くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS こぼし坂経由・金峰山

<<   作成日時 : 2013/09/08 14:34   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

今日は生憎の曇り空で、にわか雨の予報も。「こんな日は、やっぱ、近場の金峰山かな?」と午前7時過ぎ、クロモリロードバイクで出発。金峰山へは鎌研坂(かまとぎざか)を上ることが多いが、今日は久しぶりに、『檜垣のこぼし坂』を上ることにする。

新屋敷経由で白川沿いの道を走る。
画像

歩行者・自転車専用の世安橋を渡り、田崎の裏道を通って坪井川沿いを走る。
画像
その後も裏道を通って松尾東小学校方面へ上って行く
画像

小学校の上の交差点。ここを過ぎると激坂区間が始まるが、今日は何だか調子が悪く、すでに息が荒くなっている。いよいよ始まる激坂区間。
画像
画像
ここは、ただ上るだけでも、ほんと、きつい!
画像
画像
画像

そして激坂区間が終わると、オアシスのような水場。
画像
画像
先日の降雨の影響か、水の勢いも良さそう。
画像
画像

息を整えて、再出発。200mほど進んで霊巌洞方面へ右折。この辺りは路面が湿っている。
画像
二の岳、三の岳は雲に覆われているけど、青空も顔を覗かせている。
画像
岩戸の里を過ぎて突き当たりを右折してしばらく走り、県道1号線に合流し、峠の茶屋へ。交差点で、高校生らしいローディー達が練習中の休憩をしている模様。その後、オートバイに先導されて、芳野方面へ元気に上っていった。
画像

空模様からは、まとまった雨はなさそうなので、こちらも老体に鞭打って大将陣へ上がり、トイレ休憩。
画像
さらに登山道をひたすら上る。
画像
折角上ったものの、頂上からの眺望は案の定・・・。
画像
市街地方面も・・・。
画像
山頂売店のアイスクリームを食って頂上を後にする。
画像
ダウンヒルを楽しんで、峠の茶屋の近くの棚田。
画像
本妙寺方面に降りて、『秋の大祭』を間近に控えた藤崎宮を経由して帰った。
画像


本日の走行距離:44.9km

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
お天気なんとかもってよかったですね!我が家も高校最後の運動会でしたが無事に終わったようでした。明日もバイクに乗る時間がなくてストレスと脂肪がたまりそうです^^
Ken
2013/09/08 18:06
こんばんは!
こぼし坂の湧水ですか、ここも知りませんでした。
チェック入れておきます。
金峰山は南側(白川沿い)から向うのもいいかなと思ってました。
激坂は避けたいですが。
みきたか
2013/09/08 18:45
こんばんは。
檜垣のこぼし激坂を登ってさらに、金峰山ですか・・・
ペダルを漕ぐたびに前輪が浮く感じ・・・
こんな坂を押さないで登るのはのぶさんくらいのものでしょう。
ペプシン
2013/09/08 19:27
Kenさん、こんにちは!
日曜日のお仕事、いつもお疲れ様です。おや?折角の休日も御用がおありとなれば、たしかにストレスたまりそう!ストレスだと脂肪が燃えるのでなくて、逆に萌えるんですもんね。
のぶ
2013/09/08 21:47
みきたかさん、こんにちは!
こぼし坂は、なかなかの坂です。汗水たらしてやっとこさ上がってきた絶妙のところに水場があるんですよ。それもあって、それは美味しい水に感じます。
どうぞ一度、お試しあれ!
のぶ
2013/09/08 21:51
ペプシンさん、こんにちは!
わたしの脚力はそれほどのもんではありませんが、あの坂はゆっくり上っても、とてもきついです。わたしの上った1km以上続く坂の中では一番きついと思っています。
のぶ
2013/09/08 22:01
こんちわ!
上るだけでもキッツイのに写真も撮ってある…さすが、のぶさんだろ!
どうも前回の流れから水がご神体からほとばしり出ているように見えるのはボクだけか・・・
Benbow
2013/09/10 09:06
Benbowさん、こんにちは!
こぼし坂では、傾斜が緩やかなところでも自転車を漕ぎながらの写真撮影はスリル満点です。ん?ご神体?水場巡りも、神がかってきましたかねぇ・・・。
冗談はさておき、多くの水場で、水神様をはじめ、色んな神様がまつってあるのもうなずけますね。水は天からの授かり物。大切にしてゆきたいと強く感じています。
のぶ
2013/09/10 18:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
こぼし坂経由・金峰山 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる