くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲佐経由で山都町へ

<<   作成日時 : 2013/02/28 15:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

昨夜、熊本県庁本館地下大会議室であった研修会で12年後の日本の事を色々と聴いていたら、何だか暗い気持ちになった。12年後、団塊の世代の人たちが後期高齢者(75歳以上)になって、その後、急速に日本の人口は減ってゆく。その時、日本は日本でいられるのだろうか?その前に12年後、果たして自分は存在しているのだろうか?・・・などなど考えていたら、阿蘇山の頂上で自転車を抱え上げる計画はしぼんでしまって、代わりに甲佐経由で山都町へ行く事にする。何故、阿蘇を止めて山都町にしたのか明確な理由はない。気分の問題である。

前置きが長くなったが、朝8時頃にカーボンロードバイクで出発。出水ふれあい通り経由で画津の田舎道へ。今日は金峰山が割りに良く見える。
画像
山都町へ行くのはいつも県道57号線経由であったが、今回は甲佐町を経由して行く事にする。

浜線バイパスからめど町橋を渡り、緑川沿いの道へ左折。 
画像
津志田河川公園を過ぎて左折し、乙女橋を渡る。
画像
県道106号線へ右折し、国道443号線に合流してセブンイレブンの先で左折。しばらく走って県道152号線を左折すると登りに入る。
画像
最初、勾配は緩やかだが次第にきつい勾配に。それでも10%はない程度。感じの良い杉木立などもある。
画像
4kmほどの登りが終わるとアップダウンとなり、水越の田畑の交叉点から右折。
画像
県道219号線に入る。この道は横に渓流が流れていたりしてなかなかいい感じ。
画像
しばらく走ると右側に棚田が広がる。
画像
下矢部郵便局のところで緑川の塚瀬ダムから上がってきた道が合流する。
画像
さらにアップダウンを進んで北川内トンネルをくぐる。
画像
さらにしつこいアップダウンを走る。周囲に見えるのは杉山ばかりとなる。
画像
しばらく走って、やっと山都町の中心部へ
画像
浜町商店街を通って道の駅・通潤橋へ。
画像
画像
画像
食事処「いしばし」で牛丼定食900円をいただく。
画像

帰路は、交通量の多い国道445号線をできるだけ避けるために、Benbowさんに教えてもらった道を走ることにする。

矢部高校の近くを通って、山都町畑の交叉点から県道39号線へ。
画像
しばらく走って、県道222号線へ左折するところで『この先全面交通止』の看板。1kmほど行ったトンネルの先で工事をしているらしい。ダメもとで行ってみる。
画像
画像
パワーショベルが道路を占拠しており、厳しそうだが、通してもらうように交渉しに行こうとすると、向こうから工事の人が手招きし、わざわざパワーショベルを少し動かして通してくれた。道路工事の関係者には、歩行者や自転車に優しい人が多い。そのこともあって、この道の印象はさらに良くなった。
画像
それから少しで県道152号線に突き当たり、左折する。
画像
道幅が広くなり、程良いくだり勾配で気分よく飛ばす。
画像
やがて国道445号線に突き当たり、これを右折する。
画像
ここでも道路工事をしている。
画像
しばらく走って県道57号線へ右折。下り勾配の道を気分よく走る。矢形川の所の延岡道の道路工事も少しずつ進んでいる。
画像
県道57号線から秋津川沿いの道へ左折し、広崎一町内公民館の所から右折。健軍自衛隊の裏に出て京塚経由で帰った。

本日の走行距離:92.3km

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は暖かったですね、最高気温は20℃だったようです。
のぶさんの木曜日サイクリングはいつも好天なように思えてしまいます。
計画していたコースから前日の晩や当日朝の気分で何度も変えた事があります。
ソロサイクリングは気ままに出来るとこが良いでよね。
みきたか
2013/02/28 19:57
先日の日経記事によれば、団塊食い逃げピークは1950生だそうです(悔

閑話休題。
【山の頂上で自転車を抱え上げる計画】
いいですねぇ〜(^^
その節は、是非!
やまへろ
2013/02/28 22:14
みきたかさん、こんにちは!
このところ、わたしの休みの木曜・日曜は好天が多いです。
ところが残念、3月からは木曜日には時々仕事がはいりそうです。そんな時でもできるだけ自転車に乗るつもりでいます。
のぶ
2013/03/01 07:36
やまへろさん、こんにちは!
なるほど。わたしが1956生なので、おこぼれが頂戴できるかも。
やまへろさんの時は、何も残っとらんだったりして・・・。
阿蘇山の火口で自転車抱え上げ・・・集団で実行するときは、やまへろさんにお声かけをすることにしますが、急に思い立って単独で敢行する可能性が高いので悪しからず・・・。何せ、風向き次第では「立入規制」っていうのがあるんですよ。
のぶ
2013/03/01 07:47
こんちわ!
現在、モクは抜けられぬ仕事なので恨めしくてしょうがない…12年後のダメ元も案外通れちゃいますヨ! 人生ヒマつぶし、気楽に行こう…  って、49年生まれデス。
ところで、失礼ですけど「やまへろ」さんは、山でヘロヘロの意味ですか・・・
Benbow
2013/03/01 10:00
Benbowさん、こんにちは!
おっと、Benbowさんは、ほぼ『団塊食い逃げピーク』に入る訳ですね。
あと、ペプシンさんも同じグループですね。
それから、先日、やまへろさんに呼び名の由来をお聞きしたら、名前の読みの短縮が「やまひろ」になるので、山でへろへろをかけて、『やまへろ』だとおっしゃっていました。なかなかよいハンドル名ですね。
のぶ
2013/03/01 15:55
団塊食い逃げの意味が分りませんが・・・
12年後、後期高齢組になっても、元気にサイクリングを楽しみたいです。
ペプシン
2013/03/14 06:06
『団塊食い逃げ』と言う言葉は週刊誌に掲載された記事の、年金の世代間格差でのものですね。確かに『食い逃げ』という表現は適切ではなさそうです。払っても、将来は貰えないかもしれない世代の人たちからすると『食い逃げ』みたいに思えるかもしれませんが、不正をしている訳ではないですからね。
『すべりこみセーフ』という方がまだ良いような気がします。
のぶ
2013/03/14 09:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲佐経由で山都町へ くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる