くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS アーチが崩れてモートン病

<<   作成日時 : 2012/07/12 15:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9

50歳を超えて始めたロードバイク。身体の老化も相まって、ロングライドには色々な問題がつきまとう。足の異常に気がついたのはロードバイクに乗り出して間もない頃。長い距離を走ると、足裏の先から指にかけて焼けるような痛みを感じることがあり、家に帰り着いて、ビンディングシューズを脱ぐと嘘のように痛みは消えてなくなるのだ。

このような事が、年に数回おこっていたが、それ程強い痛みでもないし、いざとなればシューズを脱げば何とかなりそうで、ほったらかしておいた。

しかし、「それではいかんだろう」、と色々調べて、予め見当をつけて整形外科医に聞いてみると、案の定、『典型的なモートン病』だと言う。

画像

人間の足には、衝撃を吸収するために3つの『アーチ』が形成されている。
画像

このうち、足の親指から小指の付け根にかけての『前側アーチ』が、年齢とともに扁平になってゆくと、骨の間を走っている神経が足底からの連続的な力によりダメージを受けやすくなり、痛みがでる。これがモートン病である。
画像

足先の細いハイヒールを履く女性などでは足指の骨が左右から圧迫されてその間を通っている神経が慢性的に刺激を受け、神経線維が腫大(神経腫:neuroma)している場合も多いらしい。

焼けるような痛み、不快感、時には攣ったようになることが足の中指から薬指にかけて起こるが、人差し指から中指にかけてのこともあるという。

日本のサイクリストにはあまり知られていないこの病気だが、欧米のサイクリング関係のサイトにはよく記載されている。

その対処法であるが、

1)靴が原因と思われる場合は靴を替える

2)クリートの位置を調整する

3)厚めのソックスを履く

4)専用の中敷を使用する

などなど。

ちなみにモートン病用の市販の中敷(インソール)としては、

『らくじき』
画像

『インソールPro』
画像

などがあり、いずれも2000円前後で売られている。

それでも良くならない時は、病院で注射をしてもらう。

それでも良くならない時は手術だが、とても難しい手術だそうだ。

さて、振り返ってわたしの場合、実は右足のアーチの崩れはすでに15年ほど前、40才の頃には問題になっていた。当時、足の裏の、人差し指の付け根あたりの皮膚が硬くなり、タコのようになって、痛みを感じるようになっていた。
画像

整形外科医に診せたところ、前述の、「前側アーチ」の崩れと診断され、義肢装具士に足型をとってもらい、矯正用の「足底板」を制作してもらった。2万円ほどの制作費用を取られたが、保険が利くので当時確か9割(現在は7割)は返ってきた。
矯正用の足底板は、前側アーチと内側アーチをサポートするでっぱりがついており、これを靴の中敷として使用する。
画像

使用感であるが、内側アーチ用のでっぱりはさることながら、前側アーチ用のでっぱりが、青竹踏みのような痛さで、慣れるのに1週間くらいかかった。しかしその後は快適になり、もともと痛かった足裏の、人差し指の付け根の部分はやがて痛くなくなり、テニスなどの運動の際も全く気にならなくなった。結局、2年ほど使用し、その後は靴箱の隅に片付けておいた。

さて、ロングライドを始めてからのモートン病だが、痛みの起こる原因が分かってしまえばそれほど怖くない。わたしの場合は、足の中指と薬指の間の神経が問題なので、その部に余計な圧力がかからないようにすればよい。
画像

坂道をダンシングで登るときなども足の親指の付け根あたりに体重がかかるように注意している。これに、少し古いけれどオーダーメイドの中敷を組み合わせて、これで鬼に金棒だと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
勉強になりました。
先生の対策に加えて、
荒尾の宮本さんで、バイクフィットを受けたら、もっと良くなるんじゃないんですか?
mori
2012/07/12 16:53
のぶさん、こんにちは。
のぶさんも同じ病気に悩んでいたと知り、少し安心しました。
メールで相談しましたので、よろしくお願いします。
モートン病
2012/07/12 17:23
ニックネームのところにモートン病と入力してしまいました。
ペプシン
2012/07/12 18:07
難しい病気があるんですね。私はバスケに空手に立ち仕事で中学時代から魚の目と縁が切れず、土踏まず以外、体重のかかるところすべてに魚の目があって、1時間超したあたりから足の裏が痛く引き足頼りになっています。バイクは楽しいけど どこそこの痛みとの戦いでもありますね、、
Ken
2012/07/12 19:59
moriくん、こんにちは。
宮本さんってCross Roadの事ですか?
確かに一度きちんと見てもらったがいいですね。
今度、時間をみつけてバイクフィットしてもらうことにします。
のぶ
2012/07/12 20:50
ペプシンさんもモートン病ですか。ペプシンさんのブログの先日の、ロングライドのコメントを見て、「ひょっとしたら?」と思っていたところでした。
今度、良い整形外科を捜しときます。
のぶ
2012/07/12 20:54
kenさん、こんにちは。
確かにバイクは痛さとか苦しさとの闘いの中に快楽がありますね。
わたしの場合、魚の目はあまりできませんが、その下の筋・骨格系があまり丈夫にはできてないようです。なんとかいたわりながら息長く自転車を楽しめるようにしたいと思っています。
のぶ
2012/07/12 21:02
さすが、その筋の方の分析と関心しました。ところで雨は大丈夫でしたか?
にしひがし
2012/07/13 07:12
にしひがしさん、こんにちは。当日朝から、図書館から借りた「自転車ぎこぎこ」を読んでいて、白川が大変なことになっているのに、まったく気づかず、昼のニュースを見てびっくりしました。道理でヘリコプターが飛んでいたり、サイレンが鳴ったりしていた訳です。いつもテニスをしている、数学の先生は、家が龍田町の白川河畔に建っており、孤立して、ヘリコプターで救助されたそうです。「救助されるときの方がよっぽど怖かった」と言っておりました。
のぶ
2012/07/13 08:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
アーチが崩れてモートン病 くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる