くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬門石を目指してポタリング

<<   作成日時 : 2013/04/11 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

『馬門石』と書いて『まかどいし』と読む。

なんでも、日本では宇土市網津町の馬門(まかど)でしか採れない石なんだそうな。

富合町の井樋橋(いびばし)を見に行った時、使われている馬門石の淡いピンク色がとても印象に残った。
画像


宇土市 観光情報サイトによれば・・・

『今から約9万年前,阿蘇山の大爆発で流れ出た火砕流が冷えて固まって出来た阿蘇溶結凝灰岩のうち,宇土市網津町馬門付近に産するものを,馬門石(阿蘇ピンク石)と呼んでいます。

中国・近畿地方の有力豪族の棺が造られた古墳時代と,轟泉水道大改修に代表される江戸時代に最盛期がありました。昭和30年代に本格的な切り出しは行われなくなり,現在は雑木林に覆われ,苔むした石の破片が崖を覆っています。近年,馬門石の歴史の謎を解くため発掘調査に着手。5世紀中頃から7世紀前半の土器が出土しています。・・・ 』


そう言えば、宇土市網津から宇城市松合を結ぶ県道58号線を走った時に、馬門石の石切場跡の案内板を見かけたことがある。


前日の『曇りのち雨』の予報がいつのまにか『曇りのち晴れ、所によりにわか雨』になり、青空が広がっていたので自転車の虫が疼き出し、午前10時過ぎにクロモリロードバイクで出発。

どうせだから、石切場跡へ行く前に、城南・宇土方面の『行きたかったけど、まだ行ってなかった所』も廻る事にする。

いつものように、出水ふれあい通り経由、めど町橋・城南旧道経由で浜戸川沿いの道に入る。その頃になると、あらあら曇ってきて時折小雨がパラつき出した。
画像
突き当たりを左折し、道なりに進んで1km足らずで左折。道なりに進むと、『平井戸水源』に到着。
画像
昨年、城南町が熊本市に合併して新たに『熊本水遺産』に加わった水源で、崖の下のあちこちから水が湧いて池となっている。
画像
そこから少し東へ上って、錦郷川(にしきごがわ)沿いの道を下る。この辺りになると、また青空が見え出した。
画像
周囲にはレンゲ畑が広がる。
画像
塚原古墳公園・木原不動尊を経由しウキウキロードに入り、松橋バイパスとの交叉点近くの『洋食亭』に入る。
画像
お薦めの『オム&シチューセット』950円を注文。
画像
これはコストパフォーマンス悪かった。

宇土市内に入って、二つの宇土城跡を廻る。
画像
まずは近世宇土城跡(城山)。
画像
『歴女』に人気がある小西行長の居城跡で、ここへは何度も来ている。
画像
そこから西へ数百mの中世城跡(西岡台)へは初めて上る。
画像
近世宇土城跡と比べると、こちらの方が城跡らしい。
画像
画像
眺めも比較的良好。
画像
そこからさらに数百m西の轟水源へ。
画像

ここから宇土市街地へ5キロ続く日本最古の上水道設備である轟泉(ごうせん)水道の入り口。
画像
そしてその轟泉水道の一番末端の井戸が宇土市船場にある。馬門石が使われている。
画像

今朝の熊日朝刊によれば、この約5kmの轟泉水道の管理をしている人達が高齢化しており、しかも後継者がいないため、存続が危ういんだと。近くに住んでれば、お手伝いできるんだけど・・・。
画像


さて、その水道の最末端の井戸の、すぐ横にある船場橋。
画像
欄干に馬門石が使われている。
画像

さあいよいよ、その馬門石の石切場跡へ。

路側帯の狭い国道57号線をなるべく走らないようにして県道58号線へ。あじさいの湯のひとつ先の橋を案内板に従って右折。
画像
すぐに宇土市一番の巨木『歳の神の樟』の出迎えを受ける。
画像
先へ進んでゆくと段々に山間となる。
画像
ロードバイクのタイヤでは厳しくなりそうなところに『馬門石石切場跡』。
画像
大規模な採石は行われていないが、小規模な採石は行われている模様。苔むした岩の表面は普通だが割面は淡いピンク色。
画像
画像
割りに柔らかそうで、加工もし易いんだと思う。
画像
石切場のさらに山奥に、馬門石をふんだんに使ってある牧神社というのがあるらしいが、泥道なので行くのを諦め、帰路につく。

国道57号線を横断して次郎兵衛橋を渡り、走潟で国道501号線を左折。平木橋を渡って右折し、六間堰を渡って、緑川と加勢川の間の『菜の花ロード』を走る。
画像
川尻を経由して木部川沿いの道を走ったが、途中から工事中で、流通団地を経由して帰った。

本日の走行距離:78.5km

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日朝から天気が良かったので、のぶさん何処を入っているかなと思いながら、
家内と車に乗って、竜門ダムへ蕨狩りに行ってました。
鰐瀬の土鹿野に「平井戸水源」と言うのがあったのですね。
ここの水は飲めそうですか?
ペプシン
2013/04/12 08:46
こんにちは!またまた知らない場所が見つかりました。お天気はいまいちでしたが、いいコースを廻られましたね!
少し体力ついたら県南の水源めぐり(平地^^)を考えてみます。
ken
2013/04/12 12:43
先日はドモでした

県道五八号は時々山越えしますが、馬門石採石場はスルーでした。
いろんなルートのアイデア教えて頂きごっつぁんでーす
やまへろ
2013/04/12 17:12
こんちわ!
おもしろいもん見つけてくれましたね!
サイクロクロスバイクを注文したのでそいつがきたら
馬門石をふんだんに使ってある牧神社まで行ってみることにします!
Benbow
2013/04/12 17:26
のぶさん走ってますね! なんとBenbowさんシクロを注文したとは。それも英語のサイクロクロスと呼ぶとは!納車祝いしなきゃいけませんね。
ブッチャーK
2013/04/12 18:01
ペプシンさん、こんにちは!
ご夫婦で蕨狩り・・・相変わらず仲睦まじいですね。
平井戸水源は飲み水用の蛇口がありました。池は、ペプシンさん得意の足浸しには適さないと思います。
のぶ
2013/04/12 20:09
Kenさん、こんにちは!
昨日のコースは、距離はまあまあありましたが、ほとんどフラットで、天気の割には気持ちよく廻れました。
県南の水源めぐり・・・いいですね。廻られたら情報を教えてくださいね。
のぶ
2013/04/12 20:16
やまへろさん、こんにちは!
先日は朝の通勤中に、思わぬところで遭遇しましたね。本格的な格好だったので、てっきりポタリングに出撃中かと早合点してしまいました。片道16kmの自転車通勤とは格好の練習になりますね。わたしは片道9km弱だから、少しもの足りない。もっと道草しなくっちゃ!
のぶ
2013/04/12 20:20
Benbowさん、こんにちは!
サイクロクロスなら走行範囲がぐっと広がりますね。牧神社への道は、昨日の道路状況なら、ロードバイクだったらキャリバーブレーキに泥が詰まってしまうでしょうが、サイクロクロスだったらスイスイでしょう。
のぶ
2013/04/12 20:27
ブッチャーKさん、こんにちは!
Kさんに続き、Benbowさんもサイクロクロスを手に入れるのなら、私も・・・と行きたいところですが、嫁から「自転車はこれ以上一台も増やすな!」と恫喝されております。どこぞに秘密の駐輪場を確保しなくっちゃ。
のぶ
2013/04/12 20:31
淡いピンク色の馬門石のですか。
気に留めなかったです。
う〜ん、いつもながら行ってみたくなるのぶさん紀行。

おっと、Benbowさんはシクロクロス注文ですか。
のぶさんと同じく
”体ひとつなのにこれ以上の自転車は、、、”
でも、いいなーサイクロクロス。


みきたか
2013/04/13 19:53
みきたかさん、こんにちは!
今日、仕事の帰りにBenbowさんちに寄ったら、早くもサイクロクロスが納車されるそうで、大藪サイクルに行かれるところでした。"Author"というメーカーで、緑色の渋い感じのフレームみたいです。見るのが楽しみですが、見たら欲しくなりそうです。
のぶ
2013/04/13 20:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
馬門石を目指してポタリング くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる