くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇土半島ワンダーランド

<<   作成日時 : 2013/07/15 15:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 17

ロードバイクに乗り始めた当初、『宇土半島』と言えば、海岸道路をぐるっと回ることしか知らなかったが、内陸部に足を踏み入れると、なかなか面白い事が解った。Benbowさんが『ワンダーランド』と称する宇土半島の内陸部に今回も足を踏み入れる。

午前6時過ぎ、クロモリロードバイクで出発。いつものように出水ふれあい通りを南へ。画図の田舎道を走って浜線バイパスに出て、加勢川を渡る。
画像
すぐ右折し、加勢川沿いの道を西へ。流通団地からの県道162号に突き当たり、左折。釈迦堂橋を渡って南下。榎津のJAから右折し、ウキウキロードを宇土方面へ。松橋バイパスを横断し、鹿児島本線および九州新幹線をクロスしアップダウンを2つ越えたところで『不知火カントリークラブ』方面へ右折。
画像
いつかBenbowさんのブログに紹介されていて、初めて走る道。次第に登って行くものと思っていたら、相変わらずのアップダウン。不知火町長崎地区に降りて、坂を登ると左下に『道の駅不知火』が小さく見えてくる。
画像
しばらく上ってやっと『不知火カントリークラブ』に辿り着く。
画像

そこからしばらく左手に海を見ながらアップダウンを進む。
画像
農免農道の突き当たり(工事中)から左に下って、不知火町永尾(えいのお)の古屋敷地区に到着。
画像
ここには色々見所がある。
画像
画像
中でも、これに注目!
画像
先日、阿蘇のブッチャーKさんに連れて行ってもらった踊山神社の案内板にも「すじ」なる記載があったのだ。この『すじ』というのは熊本の方言で、『ひきつけ』とか『てんかん』とかの意味らしい。そして、『ひきつけを起こす』ことを『すじをひく』と言うのだ。

近くの水場、『清水川』で米をといでおられるおかあさんたちに『すじの神様』の場所を聞くと・・・。
画像
すぐ近くの、この家にあると。
画像

そこで、このお宅で声をかけると庭に通され、
画像
庭にある祠にその神様がおられるかと思いきや、その先の縁側に通され、そこにおられるのが『すじの神様』であった。
画像

この家のおかあさんによれば、いつの頃かはわからんが、子どものひきつけに効果があるということで、子どもがひきつけを起こしたらここに担ぎ込んでお祈りをしていたと。今は自動車で病院に連れて行くので、子どものひきつけは来んようになったが、首や足のすじが痛むひとは壷の水を痛いところにかけると効き目があるんだと。
画像
そこでわたしも賽銭を入れ、線香を焚いてお祈りをし、時々痛む右足のモートン病のところに壷の水をかける。
画像
厳粛なる儀式を済ませ、この家のおかあさんとお話をし、庭の祠について尋ねると、『馬の蹄』と言われる石が、『すじの神様』の下の地面にあったので、じいさんが、『これは庭に祀ると良い』と言う事で、息子が自分で祠を建てて中に祀っていると。
画像
なるほど馬の蹄のような窪みがあり、さらにその中央には何やら地蔵様のような突起があるようにも見え、思わず手を合わせて、『すじの神様』の家を後にする。

坂を下って、不知火町永尾(えいのお)の国道266号線に出て右折。すぐに松合地区に入り、右折して松合の街並みへ。
画像
ここまでで疲れていたら県道58号線で山を越えて帰るつもりであったが、まだ元気があるし、空にも適度に雲が出てそれほど暑くないので、松合の公園でトイレ休憩後、国道266号線に出て右折。しばらく国道を走る。
画像
海沿いのアップダウンを過ぎて郡浦(こうのうら)から右折し県道243号線に入る。上りが始まる前で右折し数百m進んだ左側にある郡浦神社。
画像
ここの池が確か湧水のはずだと思ったら、どうもあまり綺麗ではない。
画像
画像

後で調べたら、もうすこし上ったところに『赤木水源』なるものがあったらしいのだけど、それは今度のお楽しみ。

県道243号線を網田方面へ。
画像
峠の近くにある、いつも綺麗に掃き清められたお地蔵さん。
画像
くだりは杉木立の中。
画像
木立を抜けると網田の町が見えてくる。
画像
下って国道57号線に突き当たるところに、『寛政の津波供養塔』の案内板があったので、見に行く。
画像

宇土市デジタルミュージアムによると・・・

熊本県の災害碑のなかで,同一の災害による碑の建立数が群を抜いて多いものは,寛政の大津波による供養塔や記念碑で,熊本県内で74基確認できます。寛政4年(1792)に生じた普賢岳の火山活動により前山(眉山)が崩壊し,それにより引き起こされた大津波被害は有明海沿岸に甚大な被害をもたらしました。
犠牲者の数はおよそ肥前で1万人,肥後で5000人を数えました。『寛政四年四月朔日高波記』によると,宇土郡の合計死者数は1266人であり,大きな被害を被ったことがわかります。
この塔は,被害の大きかった玉名郡,飽託郡,宇土郡の3ヶ所に同種の供養塔が造立されたことにより,別名「一郡一基の塔」と呼ばれています。

近くの海岸からみる島原半島。
画像


国道57号線を住吉方面へ走って、長部田海床道路に立ち寄ると潮が満ちてきて道がなくなってきている。
画像


ここは大分麦焼酎二階堂のCMに使われた。


CMみたいに、潮が満ちる夕方に来て見たいけど、自転車では帰りが暗くなるからねえ・・・。

国道57号線から住吉神社方面へ左折し、田舎道を走り、いつものように次郎兵衛橋、平木橋を渡り、緑川沿いの道に右折。六間堰を渡り、加勢川・木部川沿いの道を走り、浜線バイパスに出て朝来た道を返る。
画像


予定通り、午前11時30分には自宅に帰り着いた。

本日の走行距離:92.0km

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
いや〜、のぶさんの紀行はプロの様相です。
阿蘇の踊山神社神社「すじ」から
宇土半島で「すじの神様」を訪ねて一般民家へ。
もうー、普通(?)のサイクリストの領域を大きく超えてまっせ。
だからこそ楽しませてもらってます、このblog。
みきたか
2013/07/15 19:20
こんちわ!
⬆そうそう、みきたかさんが言うように、出版が迫ってきてますな
ジャンル分けしとかんと
ドクターがスジの神様にお願いするのも良かったね!
Benbow
2013/07/16 07:23
お二人がおっしゃるように、素晴らしいブログですね!感動します!
僕は、ただひたすら走るしか能がありませんが、今後は少し余裕を持って走りたいと思いました(*^^*)
※本日は、ありがとうございました!
けいのすけ
2013/07/16 16:15
みきたかさん、こんにちは!
今回の「すじの神様」はBenbowさんのブログが頭の片隅に残っていて、さらに偶然にも坊中の踊山神社での「スジ」と出合った結果ですね。現代の熊本人の多くが「すじ」といっても「?」だったのですが、何とうちの嫁は「すじをひく」というのを知っていたのです。
のぶ
2013/07/16 21:24
Benbowさん、こんにちは!

何と言っても『困った時の神頼み』です。

出版かぁ・・・在庫が大量に残ったとか大変ですからねぇ。
ホームページ化する方が気が楽ですね。儲かりませんけど・・・。
のぶ
2013/07/16 21:28
けいのすけさん、こんにちは!
コメント、ありがとうございます。
今日はお疲れ様でした。
「ただひたすら走る」っていうのも自転車の楽しみ方のひとつです。
大したブログではありませんが、サイクリングに行く時の参考になれば幸いです。
こんごともどうぞ宜しくお願いします。
のぶ
2013/07/16 21:36
おはようございます!
すじの神様が普通の民家に祀られてるのがすごいですね^^

なぜかのぶさんのブログに書き込もうとするとスパムではじかれます、、今日も書き込みチャレンジですw
Ken
2013/07/17 09:49
やっと書き込み成功!「あまぞんから電子出版せんといかんですね、、」云々書いたので文字を変換した時にスパム扱いになったんだと思います。お騒がせしました〜
Ken
2013/07/17 09:52
ひゃ〜!よく走ってますね。山道を92kmも。しかも午前中だけで。
二階堂のCMもなんか旅情を感じていいですね。
壺の水効き目があったら教えてください、私も行ってみます。
でもそこまでたどり着く前にモートン病が痛くなりそう。
ペプシン
2013/07/17 13:19
何はともあれ私が踊山に連れていったからです!なんちゃて(笑)
ブッチャーK
2013/07/17 15:07
Kenさん、こんにちは!
わたしもコメントを書いていて、『山をえっちら登る・・・』の『えっちら』を片かなで書いたらはじかれて、どうしてなのか判らず、しばらく混乱したことがあります。ネットの世界も色々難しいもんですね。
のぶ
2013/07/17 21:07
ペプシンさん、こんにちは!
いえいえ、山道区間は数十キロくらいであとは平地です。ペプシンさんのブログみると大抵平均時速20km以上で走っておられますが、わたしは頑張ってもなかなか平均時速20kmいきません。
のぶ
2013/07/17 21:10
ブッチャーKさん、こんにちは!
坊中の踊山神社に連れて行ってもらったお陰で、Benbowさんのブログの古屋敷が繋がりました。お陰で面白い体験をすることができました。
そう言えば、ブッチャーKさんに連れて行ってもらった田子山の頂上には『結核予防の神様』みたいなものもありました。あそこにも秋にはリベンジせんといかんですね。
のぶ
2013/07/17 21:16
のぶさん、ご無沙汰してます。
のぶさん、こんにちは!
今、メールに気が付きました。コメント書き込むのは初めてですが、ときどき覗かせてもらってます。五月に父親が入院したという連絡を受けて、近況報告用にブログを立ち上げてみました。のぶさんのブログを見よう見まねで作成してます。ブログを意識すると走るコースに対する関心の向かい方が変わって、おもしろいですね。
seckey2go
2013/07/18 11:53
seckey2goさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。昨年の春、一緒に竹田まで輪行して帰りましたね。その豊肥線が8月4日に再開通するので、秋にでも今度は別ルートで竹田から熊本まで走りたいと思っていたところです。
seckey2goさんのブログ、楽しみに読んでいます。
そうですね。わたしの場合、最近はブログのために走っているような気もしてきます。
のぶ
2013/07/18 12:12
おひさしぶりです!
のぶさんのブログをみて、赤木水源に行ってきました。こじんまりとした神社にのぼる階段横のパイプから勢いよく湧水が湧きだしていておいしい水でしたよ〜
hori
2013/07/22 11:04
horiくん、こんにちは!
おっ!行かれましたね、赤木水源。
郡浦神社でなくて、山田水神社の近くで湧いているんだそうですね。
おいしい水だったら、今後は是非行き着かなくては・・・。
情報ありがとうございます!
のぶ
2013/07/22 18:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇土半島ワンダーランド くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる