くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 火の国レガッタと江津湖畔の文学碑

<<   作成日時 : 2012/07/17 14:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

海の日(今年は7月16日)には毎年、江津湖で、『火の国レガッタ』が開催される。
画像
多くの人にボート競技を体験してもらうための競技会で、日頃、競技用のボートなど漕いだことのない大人や中学生が中心のレース。うちの職場では、理事長が県のボート協会の役員をしていた関係で、この二十年ほど毎年出場している。
画像
今年は成年男子の部に4チーム、成年女子の部に2チームをエントリー。
当日朝、早起きして、通勤用のクロスバイクで下江津湖へ。
今年は自転車仲間のペプシンさんが参加を希望されたので、わたしも5年ぶりくらいにオールを漕ぐことになった。その他の漕ぎ手は女性二名で、男女混合チームなのだが、そういう部門はないので、成年男子のレースに出場。
画像
初戦敗退のつもりで気楽に漕いだら、なんとスルスル勝ち進み、なんとなんと準優勝!!
画像

(詳細はペプシンさんのブログを参照していただきたい。)

打ち上げも終わって、江津湖畔をクロスバイクで帰っていると自転車道沿いに、いくつも文学碑が建っているので、写真に撮り、家に帰って勉強する。


ひるがへる ときの大きさ 夏つばめ
画像

宗像 夕野火(ゆうのひ)という俳人の作品。宗像(1922〜?)は、熊本県多良木町に生まれ、俳誌 「みそさざい」 同人。『水神』、『尼羅』等の句集を出版している。





江津の田の 靄うすうすと 十三夜
画像

志賀青研(健一)の句。志賀(1913〜1996)は、熊本市に生まれ、熊本商業高校を卒業後、NHKに勤務。田辺夕陽斜に師事し、「ホトトギス」 同人。句集『芭蕉林』を出版している。





はなびらを 幾重かさねて夜桜の
あはれましろき 花のくらやみ
画像

安永蕗子(ふきこ) の歌。正直言って、達筆すぎて何て書いてあるのかまったく読めなかった。
安永(1920〜2012)は、熊本市生まれの歌人で書家。歌誌「椎の木」を主宰。歌集に 「魚愁」「青湖」 などがあり、江津湖を題材とした歌は多い。宮中歌会(天皇陛下はじめ、皇族が歌を詠む)の始選者を約10年間務めた。
6〜7年前だったか、彼女の講演会を一度聴いたことがある。歯切れの良い、矍鑠(かくしゃく)とした女性であった。





蜻蛉に 空あり人に 汀(みぎわ)あり
画像

藤崎 久を(久男)の句。 藤崎(1921〜1999)は、熊本市生まれの俳人で 「阿蘇」 を主宰。句集に 「風間」「花明」 などがある。





天霧(あまぎ)らひ 雪降る湖に寂かなる
光はありて 鴨ら相寄る
画像

綴 敏子 の歌。綴(1917〜2006)は、熊本市生まれ。慶応大学文学部を卒業後、第一・第二高等学校などの教師を勤めた。短歌詞 「公孫樹」 主宰し、短歌・随筆など多くの著述を成している。万葉集の研究でも知られている。






つゝじ咲く 母の暮しに 加はりし
画像

中村 汀女 の句。中村(1900〜1988)は、熊本市(江津湖のほとり)生まれ。県立第一高女(現第一高校)卒業後まもなく俳句を始め、結婚・子育てのため句作を中断後、再開して「ホトトギス」同人となり、戦後「風花」を創刊主宰。家庭的な日常の中に、深い叙情性をおびた句を詠み、多くの家庭婦人を俳句に親しませた。わたしの祖母も「風花」の同人で、私がまだ幼い頃、何度かお目にかかったことがあるが、子ども心にも「品の良さ、気高さ」を感じさせる女性であった。






産卵の 鯉の刎(は)ねをり 江津朧 (おぼろ)
画像

阿部 小壷(しょうこ)の句。阿部(1909〜1981)は、熊本市に生まれ。身体が弱かったので中学を中退し、家業の味噌・醤油醸造業に携わり、熊本市議会議員を4期務めて市政発展にも寄与。また、熊本信用金庫理事長も勤めている。 「ホトトギス」 の俳人としても 「阿蘇」 を主宰、句集に 「肥後住」 がある。




縦横に 水の流れや 芭蕉林
画像

高浜 虚子の句。高浜(1874〜1959)は愛媛県生まれ。伊予尋常中学校で河東碧梧桐と同級生となり、彼を介して正岡子規に師事し、俳句を学ぶ。「ホトトギス」の理念となる「客観写生」「花鳥諷詠」を提唱したことでも知られる。夏目漱石とも親交があり、中村汀女も高浜に師事した。
句碑の周辺には芭蕉が生い茂った一角があり、一瞬、どこか南の国にいるかのような錯覚に陥る。
画像


江津湖の自然は、俳人・歌人達の感性を刺激する多くのものを持っているようだ。



江津湖にどっぷり身をゆだねた一日であった。



後で調べると、夏目漱石の句碑をはじめ、いくつかの石碑を見逃していた。

勉強した主なサイト:熊本文学散歩無門塾

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
江津湖畔にこんなに多くの文学碑があるんですね。
何度も通っているとこなのに、、、気づきませんでした。
身近なところにも見方(感じ方)次第で新鮮な事も多いですよね。
みきたか
2012/07/17 20:03
みきたかさん、こんにちは。
文学碑は、草書体で書いてあるものが多く、読み方がわからなかったのですが、ネットで調べてみて、やっと解りました。作者についても少しだけ勉強してみました。
のぶ
2012/07/17 20:50
こんなに多くの文学碑、全然気が付きませんでした。
今度行った時は、しっかり鑑賞します。
ペプシン
2012/07/18 07:07
ペプシンさん、こんにちは。江津湖畔の自転車道沿いの文学碑は、前から気づいてはいたのですが、恥ずかしながら、何て書いてあるのかわからないのが多く、いつかは調べたいと思っていました。日頃、「サラリーマン川柳」くらいにしか馴染んでないので、勉強になります。
のぶ
2012/07/18 07:51
ボートレース準優勝 おめでとうございます!湖畔はとても気持ちよさそうです。最後までお天気崩れなくてよかったですね。こちらは夕方から大雨で大変でしたよ〜!
ken
2012/07/18 11:22
kenさん、こんにちは。
湖畔もとても暑い一日でした。午後3時頃少しにわか雨がありましたが、すぐ上がり、濡れずに済んだのは幸いでした。
のぶ
2012/07/18 18:10
レガッタお疲れ様でした!!さすが日頃自転車で鍛えておられるアスリート(笑)さすがです('-^*)ok
でももっとすごいのが、のぶさん!!打ち上げの後、文学碑巡りとは…
私はビールで夢の中でした…
ピナ朋
2012/07/18 18:41
ピナ朋さん、お疲れ様。
ワッキーともども、女性とは思えぬオールさばきでございました。
体力ばかり鍛えるのではなく、教養も身につけるようにせんといかんですよ。
のぶ
2012/07/18 19:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
火の国レガッタと江津湖畔の文学碑 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる