くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 行く秋を偲んで紅葉と山頭火めぐり

<<   作成日時 : 2012/11/22 19:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

五十歳半ばを過ぎると、人生一歩先は闇。来年の紅葉が見れる保障はないので、過ぎ行く秋を偲んで熊本市内の紅葉を見に行く事にする。

ネットで情報を集めると、いくつかスポットがあるが、その中のひとつに植木町の味取(みとり)観音堂がある。みきたかさんが昨年、観音堂に行ったレポートを観たが、確か、そこは流浪の俳人・種田山頭火ゆかりの寺。

山頭火の事は余り知らないので、勉強する。

山頭火は、明治15年、山口県防府市に生まれた。早稲田大学文科を中退し、父と共に家業に従事したが失敗し、それから流浪の生涯が始まった。熊本に来たのが大正5年、彼が35才の時であった。酒にひたって家業を顧みず、上京したり帰熊したり奔放な生活を続けていた。大正13年、出家して禅僧となり翌年、味取観音の堂守として、読経と句作の独居を続けた。観音境内の句碑に刻まれた『松はみな枝垂れて南無観世音』の句は、当時の作である。しかし、ここも永くは続かず1年2ヵ月にして去り、以来、放浪生活を送り昭和15年10月11日、四国松山市の一草庵で波瀾の生涯を閉じた。59才であった。
  山頭火は荻原井泉水の俳誌『層雲』によって自由律の俳句をよんだ詩人で『鉢の子』をはじめ七句集やぼう大な日記類があり、「山頭火全集」まで出版されており、日本の俳句史上特異の地位を占めている。 平成13年10月22日 植木町教育委員会 (現地案内板より転載)

午前9時30分頃に、クロスバイクで出発。まずは、新屋敷経由で明午橋を渡り、藤崎宮前の歯科医師会館の少し北側にある、報恩禅寺を訪れる。
画像
ここは山頭火が出家した禅寺。中に入ると右手に山頭火の句碑が立っている。
画像

けふも托鉢ここもかしこも花さかり 耕畝(山頭火の出家名)

坪井の裏道を通って坪井川沿いの道へ。市民会館前の銀杏が色づいている。
画像
新町を経由して横手の六角堂の南にある安国禅寺へ。
画像
ここには種田家の墓がある。山頭火の墓は山口県にあるが、彼の骨も分骨されている。寺の坊守さんに場所を聞いてお参りする。
画像

そこから、島崎の紅葉を観に行く。
先ずは叢桂園
画像
画像
画像

次に釣耕園
画像
画像

最後に三賢堂
画像

そこから、ゆうかファミリーサイクリングロードに入り植木へ。久しぶりにJR植木駅手前の階段を登る。
画像

植木駅で休憩後、一般道へ。国道3号線に出て北へ走っていると昼飯時となり、紅葉が綺麗な「うどんの吉野屋」へ。
画像
注文を取りに来たおねえさんお薦めの味噌カツ定食を注文。
画像

お腹を満たして、国道3号線をもう少し北に走り、植木インターへ下る前の歩行者用信号の所で左折すると味取観音堂(曹洞宗瑞泉禅寺)に到着。山頭火の石像が出迎えてくれる。
画像
険しい参道の周辺には紅葉が多く、目を愉しませてくれる。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

みきたかさんに倣って、次は小野泉水公園へ。
画像
画像
画像

最後に立田山憩の森へ。
お祭広場
画像
画像

そらから管理棟周辺
画像
画像
画像
画像
画像

五高の森方面へ降り、
画像
竜神橋を渡って帰った。

本日の走行距離:53.4km

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
紅葉めぐり、今週末あたり行ってみようかと思っていたとこです。
冒頭の
”五十歳半ばを過ぎると、人生一歩先は闇。来年の紅葉が見れる保障はないので”は、
のぶさんらしく無くちと悲観的な文章と思えますが。
まあ、今出来る事は後悔しないようにやろうぜ!と思ってます。
みきたか
2012/11/22 20:41
こんばんは。市内でもまだ美しい紅葉が見れるんですね!のぶさんはじめ皆さんの様に走り出す前にもっと入念な行程計画を考えなければとしみじみ思いました。味噌カツ定食美味しそうですね!
ken
2012/11/22 21:39
みきたかさん、こんにちは!
昨日の明け方の夢で、飛行機事故で死にそうになるところで目が覚めました。同級生が何人も重病に罹ったりしています。そんなこんなで少し悲観的になったのかなぁ。でも、『紅葉を見るのもこれが最後かもしれない・・・』と思うと、紅葉も一層美しく感じます。『一期一会』って感じですかね。
のぶ
2012/11/22 22:21
Kenさん、こんにちは!
『南阿蘇の名水めぐり』の時は綿密な計画を立てましたが、その他のサイクリングでは、大雑把な計画な事が多いです。後で調べて、『あ!あそこを観とけばよかった!』と思うことがよくありますが、それはそれで、次の楽しみということにしています。
のぶ
2012/11/22 22:25
見事にブログが真っ赤っか!    どこかで一句欲しかったな・・・
Benbow
2012/11/23 05:16
のぶさん、おはようございます。
昨日は予報が外れて、おまけにうららかな気候で良いサイクリンができましたね。
平地でも、こんなにきれいな紅葉が見れて、よかったです。今日はポツポツ降り出しそうです。今しがた、家内と二人で8kmほど走ってきました。農面道路沿いにある「きくちのまんま」では、だご汁の無料試食会が9時30分頃から始まるとのことでしたが、家内が時間がないとのことで、食べられませんでした。
ペプシン
2012/11/23 09:33
Benbowさん、こんにちは。
歌ごころがないもんで、紅葉みても写真の構図を考えるばかりで、一句も浮かんできませなんだ。山頭火のような自由律の俳句なら、少し考えれば作れそうですけどね。
のぶ
2012/11/24 08:07
ペプシンさん、こんにちは。
当日は走っていて暑くなってきて最終的には上着も、手袋もとってしまいました。
青空をバックにした紅葉もいいですが、曇り空の紅葉もいいもんです。
のぶ
2012/11/24 08:11
真っ赤っか まぁっかっか 真っ赤っ黄  --- Ben頭火
ー不用謝ー
Benbow
2012/11/24 10:21
おっとBenbowさんから一句投稿がありましたな。

それではわたしも山頭火に倣って自由律の俳句を一句。

けふは調子が悪い ペダルが重い      のぶ頭火
のぶ
2012/11/24 17:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
行く秋を偲んで紅葉と山頭火めぐり くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる