04/04 12:16
ビアンジョーヌさん、こんにちは!
あそこの奇岩群の中にに十六羅漢像があるんですね。知りませんでした。昨夜ネットで調べていたら、「洞窟が猿の住処になっていた・・・」と書いてあったので、その「奇妙な泣き声の生物」は猿だったかも・・・。その少し下の、道の反対側には小川が流れていて、そこの周囲はお弁当を食べるのにいい感じでした。
十六羅漢の遊歩道をシクロクロスで走ってみたいですが、どっちからアプローチするにせよ、結局、かなり走って、かなり登らないといけないですね。
地蔵峠アタック・・・登り甲斐がありますよ。是非チャレンジしてください。
是非、夏を避けてね。
のぶ
2014/04/04 12:48
motteaさん、こんにちは!
最近、長い上りの後、以前に増して筋肉の凝りとか、疲労感が長く残るようになってきました。単なる老化かと思いますが、ひょっとすると鍛えれば改善するかも?と淡い期待を抱いて上りの練習をしました。案の定、今日は筋肉が凝って、疲労感も、そこそこです。やっぱり老化現象ですかね。
のぶ
2014/04/04 12:52
アンカー星人さん、こんにちは!
昨日は、アンカー星人さん、お薦めの県北方面へのロングライドを決行するつもりではりきっていたのですが、生憎の空模様・・・。自転車の宿命ですな。
「ボンジュールプロバンス」の案内板に従って進む道(阿蘇望のコースの一部)は、傾斜は急ですが、変化があり、見どころがあり、お勧めです。
のぶ
2014/04/04 12:57
いや〜のぶさんの観察力は凄いですね。
表、裏地蔵何度も通ったはずなのに知らない景色が沢山ありました。
もう少しゆとりが必要ですね。反省しました・・・・。
INA
2014/04/04 21:06
INA隊長、こんばんは!
あの地蔵峠へ年間を通して毎週のように上られているINA隊長をあらためて尊敬いたします。津森からだと高度にして1000mありますもんね。きついはずです。
裏地蔵の途中からボンジュールプロバンス方面へ降りる道は大好きです。「恐ケ渕」は怖くてひとりでは行ききらんかったですが、地蔵峠倶楽部のメンバーがお子さんと滝つぼで泳いでおられる画像を拝見して、「何だ、長閑なところじゃないかぁ!」と解り、それからはひとりで行けるようになりました。いつかシクロクロス(確か隊長もお持ちだとか・・・)で十六羅漢見物に行く予定です。
のぶ
2014/04/04 21:53
のぶさん おはようございます。
地蔵峠(表)は去年の8月ロードバイクに乗りはじめで間もなく、まだフラットペダル&ボトル1本差しだった頃に行ったのですが、玉砕した悔しい記憶があります。早くリベンジしないと。…。
それにしても雨を予測した的確なプラン、そうでないと自転車に乗る時間も捻出できないですね。
すぎモン。改めPS四S
2014/04/05 06:35
すぎモン。改めPS四Sさん、おはようございます!
フラットペダルだと、かなりの脚力がないと厳しいでしょうね。何にしても8月(の昼間)に地蔵峠に上るのは、ある意味危険ですね。リベンジするなら春・秋か夏の早朝がいいんじゃないかなぁ。表からだったら途中に水場があるので、ボトルは一本でもOKでしょう。
天気予報を信じて、その日は見事に雨を避けることができましたが、次の日の自転車通勤は予報を信じて出発したら、あっと言う間に雨雲が広がって来て、結局濡れてしまいました。なかなか難しいです。
のぶ
2014/04/05 07:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりの地蔵峠 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる