くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 清水峠越え南阿蘇サイクリングふたたび

<<   作成日時 : 2012/09/27 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

今年の春に矢部から県道141号線→319号線の清水峠越えをした。その後、矢部出身の職場の同僚(スレンダーな美女)から、『男成神社とか、池尻の唐傘松を見てないとは話にならん!』とダメだしをくらった。

それならば、とリベンジに出かける。朝7時にカーボンロードバイクで出発。いつものように京塚、健軍自衛隊経由で秋津川沿いの道に出て東へ進み、県道57号線へ右折。坂道を登って御船に入る。
画像

歌野酒店で一休みして、さらに県道57号線を進み、山都町に入る。国道445号線へ左折。この道は路側帯が狭い上に大型トラックが頻繁に通るので怖い。上ったり下ったりして矢部に到着。通潤橋を見に行く事にする。浜町商店街や道の駅通潤橋に八朔祭の山車が飾ってある。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
通潤橋を写真に収める。
画像

道の駅の饅頭を2個食べて出発。国道218号線に出て東へ。野尻の交差点から500mくらいの右側に「聖滝展望所」の看板を見つけ、立ち寄る。
画像
そこからさらに東へ1kmほど進むと左手に目指す男成神社の鳥居があり、
画像
くぐって、激坂を上る。参道の脇にはお茶畑。
画像
この参道は600mほどあり、やがて杉木立の中へ入り、神社に到着。
画像
階段を登って境内に入る。
画像
何だか普通の神社で、パワースポットらしき雰囲気を感じない。本殿の絵馬が有名らしいが、ガラス戸も閉まっており、型どおり参拝して次へ。井無田高原方面へ坂道の上ってゆき、1kmほど先の交差点を右折。池尻方面へ。次の三叉路の所でトラックで通りかかったおとうさんに唐傘松の在り処を聞いて入り口に到着。
画像
狭い田舎道を進む。
画像
その先は見晴らしの良い丘に繋がっており、その先端に形の良い大きな松が見える。
画像
なるほど、唐傘のような形をしている。
画像
横から見ると、丘の傾斜に合わせて枝垂れている。
画像
樹齢約300年のアカマツらしいが、自然にこのような形になったというのはなかなかユニーク。これは一見の価値がある。満足して井無田高原を目指す。この道は春に行った県道141号線に比べると少しアップダウンがきつい。やがて県道141号線に突き当たり、右折。ほどなくして井無田高原に到着。前回、道をきいたギャラリー・ロンドに立ち寄る。
画像
食べ物は無いがカフェがある。
画像
コーヒーを注文し、マスターの伊藤さんとお話をする。定年退職後、ここを自分で建ててギャラリーを始めたとのこと。ギャラリーにはいつもは自分の作品を飾っているが、レンタルスペースとして個展の他、コンサート、ライブ、イベント会場として利用している。各種ライブの音響器具のレンタルも行っている。マスターも定年後始めたギターを弾かれるとのこと。また、近くのキャンプ場ではMTBのレースを主催しているとのこと。30分ほどお話をして出発。前回はそのまま県道141号線を進み、県道319号線へ左折したが、今回は清和高原天文台を経由して県道319号線へ出る道を選択。北へ進む。約1kmで清和高原天文台。
画像
生憎今日は休館日。そのまま北へ進み、しばらくしてアップダウンが始まる。これが結構きつかった。やがて県道319号線に突き当たり、左折。清水(きよみず)峠を目指す。
画像
しばらく上っていくと、小さなループがあり、橋を写真に収める。
画像
この橋の天井の所には人の頭より大きなスズメバチの巣があり、スズメバチが出入りしている様子なので、スピードを上げて走る。

やがて清水峠を越え、南阿蘇村へ。
画像

ここからは根子岳から高岳方面の眺めを楽しみながら降りることが出来る。
画像
画像
画像
山の斜面にはススキが群生している。
画像
しばらく下ると、重厚な杉木立をいくつか抜ける。
画像
そして南郷谷に降りきる。
画像

折角高森まで来たので、いつか見たいと思っていた、天然記念物の『高森殿(たかもりどん)の杉』を見に行く事にする。ガソリンスタンドのおじさんに道を聞いて、高森生コンの四つ角を曲がると入り口の簡素な表示。
画像
ここから約800mの上り坂だが、これが案外きつかった。やがて牧場の入り口ゲートへ。
画像
牛の放牧中なので、逃げないようにゲートは鎖で閉めておかねばならない。それはよいとしても、それからの先の坂は噂通り、急坂の上に路面が悪く、MTB用のSPDシューズならいざしらず、ロード用のシューズはクリートもシューズも痛むのでお薦めではない。
画像
それでも道の横の草むらを、牛の糞地雷に注意したりしながら歩き、クリートの磨耗を最小限になるように努力した。というのも、Kenさんが、ここでLookのクリートを破損したらしい。やっと目指す杉のある木立の入り口に到着。
画像
そこから木立の中へ下ると、変わった枝振りの杉が2本。
画像
画像
画像
画像

たしかにパワースポット的なものを感じるが、おどろおどろしい感じもし、さらにはアシナガバチの巣があるらしく、多くのアシナガバチがブンブンするので早々に退却する。すると、みきたかさんもブログに書いていたが、そこから高森方面への眺めがなかなかよろしい。
画像

高森の商店街に下りてきて、駅前の御食事処・忠(なる)にフラリと入り、「大阿蘇ハヤシライス」を食べる。
画像

お腹を満たして帰路につく。旧道に入り、しばらく走って、明神池水源でボトルの水を補給。
画像
さらに旧道を進み、栃の木温泉を経由して長陽大橋を渡り、国道57号線に出て大津へ。旧道に入り、室町の関所でコーヒーをいただく。
画像
エスプレッソ仕立ての美味しいコーヒーの向こうにあるライトはKenさんが最近購入した新兵器で、日の出前にサイクリングするKenさんにとっては光量の強い、頼もしい相棒。

それはともかくお仕事が忙しそうなので、やや早めに関所を後にする。

(Kenさん、いつもお邪魔します)

県道337号線に入り、西へ。いつものように北バイパスに上がり、東バイパス沿いの歩道を走って帰った。

本日の走行距離:128.6km

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちわ!
ほう、結構な距離を楽しまれたようですね…朝からの天気を見てボクも行きたかったのだけれど今日は仕事が・・・のぶさん、今頃走ってるんだろなぁ…とか思いつつ・・・
日曜、月曜と台風が来てますからねぇ!
Benbow
2012/09/27 22:47
あ、そうそう…山都町へはK152〜K222をオススメします・・・
Benbow
2012/09/27 22:53
私もスレンダーな美女に弱いので、「男成神社と池尻の唐傘松」を見に行かねば。
ぺプシン
2012/09/28 07:38
Benbowさん、こんにちは!
昨日は天気が良すぎて、南郷谷に降りると暑いくらいでした。
K152〜K223のルートはまだ走ったことがないので、甲佐から登ってみたいとは思っていました。矢部ゴルフ場のところから迂回するのも、ありですね。
のぶ
2012/09/28 07:57
ペプシンさん、こんにちは!
男成神社は有名らしいのですが、その日は参拝者も他におらず、それほどのものとは感じませんでした。池尻の唐傘松はなかなか良かったですよ。
のぶ
2012/09/28 08:07
Benbowさん、間違えました。K152〜K222ですね。
時計回りの迂回路になりますね。
行った事がないので今度試してみます。
のぶ
2012/09/28 08:58
昨日もずいぶん走られてたみたいですね!それとメールありがとうございました。そうそう、のぶさん、右目だいじょうぶですか?ばたばたで言いそびれたのですが、けっこう真っ赤でしたよ^^; 池尻の唐傘松  リストに追加しました〜
ken
2012/09/28 13:32
Kenさん、こんにちは!昨日もお邪魔しました。わたしは子どもの頃から眼が充血しやすく、ちょっとしたことで眼が真っ赤になります。昨日もゴミか何かが入ったらしく、後半は右目から涙が出っぱなしでした。ご心配をおかけしました。
それより、チューブレスタイヤを導入したくなってきました。
のぶ
2012/09/28 16:39
今週は秋晴れでしたね。
明日、明後日の雨模様のよう。
天気が崩れる前の秋晴れの中サイクリング出来て何よりだったかと。
みきたか
2012/09/28 21:44
みきたかさん、こんにちは!
高森に下りてきたら、結構な暑さで、加えて『高森殿の杉』への登りは想定外でした。でも、いい思い出になりました。
今週末は大人しくしとく他はなさそうですね。
のぶ
2012/09/28 22:55
成神社と池尻の唐傘松 よりも、スレンダーな美女を見にゆきたい
にしひがし
2012/10/06 16:42
にしひがしさん、アロハ!
ハワイのセンチュリーライド完走、おめでとうございます。
そのスレンダーな美女は男成神社の参道が通学路だったんだそうです。
のぶ
2012/10/06 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
清水峠越え南阿蘇サイクリングふたたび くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる