くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車で歩道を走る

<<   作成日時 : 2014/03/13 17:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

槙原敬之の歌で、「どんな時も、どんな時も・・・」というのがありますが、自転車で歩道を走る時は、どんな時も車道寄りを走らないといけません。そして、どんな時も徐行をしないといけません。
画像



それでは、第三回「O3(おっさん)のための交通法規教室」(早くもシリーズ最終回)です。


自転車は車両(軽車両)であるため、歩道が設けられた道路においては、基本的に車道を通らないといけません。

ただし、次のいずれかに該当する場合には、歩道を通行することもできます。

1.「自転車通行可」の道路標識または「普通自転車通行指定部分」の道路標示がある歩道を通る場合
画像


2. 運転者が13歳未満もしくは70歳以上、または身体に障害を負っている場合

3. 安全のためやむを得ない場合

ただし、これらの「やむを得ない」は客観的に認められる必要があります。

例えば・・・

路上駐車車両が多く、かつ右側に避けるのが困難な場合。
自動車の交通量が著しく多く、かつ車道が狭い場合。・・・こんな感じかな?
画像

煽り運転、幅寄せなどの危険運転や、理由もなくクラクションを鳴らすなど、自動車を用いた暴行行為を行う者がいる場合。

などです。



どうしても歩道を通りたい場合・・・

自転車は、自転車を押して歩けば、歩行者として歩道を通行することができるようになります。



さて、実際に自転車で歩道を走る際の注意事項です。

1.車道寄り通行の遵守

自転車は、歩道内においては、歩道の中央から車道寄りの部分を通行しなければなりません。
画像

これには例外規定がないため、いかなる場合であっても、歩道の中央から外側を通ってはなりません

2.徐行義務

歩道を通行する際は、歩行者に危害を加えることを確実に防ぐために、歩行者の有無に関わらず常に徐行をしなければならなりません。。

なお、歩道における徐行スピードの目安は、「4〜5km/h程度、せいぜい8km/h以下」とされています。

3.歩行者保護のための一時停止義務

歩道は、あくまで歩行者の通行のための通路なので、歩道において自転車は、歩行者の妨害となるような通行の一切が禁止されています。
また自転車は、歩道において歩行者の通行妨害となる場合には、一時停止をしなければなりません。
画像


普通自転車通行指定部分内の通行について

普通自転車通行指定部分が設けられた歩道を通る場合は、普通自転車通行指定部分の中を通らなければなりません。
画像


徐行義務の免除について

自転車は、通常の歩道を通行する際は、歩行者の有無に関わらず徐行をしなければなりませんが、普通自転車通行指定部分を通っているときに関しては、そこに歩行者がいない場合に限り、徐行をしなくても良いこととされています。

ただしこの場合であっても、状況に応じた安全な速度・方法で通らなければならなりません。
(以上は、「公益社団法人 自転車道路交通法研究会」のHPより引用)

さてさて、現実ですが、上記の事はまったく周知されていないように思われます。

まず、「車道寄り通行の遵守」ですが、ほとんど遵守できておりません。
画像
画像


さらに徐行義務ですが、これも守っているのは、かなりのご高齢の方のみのような・・・。

ちなみにゆうかファミリーロードも「普通自転車通行指定部」のない歩行者・自転車専用道です。
画像
となると、「4〜5km/h程度、せいぜい8km/h以下」でゆうかファミリーロードを使って行くとすると、山鹿のタオ珈琲でくつろいで帰ってくるのに10時間以上かかってしまうことになりますな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
最近木曜日の雨が多く、ネタ探しに苦労されているようですね。(^-^;
歩道を走行する時は車道寄り、知りませんでした。
ホントに毎回勉強になります。
ところで、シクロ買われたんですか?
何処かに行かんといけないですね。

1008
2014/03/13 17:46
こんにちは。
歩道はよく走るので法規は知っていますが、歩道の右寄りを走っていると逆走のママチャリとは毎回正面衝突しそうになるので無意識に左に逃げてしまいます。
のぶさんもとうとうシクロデビューですね!楽しみ〜!
何を買うときでも嫁さんに相談したことがないので、もう何回も殺されました。で、ついたあだ名がゾンビくんですw
KEN
2014/03/13 18:31
こんばんは。
最近、木曜日の天気はいまいちですね。
KENさんと同じく逆走してくる自転車(主に中高校生)があって
自然と歩道の左側を走行してました。
あと、あれですよね。歩道を走っていて歩行者に避けてもらう為に
ベルを鳴らすのはもっての他。(常識かな?)

おお〜、シクロデビューですか!
みきたか
2014/03/13 20:15
1008さん、こんばんは!
このところ木曜の降雨確率は8割越えのような気がします。ネタ探しにひと苦労です。
「車道寄り」は知っていましたが、歩行者がいない時はどこでもよいと思っておりました。
さらに時速8キロ以下で走らねばならないとは、聞かなかったことにしたいと思います。
のぶ
2014/03/13 20:27
KENさん、こんばんは!
歩道を我が物顔で走る自転車が多いですからね。
シクロクロスは注文しましたが、在庫がなく、3月下旬に入るみたいです。1008さんやKENさんが、ハイグレードなシクロを手に入れられると聞き、「自分も・・・」と一時迷ったのですが、やっぱりエントリーモデルにしました。
のぶ
2014/03/13 20:33
みきたかさん、こんばんは!
ほんと、木曜は雨が多いです。確かに、歩道は歩行者のものですので、自転車は遠慮しながら走らないといけないのですが、車道での自動車と同じように、遅い歩行者相手にベル鳴らす人、時々見かけますね。
シクロのシーズンが終了してからシクロ注文してますので、お笑いですね。4月からの消費税増税も相まって、時期的にどのブランドのものも大変品薄の様でした。
のぶ
2014/03/13 20:43
のぶさん こんばんは
僕は街の真ん中に住んでいるので 電車通りなんかは歩道を使います でも車道寄りを走れとは知りませんでした 速度は人の歩く速度程度で転がしますよ なのでいつも後ろばかり気にしながら転がします 早いチャリに引っかけられないように気を付けれいます
速度については 国会答弁では4〜5km/hとの見解が出ていたはずですね するって〜とやっぱり 車道を走らんといかんと言う事ですね
ところで 歩道上で注意喚起目的のベルは道交法違反にあたる可能性が高いです 自動車と同じなので 警笛ならせの標識やブラインドのコナーやブラインドの坂道等以外でやたらと警笛を鳴らすと罰金刑に処される場合がありますのでご注意を・・・<(_ _)> 

2014/03/14 01:10
Oさん、こんにちは!
 国府の電車通りの歩道をシラス号で走ってらっしゃるOさんをお見かけしましたが、確かにゆっくり走っておられました。わたしも人がいる歩道ではゆっくり走りますが、人のいない歩道で時速8キロ以下というのはつらいですね。
要するに「速く走りたいなら危険覚悟で車道!」ということですな。
ベル・・・めったに鳴らしませんが、歩行者に鳴らしたことがあるような・・・。
のぶ
2014/03/14 07:49
おはようございます。
私の棲家は田舎なのでよっぽどのことがなければ市街地でも歩道をはしることはありませんが、仕方なくってことはやっぱりあります。一番怖いのは逆走の自転車ですね。東京やら大都市の人たちはロードバイクのるもの一苦労でしょうね。
のぶさんもシクロか・・・やっぱ一台は必要かな・・・
今年は球磨川、ご一緒できなくで残念でした。ま、詳細はOさんがレポートなさることでしょう。
mottea
2014/03/14 09:35
こんばんは!
分かりやすい交通教室シリーズは最終回なのですね。 残念です。
次回シリーズが気になります。(^^)
アンカー星人
2014/03/14 17:27
motteaさん、こんにちは!
大都市の歩道では自転車で走るのは大変でしょうね。速く走りたい時は車道になってしまいますが、東京なんかでは、車道を走っていて知らない間に首都高速道路に入ってしまうことがあるって、つい最近言ってました。それも怖いですね。
のぶ
2014/03/14 18:57
アンカー星人さん、こんにちは!
偉そうに『交通法規教室』なんてやってしまいましたが、自分の知らなかった事を書いただけで、しかも、遵守できそうにないことが多く、お恥ずかしい限りです。よって、この辺りで打ち切りだす。また雨が続いたら、にわか専門家に変身してシリーズ化しようと企んでおります。
のぶ
2014/03/14 19:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
自転車で歩道を走る くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる