くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿保峠の『くすめき地蔵』

<<   作成日時 : 2013/12/05 18:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

近代医学が発展する以前、人々がどうやって病気や怪我と対峙してきたか、職業柄、大変興味がある。

自転車に乗るようになって訪れた神社仏閣などでも、その一端をうかがい知ることができる。

熊本で有名なのは、嘉島にある甲斐神社、通称、足手荒神。
画像

手足を負傷して死んだという武将・甲斐親英(宗立)を祀ったもので、今も手足の怪我や病の回復祈願をする人の足が絶えない。

この嘉島の足手荒神を分祀したものが、大津(KENさん実家のすぐ近く)や、
画像

和水町(旧・三加和町には『からだにまつわる八つの神様』がいらっしゃる)、
画像

阿蘇の狩尾峠(ラピュタ)への坂道の途中の長者ヶ丘公園にもある。
画像


他にも、嘉島の本家とは関係なさそうな足手荒神が、山鹿の不動岩の下
画像

それに先月、散策をした阿蘇・坊中の西巌殿寺にもある。
画像


坊中と言えば、踊山神社には『スジ(てんかん)の神様』がいらっしゃる。
画像
同じく『すじの神様』が不知火町永尾の古屋敷地区にもいらっしゃる。
画像


また、必死に上った阿蘇の田子山(たんごやま)の山頂には、祈れば結核予防になるという青面金剛(しょうめんこんごう)が祀ってあった。
画像



少々前置きが長くなったけど、本日のポタリング・・・

宇土半島の付け根、轟水源のある轟から網引へ抜ける山道に、阿保(あぼ)峠がある。
画像

その峠には、『くすめき地蔵』が祀ってあるらしいので、見に行く事にする。
ちなみに『くすめき』とは熊本の方言で、『百日咳』のこと。

午前7時半頃、クロモリロードバイクで出発。いつものように出水ふれあい通りを経由して浜線バイパスに出て、中の瀬橋を渡り、加勢川沿いの道を走る。朝の冷え込みのために川面から湯気がでてきるように見える。
画像
県道182号線に左折して釈迦堂橋を渡り、赤見の交差点を右折。富合町の志々水地下道を通って、道なりに進み、走潟に抜けて、新装開店したセブンイレブンで燃料補給。
画像
店内にはイートインスペース(椅子4つ)が出来ていて、感激!
画像

次郎兵衛橋を渡って農免農道に入り、しばらく走って左折。国道57号線を渡り、網津小学校のところから県道58号線に入って坂を上る。網引の集落の先から左折して赤木橋を渡る。
画像
集落を抜けると、道が狭くなり木立の中へ。
画像
路面には鶏卵大〜手拳大の石が所々に転がっており、それを避ければロードバイクでも問題ない状況。
画像
九十九折の坂を上り、野鳥の声を聞きながら、峠に到着。
画像
約150年前に造られたというお地蔵さんは、『くすめき(百日咳)に効く』という役目はもう終えただろうが、変わらぬ微笑で、峠を行く人たちを見守り続けることだろう。
画像
峠から横に少し上がったところに、江戸時代の宇土地区の村共同体の発展を示す板碑が立っている。
画像
轟側へ下ってゆくと、こちら側の路面は比較的良好。
画像
道をグネグネ下って、左折し、轟水源に立ち寄りボトルに給水。
画像
ここまで、予定より早く来たので、いつか辿り着けなかった、横綱・不知火諾右衛門(しらぬいなぎえもん)の墓を見に行く事にする。
画像
ところが、今回もこの後の案内板を見つけられず、諦めかけていたところにやってきたお母さんに場所を聞くと、先導してくれた。
画像
画像
坂をのぼって、階段を上って、お墓に辿り着く。
画像
そう言えば、今日は、大相撲・熊本場所が開催されている。横綱の白鵬も日馬富士も土俵入りは、この諾右衛門が始めたという『不知火型』である。

そこから宇土の街を抜けて、富合の新幹線車両基地の近くに昼飯を食いに行く。
画像
いつか、『くまサイ』の後で来たが、生憎、定休日で涙を呑んだことがある。

荒尾のリーフさんお薦めの、『マグロカツ丼・小盛り・680円』をオーダー。
画像

実は、あんまり期待していなかったんだけど、すごく美味しい!
マグロは赤身だろうと思っていたら、なんと、白身!しかも中心部はピンク色の『レア』状態で、とても柔らかい。店長に、マグロの種類を聞くと、「『ビンチョウ・マグロ』の、とろを使っています。」とのこと。

これはリピーターになりますな。

とても満足して、店の裏からウキウキロードに出て、東へ進み、城南の旧道を左折し田舎道を抜けてめど町橋を渡る。

前日、ネットでググっていたら、『くすめき地蔵』なるものがもうひとつ、嘉島町の鯰にある『三社宮』の前にもあるらしいので、見に行く。

今朝渡った中の瀬橋の脇にある三社宮の木立。
画像

その斜め前にひっそりと立っている、もうひとつの『くすめき地蔵』。
画像

こちらの地蔵さんの顔は後から造ったものらしいけど、このお地蔵さんに手を合わせた昔の人たちの祈りの気持ちに思いを馳せて手を合わせ、朝来た道を帰った。

本日の走行距離:71.5km

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
今日はお天気が良かったのでどちらかな?と思っていました。
今まで廻られた荒神さんがブログで全部つながった感じで読んでいて感動しました。
我が家の近くの荒神さん。そのいわれも知りませんでしたし。

とうとうセブンにもイートインスペースが出来たんですね!とろやにもまた行ってみたいです〜
KEN
2013/12/05 19:15
おひさしぶりです。こんばんは。
荒神さま、僕にもその力を…笑と思いながらブログを読んでいました。
1/19の熊本200kブルべの時に、とろやに行ってみたいものです。おいしそう!
ryuuta19
2013/12/05 21:33
KENさん、こんにちは!
昔は、神頼みしかない病気ばかりだったんでしょうが、今は神頼みしかない病気も少なくなってきて、忘れ去られる神社仏閣、お地蔵さんが増えるでしょうね。
走潟のリニューアルしたセブンは、店員のおねえさんたちの美人度も心なしかアップしたような気がします!
のぶ
2013/12/05 21:49
ryuuta19さん、こんにちは!
お久しぶりです。相変わらずブルベ、頑張っていらっしゃるようですね。
速回しの動画が面白いです。

足手荒神信仰というは、福岡、大分、熊本、それに秋田にあるとか・・・。
嘉島町の手足荒神の社殿にはキプスとか松葉杖とかも沢山奉納してあります。

とろやのマグロカツ丼はわたしは小盛り680円でしたが、ブルベ完走前後なら、大盛り980円をお薦めします。
のぶ
2013/12/05 21:58
こんばんは!
木曜日の昼休みは空を見上げる癖がついてしまいました。
今日は絶好のサイクリング小春日和。
のぶさんは何処かなと思っておりました。
またまたマイナーな峠越えと神社案内は参考になります。

最近のコンビニにはその場で食べられるスペースがある店もあって
早朝出発などではとっても重宝しますね。
”まぐろ”はやっぱ生でしょう!な感じでしたが、
『マグロカツ丼』は評判だけの事はあるようですね。
みきたか
2013/12/05 22:10
こんばんは。
う〜ん。凄い情報収集ですね。
それに阿保峠、いくつか地図を見ましたが、載っていませんでした。
地図だけ見ていたら、このようなルートは考えなかったでしょうね!
でも、その峠を通って、三角までの山中ルート、おもしろそうですね。
今度計画してみます。
1008
2013/12/05 22:28
今回は医学と歴史とサイクリングのコラボですか・・・。
何にも考えず、ただがむしゃらにペダルを回している自分とは大違いで、、、テーマが凄いです。(^^:)
「百日咳」のことを方言で「くすめき」って言っていたんですね。 
それにしても、とろや・・・一度行かねばです。
最後の〆・・・さすがです。
アンカー星人
2013/12/05 22:42
みきたかさん、こんにちは!
昨日は絶好のサイクリング日和で、できればロングライドしたかったんですが、昼過ぎから用事があったので、マイナーな峠攻めに薀蓄(うんちく)をつけてレポートしてみました。
とろやのマグロカツ丼はお薦めですよ。
のぶ
2013/12/06 07:58
1008さん、こんにちは!
今年の春、轟水源付近から不知火の永尾(えいのお)へ抜ける山道を現地で探していて、『阿保峠』の案内板を見つけ、上ってみました。轟側から上ると、阿保峠の数百メートルほど前にもうひとつ峠のような箇所があり、はずかしながらその時は、そちらの方を阿保峠だと思っていました。当然、地蔵さんや板碑の存在にもまったく気がつきませんでした。先日、大岳山に上る時に山歩き関係のブログを読んでいて『くすめき地蔵』の存在を知った次第です。
のぶ
2013/12/06 08:06
アンカー星人さん、こんにちは!
ペダル回してる他に何かをコラボさせて、しかも写真を撮らないとブログネタがないんですよ、わたしの場合。ま、それでも休日での良いリフレッシュになっていますので、『これでいいのだ!』と自分を納得させてます。
マグロカツ丼、それほど期待してなかっただけに、意外な美味しさでした。店長さん、店員さんの感じも、お店の雰囲気も良かったです。それだけに、夏の汗臭いレーパン姿ではちょっと気がひけるかな?
のぶ
2013/12/06 08:19
こんちわ!
昨日はホントにポタリングにうってつけのぽかぽかとした良か天気でしたね…諾右衛門の墓の周りのウロウロはわかるけれどとろやのあたりでのそれがわからんですけど・・・
Benbow
2013/12/06 08:53
おはようございます。
不知火型はそういうことだったんですね!熊本にその地名はあるけどなあとは思っていましたが・・・
お母さんの先導がいいですね(先日の03TTの白バイ先導はなかったようですが)
お母さんのママチャリをのぶさんがロードバイクでついていってる姿を想像して一人でニヤニヤしてしまいました。
mottea
2013/12/06 09:15
Benbowさん、こんにちは!
ややっ!さすがBenbowさん、気づかれてしまいましたか。実は、とろやの開店時間(午前11時30分)の20分前に到着してしまい、時間潰しに新幹線の車両基地を覗きに行ったり、周囲をウロウロしたりしていたのです。
ポタリング中に愛人宅にお忍びしたら、嫁さんはだませても、Benbowさんにはしっかり気づかれそう・・・。KENさんじゃないけど、GPSロガーも考えもんですな。
のぶ
2013/12/06 17:17
motteaさん、こんにちは!
熊本には、もうひとり、大津出身の第11代横綱・不知火光右衛門がいます。こちらは美男子だった上に、不知火型の土俵入り姿が一番美しかったとか・・・。
ところで、この土俵入りの『不知火型』と『雲竜型』ですが、どうも、何かの手違いで、本来のものと入れ代わって伝わってしまっているらしいです。つまり、不知火諾右衛門が始めたのは、今で言う、雲竜型の土俵入りスタイルだったとか・・・。
変な話ですね。
のぶ
2013/12/06 17:23
おはようございます。
へー不知火型と雲竜型は本来逆だったんですね!
日本の歴史って後で解釈が変わったり、結構適当なことおおいですもんね。
しかし、なぜ逆に・・・ホント変な話ですね。
mottea
2013/12/07 10:22
motteaさん、こんにちは!
ネットの情報によると、昔、相撲協会の重鎮に、ちょっと変わった人がいて、その人が言い張ったもんで、不知火型と雲竜型が入れ代わっちゃったらしいです。
歴史上、時々そんなことがあるみたいですね。上野の西郷さんの銅像の顔はぜんぜん違うとか、織田信長の顔はぜんぜん違うとか・・・。それもまた面白いですね。
のぶ
2013/12/07 11:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
阿保峠の『くすめき地蔵』 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる