くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS わしらのドーピング

<<   作成日時 : 2014/02/13 18:26   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 16

競技スポーツ界に暗い影を落とすドーピング問題。同じ『癌からの生還者』として尊敬していたランス・アームストロングも、『ツール・ド・フランス総合7連覇』を始め多くの栄光を失った。
画像


国際オリンピック委員会 (IOC) が開催した「スポーツにおけるドーピングに関する世界会議」において採択されたローザンヌ宣言に基づき、1999年11月に設立された、「世界アンチ・ドーピング機構(WADA)」。禁止薬物リスト・検査・分析などの国際的なドーピング検査基準やドーピング違反の罰則規定の統一化、アンチ・ドーピング活動に関する教育・啓発活動等を目的としている。
画像


禁止薬物リストに含まれる薬剤は、その作用として、筋肉を増強するもの、心臓の動きを増強するもの、血液中の赤血球を増やすもの、精神を高揚させるものなどで、いずれも競技力の向上に影響するものであり、違反者は後を絶たない。

一方、わしら中年サイクリスト、それも競技などには無縁で、「行って、観て、聴いて、食べて、記録する」などを主な楽しみにしている者にも、『ドーピング』が必要な場合がある。

『こむら返り』の予防・治療である。
画像


『こむら返り』は、筋肉に発生する強直性けいれんで、筋肉の疲労に加えて、発汗による水分喪失やミネラル不足、加齢に伴う血行障害などで生じるといわれている。

個人的には、『こむら返り』ではなく、『からすまがり』と言っていたが、これが方言だったとつい最近知った。

とにかく、この『こむら返り』を起こすと、楽しくサイクリングどころではなくなる。

『こむら返り』は『こむら(腓:ふくらはぎ)』だけでなく、足の裏、太ももなどでも起こる。

わたしも数年前から足の裏の筋肉がサイクリング中に『こむら返り』を起こしそうになることがある。

そんな厄介な『こむら返り』・・・その予防にも治療にも有効な漢方薬がある。

『芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)』である。
画像


芍薬甘草湯は、牡丹の仲間の芍薬
画像
の根と、甘い草と書く甘草(かんぞう)
画像
の根を煎じて作られた漢方薬である。

今から約1700年前に書かれた「傷寒論(しょうかんろん)」という漢方の古い本の中で、「芍薬甘草湯を与えると痙攣した足が伸びる」と書かれており、この頃からすでに「こむら返り」の治療薬として使われていたことが分かる。

芍薬甘草湯は、芍薬に含まれるペオニフロリンのカルシウムイオンの細胞内流入抑制作用と甘草に含まれるグリチルリチン酸のカリウムイオン流失促進作用による筋弛緩作用が、予防効果と、頓服での即効的な効果(疼痛消失まで約3分)を示し、汎用されている。

本場中国では乾燥したものを煎じて服用するが、煩雑なため、日本ではそのエキスを顆粒状あるいは錠剤にしたものが市販もされている。
画像
画像


病院で診察を受け、処方してもらう場合と比べると、支払う金額に大きな差はない。

ただ、市販品の場合は1包あたり1.5g〜1.8g程度であるのに比べ、病院で処方してもらうものは2〜3gとやや多目になっている。
画像
画像
画像


「甘草」に含まれる成分(グリチルリチン酸)には、まれに、血液中のカリウムを低下させたり、むくみや血圧上昇といった副作用もあるので、使い過ぎには注意が必要。

それに、脱水やミネラル不足が原因と思われる場合は当然それらの是正が第一。

それでも「『こむら返り』が起きそう!」あるいは「起こった!」と言う時は、同行のわたくしめにお声をかけていただけば、いつなりと・・・。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
僕も頻繁に足がつるほうなのでツムラの68番愛用しています。芍薬甘草湯はいろんなところから出てるんですね!
カリウムが不足しているから足がつると勝手に思い込んでいましたが、甘草がさらにカリウムを低下させるのなら今まで信じていた持論は間違いだったんですね。

68番。これで僕の中のプラシーボなプラセボ効果も消えてなくなりそうです、、足攣りまくり。かも^^;
KEN
2014/02/13 19:04
KENさん、こんにちは!
今日は、正午頃から雨の予報でしたので、その前にO3'sCafeに行こうとしましたが、木山川から県道23号線に出たところで小雨がパラつきだしたので、帰りました。残念!
いつか、北九州のイベントのレポートでKENさんが、ドーピングしているのを見て、わたしもドーピングの道に入ってしまいました。きっかけを作っていただき、ありがとうございました。
のぶ
2014/02/13 19:30
こんばんは。
今日は雨で残念でしたね。
私も最近薬とカット絆は持って行くようにしました。
出来る女と思われたい、という下心があります。
でも今のところ出番はないです。

漢方薬は不味そうなイメージがあって、飲んだことがありませんでした。
私も持っていこう。
ちよ
2014/02/13 19:53
こんばんは!
おっと、専門を活かしての自転車と関連づけたblogですね。
O3御用達医療よろず相談blogになっては恐縮ですが、
”こむら返り”の話題につられて少し自分の状態を書かせて頂きます。
この数年、寝ている時にかなりの頻度で”こむら返り”になるんですよ。
(正確にはなっていた)
まさしく、ふくらはぎが痙攣して夜中に叫びたいほど痛い。
ネットで調べると、どうも糖尿病患者は起きやすいとの事。
血糖値はアラーム(検診にて)なのでその影響か。
最近はコツをつかんで寝ていてもその前兆を察して一歩手前で”こむら返り”
は防止しています。(なんと言うか寝ていての無意識な背伸びをしない)
ツムラはかぜ気味の時に”葛根湯”にお世話になってます。
”芍薬甘草湯”も常備薬に加えときます。
ちなみに、今のところ目覚めている時には”こむら返り”になった事は無いです。
みきたか
2014/02/13 20:42
ちよさん、こんばんは!
今日は小雨がポツリと落ち始めたので、県道から北へ坂を登ったら、最近ちよさんが練習に走っている直線道路に出たのでわたしも負けずに時速30km以上をキープするように走ってきました。
医療品はあとハイドロコロイド系の絆創膏を持ってゆきたいけど、大きいものは嵩張りますから躊躇しています。
のぶ
2014/02/13 20:54
みきたかさん、こんばんは!
「こむら返り」には確かに糖尿病が隠れている場合がありますね。健診の時の細かいデータは今度伺うとして、寝ている間の「こむら返り」には予防として例の漢方薬を寝る前に服用するのがよく効きますので、あんまり続く時は試してみる価値はあります。あと、つま先が伸びるような格好になるとこむら返りになりやすいので、掛け布団を軽くするとか、横向きで寝るような工夫をするとかで予防できるって話もあります。
のぶ
2014/02/13 21:02
こんばんは。
こむら返り、自分は「つる」と言っていましたが、こむら返りが正式なんですね。
走っている時にこむら返りになりそうな時がありますが、なってしまうギリギリの所をキープしてそのまま走ると、いつの間にか治まってしまいますね。
あっ、糖尿病はその気配も持っていませんが、なりやすいです。
脱水、ミネラル不足等は知りませんでしたので、これからは注意して走るように
しますね。
専門家のアドバイス、非常に助かります。
これからも色々とお願いします。
1008
2014/02/13 21:46
こんばんは!
アームストロングの件は非常にショッキングな出来事でしたね。
ところで、こむら返りの漢方薬ってあるんですね。そのうちお世話になるかもです。
以前、天草サイクルマラソンの途中、若者にこむら返りがおこり、たまたま持ち合わせのテーピングを施したことがあります。 しかし、それから一向にそのような人に出くわさないので、サドル下バッグがぎゅうぎゅう詰めになることもあって持ち合わせておりません。 ただこの記事を読ませて頂いて、やっぱ入れておきましょうかね。 最近、膝を痛める方も多いし。(笑)

今日は悪天候だったのでノブさんどうかな〜、と思ってました。
来週こそは晴れるといいですね。
アンカー星人
2014/02/13 22:44
こんばんは。
幸福な事にサイクリング中にこむら返りになったことは有りませんが
よく帰宅後の大腿部に前兆が現れます。「あっ!攣りそう!」と。
先日、回避出来ずに、もっ悶絶後絶叫。
ふくらはぎは、ワザと攣らせてみてます、すぐ直せるので。
まあ、水やミネラル等が足りないんだろうなと思っています。
ハンガーノックにもなるのでコントロール出来取らん証拠でしょう。
ほっしー
2014/02/13 23:54
1008さん、こんにちは!
わたしもギリギリのところで無理をしないようにしていると治まることがほとんどですね。
学生の時、部活でバスケをしていたのですが、試合の後半になるとよく足がつっていました。当時は試合中も水分はできるだけ摂らない、しかも摂るのは水だけでしたので、ミネラル不足になっていたのでは?と思っています。
漢方薬は、その人の体質(漢方では『証』と言っている)によって効き方が違うので、脈をとったり、舌の裏側を観て分類する必要があるんですが、わたしは専門家でないので、そんなことはできません。ただ、この芍薬甘草湯に関してはどんな『証』の人にもよく効くので、よく処方しています。
のぶ
2014/02/14 07:42
アンカー星人さん、こんにちは!
おおっ!ドーピングでなくてテーピングで「こむら返り」の処置をするって、何か、カッコイイですなあ。薬物治療って言っても、結局、薬が治しているわけですので、アンカー星人さんみたいに、技で治療をするってすごいと思います。
今度ご一緒するときは、テープだけでなく、いざという時のために、松葉杖とか背負ってきていただけると完璧なんですが・・・(笑)。
でもマジで、グループの中にそういう方がいると心強いですね。
木曜日・・・次週は晴れて欲しいです。
のぶ
2014/02/14 07:49
ほっしーさん、こんにちは!
ほっしーさんは太腿がつるんですね。数年前、サイクリングでご一緒した方が両方の大腿をつらせて立ち往生したことがあるのですが、その時はまだドーピング薬を携帯していなくて、『大丈夫ですか?』と言うだけで歯がゆい思いをしたことがあります。
日頃の体調管理を含め、途中の体調管理、いざという時の携帯品など、サイクリングも奥が深いですね。ただ、グループでのサイクリングでは、「他のメンバーに迷惑をかけては・・・」と気遣う余り、不調を言い出せなくなって・・・という事が時にあるみたいですね。
そんな事にも注意をしないといけないと思っています。
のぶ
2014/02/14 07:56
お久しぶりです。
クラシエの芍薬甘草をブルべで愛用しています。
以前はアミノバイタルプロを飲んでいましたが、人工甘味料が入っているので切り替えました。長い距離になるとどうしても食べ物だけでは追いつかない気がしがして、気休めでしょうが飲んだ後は脚が回るようになります。
hori
2014/02/16 20:07
horiくん、こんにちは!
スーパーランドナーのhoriくんも、ちゃんと使ってるんですね。ブルベも距離が長くなると、口にする物の違いでパフォーマンスやその後の回復具合も大きく違ってくる可能性がありますよね。あれだけ長い距離を何度も走るスーパーランドナーが「脚が回るようになる」と感じるんだから、あながち「プラセボ効果」とは言えないと思います。
のぶ
2014/02/16 20:37
のぶさん こんばんは 僕はふくらはぎが攣る事はあまりないですね どちらかと言うと内転筋?腿の内側が攣る事があります ロードバイクに乗り始めて最初のロングライド 逆単身赴任先の福岡から熊本の自宅にバイクで帰った事があるのですが6月の梅雨時期で雨に降られ体が冷えていたのですが その時難関の手前(製材所のような所で)でこむら返りが起り偶々持ち合わせていたテーピング剤を強めに巻きつけて凌いだ事があります でも新大牟田駅から新幹線で帰りました^^;・・・なんのこっちゃ・・・・

2014/02/16 23:49
Oさん、こんにちは!
人吉出張、お疲れさまです。そろそろティーバッグの効果が現れてmottea製茶依存症になってきました?
Oさんは太腿派なんですな。太腿派の人たち(3人しか知りませんが)の特徴を解析すると、色白で肌がつるっとしているような・・・。関係ないか?
テーピング材を巻きつけると治るのかぁ。いつか、ヤクを持ってないときに攣ったらやってみようっと。
のぶ
2014/02/17 08:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
わしらのドーピング くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる