くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 「左折レーン」の問題

<<   作成日時 : 2014/03/03 21:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14

Oさんが仰るには、本日、03月03日は「O3(おっさん)の日」なんだそうです。

そこで、世の規範となるべきO3ライダーのために、第2回のO3自転車交通法規教室です。


今回の問題は、「左折レーンがある時の直進法」。

画像
(わたしが毎日通っている北バイパスの麻生田交差点です。)



さて、ロードバイクで、この交差点を直進する方法として間違っているのは次のどれでしょう?
画像

@歩道を通行して横断歩道を渡り、途中から直進車線へ。
A左折レーンの左端から進入し、左折車の合間を縫って直進する。
B左折レーンの右端から進入する。
C直進レーンの左端から進入する。


解説と正解

自転車は、車両通行帯が設けられた道路(片側二車線以上の道路)においては、左側から一番目の、第一通行帯(第一車線)を通らなければなりません。

また自転車は、基本的に左折レーンやバス専用レーンなどの車両通行帯(車線)に関する交通規制を受けませんので、これらの交通規制があった場合でも、あくまで第一通行帯を通行することとなります。

そのため、交差点を直進する場合には、その手前に左折レーンが設けられていても、あくまで第一通行帯(この場合左折レーン)を通行しなければなりません。

なお自転車は、車両通行帯が設けられた道路では、車両通行帯が設けられていない道路(一車線・片側一車線道路)とは異なり、左側端に寄って通行する義務を負いません。
そのため、本設問のような状況では、左折レーンの右端を通って交差点を直進しても問題ありません。
(以上の解説は公益社団法人自転車道路交通法研究会のHPより引用)

また、危険を感じた場合などは、「自転車通行可」の歩道でなくても、歩行者の通行を妨げないように道路側の歩道を走行することもできます。警察もそれを勧めています。

ただし、第二通行帯である直進車線を通ることはできません。
画像


よって自転車の直進の仕方として間違っているのはCということになります。

ただ、この事は自動車に乗っている人はほとんど知らないでしょうから、左折レーンの右端を走ったりとかすると、左折車からヒンシュクをかって、クラクションを鳴らされること請け合いですな。


さて、国道3号線を水道町交差点から南へ走って、長六橋手前の交差点を熊本駅方面へ直進したいのですが・・・。
画像
長六橋へ左折するレーンが二つもあります。しかもその左折レーンの先には敷石が・・・。
画像
こんな時はやっぱ歩道に退避して素直に歩行者と同じように国道をくぐって行くしかなさそうですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
またまた のぶさんこんばんは 3月3日の話はだめっすよ わたくしの本日?公開予定のブログのオープニング文言だったのに・・・・・(>_<)
ちゃんと覚えていてくださったのですね <(_ _)>
今日ののぶさんのブログは大変勉強になりますね 設問1でCのレーンのど真ん中で信号待ちをしているサイクリストを何度か見かけた事があります うっかりするとそれでいいのかなと誤解を招いてしまうし子供達にもいい見本にはなりませんね やはり正しい認識のもとでサイクリングに勤しんでいきたいものです

2014/03/03 22:44
あらら!Oさん、失礼しました。そうとは知らず・・・。
ま、同じオープニングでも、いいじゃないですか、「ルーベ兄弟」だし・・・。
左折レーンのことも実はわたし、知らなかったんですよ、数週間前まで。自転車は中途半端な立場なので、色々と矛盾が出てくるんですね。直進レーンに居た方が、自動車の方々にも同意が得られそうな気がしますけどね。
のぶ
2014/03/03 22:54
おはようございます!
しかし、自転車の法規って曖昧で取りあえず「こうしとこう」で作られ、実情に合っていない所が多々ありますよね。
自分がいつも悩むのが、宇土のR3とR57の交差点を直進する時です。
ここは横断歩道がないので、
Bが正しいようですが、追突されそうでいつもCを通っていますが、×なんですね。
ただ、最後はその場での状況判断になるとは思いますが。
もう少し自転車に優しい道路にして欲しいですね。
1008
2014/03/04 07:52
のぶさん。おはようございます。これは知りませんでした。というか、私はこれまで何の躊躇いもなくCを直進していたと思います。でないと、左折のみ青信号の時なんかは、怖いですよね。そのためにはBなのかも知れませんが、それならやはりCで良く、ここには何ら妥当性も合理性も感じられませんね。自転車の交通に対する行政の対応は確かに後手後手なのですね。少し脱線ご容赦ですが、子飼橋付近の“自転車専用レーン”もあのペイントのゴツゴツは顧客視点に立っていないですね。
すぎモン。改めPS四S
2014/03/04 08:13
自転車に関する交通法規の解説有り難うございます。第一回目の白線の意義に関する解説が私には大変助かりました。
田上
2014/03/04 09:15
わたしなーんも感がえず、迷わずAで進んでました。車道、左端、信号、二段階右折それしか考えてませんでした。言われてみれば確かにどれが正しいのか・・・
ま、結果間違ってはいなかったのでよかったです。
mottea
2014/03/04 10:53
こんばんは! O3の日・・・そういえばOさんのブログに書いてありましたが、道路交通法の勉強の日なのですね。 恥ずかしながら、てっきり飲み会・お食事会だと思っていました。 猛省いたします。 
今まで思いっきりオートバイの感覚でBorCだと思い込んでいました。 大変勉強になりました! ありがとうございます。 
アンカー星人
2014/03/04 18:38
1008さん、こんにちは!
軽車両は中途半端な存在なので、交通法規的にも色々と矛盾が生じて、自転車乗りとしては困ることが多いですね。確かに、もう少し自転車に優しい法規にしてほしいと思うことがよくあります。
のぶ
2014/03/04 19:57
すぎモン。改めPS四Sさん、こんにちは!
わたしも、いざという時はCで行きたい気持ちです。ただ、ロードバイクならまだしも、ママチャリでもOKと言うことにでもなると、これはまた問題ですもんね。すべての自転車を『軽車両』とひとくくりにするのも無理な話ですよね。
のぶ
2014/03/04 20:04
田上さん、こんにちは!
お久しぶりです。田上さんのようなベテランサイクリストの方から『助かりました』とコメントをいただくのは嬉しい限りです。今後も皆さんに少しでもお役に立つような内容を盛り込んでゆきたいと思っています。
末筆になりますが、田上さん始めKSCの皆さんから教えていただいた、数々のルート、集団走行時の注意点、自転車生活の楽しみ方等、大変助かっています。この場をお借りしてお礼申し上げます。
のぶ
2014/03/04 20:20
motteaさん、こんにちは!
わたしは小心者なので、一人の時はほとんど歩道走行です。
左折車が全然いない時は、直進レーンが多く、交通法規を守るのはストレスになりますね。
のぶ
2014/03/04 20:28
アンカー星人さん、こんにちは!
O3は遊ぶだけでなく、ちゃんと学問もするのです。遊ぶだけではバランスのとれた人間にならんからですね。なんちゃって、交通法規の教室も、あと一回でネタ切れですけどね。
のぶ
2014/03/04 20:33
なるほど、そうでしたか。〆(._.)メモメモ
自分は状況に応じて@〜C全て走行した事があります。
@以外は違反では?と思っていました。
特にAの走行が多いのですが、後ろめたく走ってました。
これで堂々とAを走れます!
ありがとうございました!
みきたか
2014/03/06 22:05
みきたかさん、こんにちは!
わたしも状況に応じて@〜Cですね。Cが悪いなんてまったく思いませんでした。適法だとわかっていても、Bは、特に左折のみの信号がある場合などでは自動車からどなられそうで、やろうと思わないですね。
のぶ
2014/03/06 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
「左折レーン」の問題 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる