くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 金峰山へお礼参り

<<   作成日時 : 2013/01/24 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

菊池方面へサイクリングに行くつもりであったが、うったちが悪く、近場に変更。午前10時過ぎクロモリロードバイクで出発。先日の日曜日に行ったばかりの金峰山へ登る。

金峰山は、かつて登っている時に気分が悪くなったり、パンクしたり、相性がやや悪かったが、何度も登っているうちに少し仲良くなってきた気がする。先日のブルベの時もすんなり登れたし、心配したパンクなどのトラブルもなかったので、お礼参りに行くのだ。

本妙寺の坂を登っている途中、少し脇道にそれて、久しぶりに清正公の銅像にも挨拶に行く。
画像
清正公が見下ろす熊本市街。
画像
峠の茶屋から大将陣へ。ブルベの疲れが残っているようで脚が重い。山ガール2名を追い越して登山道へ。勾配が緩やかになり調子が出てくる。団塊世代の登山客を何人か追い越し山頂駐車場へ。
画像
さらに山頂へ。今日も普賢岳は見えない。
画像
市街地方面の眺望も良くない。
画像
山頂の金峰山神社でお礼参り。
画像
登山者数名と言葉をかわし、ウィンドブレーカを着込んで下りへ。少し薄着で来たので下りの寒さが応える。峠の茶屋から左折し、しばらく下り、上川床の湧水で喉を潤す。
画像
バウムクーヘンのような地層から水が湧き出している。
画像
もう少し下って、金峰森の駅みちくさ館で左折し、面木方面へ急坂を登る。見晴らしが良くなったところで二の岳方面を仰ぐ。
画像
岩戸の里からの道に合流し、もう少し登って国道501号線方面へ。早速、弱点である下りの練習をするが、やっぱり怖い。ファミマの筋向いにある、『まるきよ亭ラーメン』へ。
画像
 『地蔵峠倶楽部』で紹介されていたチャンポン680円を注文。
画像
お腹を満たして出発。国道501号線を通りたくないので裏道を通り、城西中学校の裏手へ。ここから権現山方面へ登る道があるはずだが見つからず、しかたなく県道を走って松尾東小学校方面へ左折し権現山方面へ。しばらく登ると、千金甲(せごんこう)古墳群の案内板。
画像
石段を登って、古墳群の中の『甲号』へ。小学校6年の頃、ここへ遊びに来た朧気な記憶がある。
画像
あれから四十数年、ここだったような気もするし、そうでない気もする。ところで、この古墳は装飾古墳として有名で、熊本県立美術館にはそのレプリカが展示されている。
画像
(熊本市のHPより)

石段を降りたところから、霞む宇土半島方面を眺める。
画像
『あそこの海岸線をずーっと走ったんだ』、という感慨が湧いてくる。

坂を下り、裏道を走って、坪井川沿いの道へ。おや?飛行船が飛んでいる。
画像
古町の所から白川沿いの道へ。飛行船は中心街の上空を旋回している模様。
画像
近づいて来てよくみると機体に『Met Life Alico』の文字。なんだ、生命保険会社の宣伝かぁ。
小腹が空いてきたので、熊高正門前の『優豚』へ。
画像
スモークチキンバーガー400円を注文。
画像
イートインして、話をしていると、店を出していた吉無田高原の緑の駅から撤退するんだと。冬場や悪天候の日の客足が遠く、採算が取れないという。「応援するので頑張ってね」と励まして家へ帰る。

本日の走行距離:52.4km

GPSのログは千金甲古墳の所から後は何故か記録されていなかった。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は終わってみれば、曇ったり晴れたりでまあまあの日和でしたね。
なんとなく雨の予報が頭にあったので家でジットしていました。
優豚は吉無田高原の緑の駅から撤退とのことですが、なんか寂しいです。
ペプシン
2013/01/24 19:48
金峰山、登られたんですね!
私は当分いいです。見たくもない気分です。

ブルベのゴール後、冷えたのか昨日からどうも風邪気味のようです。(のどが痛いです)
Tok-Mak
2013/01/24 21:20
ペプシンさん、こんにちは!
今日は微妙な天気でしたね。金峰山に向ったものの、上熊本から見上げる金峰山の山頂は曇っていて、一瞬躊躇しました。本妙寺の坂では日が差し出したりして、昼頃になると今度は少し冷え込んだり・・・。少し早めに帰ったら、しばらくして雨が降り出し、ラッキーでした。

吉無田高原からの優豚の撤退・・・ほんと、寂しいですね。
のぶ
2013/01/24 22:23
Tok-Makさん、こんにちは!
金峰山は、峠の茶屋から先がきついので、山頂方面は敬遠していつも芳野方面へ行ってました。でも今度のブルベをきっかけとして金峰山に対する苦手意識が薄らいできた感じがします。

ところで、お風邪の具合はいかがですか?インフルエンザも流行っています。
のどの痛みで治まるといいですね。お大事に!
のぶ
2013/01/24 22:34
こんちわ!
また金峰山へ行かれたですか…
Tok-Makさんのほうが正常のように思うけど…のぶさんはそうとう余裕があったようですな!
良かこっですけどね…
Benbow
2013/01/25 13:00
金峰山はブルベの余韻を味わう感じかなー。
峠の茶屋から山頂方面は電チャリで途中リタイヤした以来
向かった事も無いでんすよ。
峠の茶屋までもそうですが路面・路肩幅・交通量が苦手で。
まあ、行った事が無いのは初めて行く楽しみが残っているかな。
みきたか
2013/01/25 18:58
Benbowさん、こんにちは!
金峰山はこれまでついつい敬遠していましたが、時間がないときに行くにはもってこいの所だっていうことを今頃になって認識するようになりました。
立田山じゃ、ちょっと物足りんですからね。
のぶ
2013/01/25 20:51
みきたかさん、こんにちは。
本妙寺の坂は確かに登りにくいですね。その点から言えば、島崎の鎌研(かまとぎ)坂の方が登りやすいと思います。ただし、勾配はきついですし、路面がやや悪い箇所があります。一度試してみられてはいかがでしょうか?
のぶ
2013/01/25 20:56
う〜ん、金峰山もすぐにもの足らんになるな.....
Benbow
2013/01/26 08:45
立田山は海抜150m、ロードバイクで行けるのは100mくらいまでですが、金峰山は海抜660m。
もの足らんようにはなかなかならんと思いますが、しょっちゅう阿蘇に上っていると、もの足らんようになるかもしれませんなぁ。
のぶ
2013/01/26 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
金峰山へお礼参り くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる