くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 新たにアイウェア

<<   作成日時 : 2013/11/10 19:49   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 18

小学校の時から大学の頃までは、眼だけは良かったのに、その後、パソコン画面を見つめ過ぎたせいか、35歳頃に乱視になってしまい、以後は眼鏡生活。おまけに50歳頃から老眼がひどくなり、遠近両用眼鏡のお世話になる。

その後始まった自転車生活。ロードバイク購入後に奮発して買ったアイウェアはRudy Project。
画像


調光レンズはハイカーブなので度をつけるのが難しいらしく、乱視用のレンズは別付け。
画像


『遠近両用レンズは?』と聞いたら、『それは無理です。』と言われた。ネットで調べても、当時は遠近両用のスポーツサングラスは見当たらなかった。

近くが見難かったものの、それでも何とか見えていたけど、次第に老眼が進行して来たため、遂に老眼鏡を別途購入。
画像
100円ショップで買ったもので、これならサイクリング中に壊したり、無くしたりしても痛くない。
画像


ところが乱視もあるので、乱視用のレンズに重ねて使用しないと、どうも見えない。
画像

ポタリング先のお食事処などでこのような状態だと、流石にやや恥ずかしいと思っておった。

先月、日常的に使用する遠近両用眼鏡を作り直した時に、Y眼鏡店のおっちゃんが、指先だけ日焼けしている私の手を見て、『この日焼けは何をされるのですか?』と聞くもんだから、『サイクリングです。』と言うと、『それなら、これはいかがですか?』と紹介されたのが、NIKEのスポーツサングラスで遠近両用眼鏡が18900円で、色をつけると+1000円だという。

史跡めぐりポタなどでは色が付いてない方が良いと思い、早速購入。
画像


Rudy Projectの重さが42gくらいのに比べると半分の21gくらい。

ここ数回のサイクリングに使ってみて、いい感じなんだけど、下り眼に当たる風が強く感じるような・・・。

自転車専用のに比べると、レンズの面積がやや小さいからなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時

元気よく遠くへ走っておられますね!!今日のテーマ「遠近両用メガネ」・・・スポーツ用はレンズがプラスッチクですか?
私は通常の遠近両用メガネをサイクリングのときも最近使用を始めましたが特に不便は感じません。レンズがガラスと言うことに引っかかりを感じているのですが。
田上
2013/11/11 09:18
田上さん、こんにちは!
お久しぶりです。ご無沙汰しておりますが、かいさんのブログから、いつもKSC(熊本シニアサイクリングクラブ)の活発な活動のご様子を拝見しています。
さて、最近購入したナイキのスポーツサングラスですが、レンズはもちろんプラスチックです。もう少し本格的なサイクリング用のスポーツサングラス(遠近両用可)もヨネザワには売ってあり、それは25000円くらいでした。ただし、そちらのタイプは色付きのみで、色なしのレンズはないそうです。
のぶ
2013/11/11 18:32
初めてコメントさせていただきます。

今日か、明日金峰山にクロスバイクで行こうと思うのですが、
坂を登りきることができるとおもいますか?
チョコさん。
2013/11/12 00:58
チョコさん。さん、おはようございます!
はじめまして。コメントありがとうございます。
いい質問ですね・・・。
クロスバイクということは普通、前3段、後8段くらいのマウンテンバイク用のギアがついていて、ペダルは普通の自転車と同じ、フラットペダルですよね。
フラットペダルは引き足が効かないので、その点きついですが、軽いギアで登ればだいじょうぶ!
本妙寺から登るのであれば、峠の茶屋まではそれほど傾斜のきつところはありませんが、島崎の鎌研坂経由であれば、荒尾橋から左に上がるあたりがきついですね。
峠の茶屋から先では右側に浄水槽のような銀色の装置がある付近と、それから頂上近くの駐車場から頂上までの坂が、わたし的にはつらいかな?
ただし、頂上まで上りきることも大事ですが、この時期、上りで汗を多量にかいてしまうと、下りで冷えて、つらい思いをします。汗をあまりかかなくてすむように、こまめにウェアの着脱すること、それを脱いだウェアを収納するナップサックのようなものを必要に応じて持参するのが良いと思います。
あとはエネルギー切れにならないようにご注意を。
では、登頂のご報告を楽しみにしてます。
のぶ
2013/11/12 07:41
おはようございます!
こないだお話聞いてて思ったんですが、いつも使われてるRudy Projectの別付け乱視用のレンズを遠近両用にすればどんなに度が変わっても、いいサングラスだからいつまでも使えそうな感じがしたのですが、、

Rudy Projectの調光レンズは変色が速くて高級なレンズが付いてるなといつも思いながらのぶさんのお顔も見ていました^^
KEN
2013/11/12 07:59
KENさん、こんにちは!
Rudy Projectは、購入時に『遠近両用にはできません』と言われていたので、頭になかったのですが、先ほどネットで調べたら、遠近両用のレンズもつけることが出来るようになってるみたいです。早速、購入した北熊本の中原眼鏡店で相談してみます。
コメントありがとうございます!
のぶ
2013/11/12 12:29
ただいま帰宅しました。
一言で言うとクロスバイクで金峰山を登るのは自殺行為だということですw

昨日、自分の地元である菊陽から熊本港まで言ったので足に疲れが残っており大変でした(´・_・`)

まず、一号線の上り坂で相当膝にきました(´・_・`)

頂上へ続く最後の坂は流石に自転車を押しました。

すごくロードが欲しいんですが、まだ予備校生の身分だし結果が出ないとバイトできないので、我慢です(´・_・`)
チョコさん。
2013/11/12 19:25
あらら?チョコさん。さんは予備校生だったとですか?
予備校生は勉強が仕事なので、早く大学生になってバイトしてロードバイク買いましょう!
そう言うわたしも予備校時代は女の子に恋しとったりしたので、あんまり偉そうなことは言えんです。
とにかく今は我慢ですな。
勉強に飽きたら、またコメント書き込みお願いします(笑)。
のぶ
2013/11/12 21:46
もう、受験全部終わったんですよ!
今は、結果待ちなのです!

なので、時間が余るので自転車始めようかなというのがきっかけなんです(´・_・`)
チョコさん。
2013/11/12 22:40
あらら?もう受験終わったとですか?
こりゃあほんとに失礼しました。でしょうねぇ。受験前に金峰山自転車で登るなんて、普通しませんよね。
それなら、金峰山の次は、俵山に挑戦しては?眺めは金峰山よりずっといいですよ。
のぶ
2013/11/12 23:03
トンネルの先まで行くのですか?
チョコさん
2013/11/12 23:11
チョコさん。さん、おはようございます。
トンネルはくぐりません。西原の交流館『萌の里』から1キロちょっと行くと左側にゴルフ場があり、その数百メートル先の右側に俵山峠への上り口があります。そちらへ行くと車も少なく、良い眺めで上ることができます。
今日はお疲れでしょうから明日にでも・・・。明日でよければ、わたしは休みですので、お付き合いしてもいいですよ(笑)。
のぶ
2013/11/13 07:43
おはようございます。
すいません。足が筋肉痛なのでまたの機会にお願いします(´・_・`)

まずはクロスバイクのタイヤを23Cに帰るところから始めたいです!
チョコさん。
2013/11/13 07:53
チョコさん。さん、了解しました。
そうですね。自転車に乗ることも大事ですが、メンテナンスとか、故障の時の対応能力も大事です。
脚が疲れている時は無理せずに自転車をいじくって楽しんでくださいね。
ではまた。
のぶ
2013/11/13 08:03
こんにちは! スポーツサングラスって凄く軽いんですね。
視力回復の飲み薬とかあればいいんですけどね。
アンカー星人
2013/11/13 08:13
アンカー星人さん、こんにちは!
スポーツサングラスは軽いですね。Rudy Projectは倍あるんですけど、落車した時などの眼の事故を考慮して、ちょっとやそっとじゃ壊れないような強度にしてあるんだそうです。落車の危険性が少ないポタリングなどではスポーツサングラスを着用しようと思っています。
のぶ
2013/11/13 17:09
いいレンズに巡り合って良かったですね。
ペプシン
2013/11/15 07:36
ペプシンさん、こんにちは!
アルバイト、お疲れ様です。眼鏡はしばらく着用してみないとわかりませんが、ナイキのスポーツサングラスは着用しているのを忘れるくらい軽くって今のところはいい感じです。最近のサイクリングはナイキの方ばかりです。
のぶ
2013/11/15 07:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
新たにアイウェア くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる