くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS あちこち傷痕の残る阿蘇だった

<<   作成日時 : 2012/07/29 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

北部九州豪雨災害の影響で中止となった「サイクルマラソン阿蘇望2012」。阿蘇の4つの峠を走る過酷なコースで、敷居の高さを感じていたわたしはエントリーをしていなかったが、楽しみにしていたBenbowさんはじめ、お知り合いの何名かが「前半だけでも自分達で走ろう会」なるものを開催予定の本日する、というので、Benbowさんのお誘いに乗って参加する。

アスペクタに午前7時に集合なので、朝、4時には起床し、犬の散歩をすませ、食事とトイレも無事すませ、準備をすませる。午前6時前にBenbowさんの車にピックアップしてもらい、7時前には無事アスペクタに到着。
画像

Benbowさんの奥さんがこの後、天草に用事があるとのことで、われわれは自走で熊本市内まで帰らねばならない状況。やがて阿蘇市在住のカルキさん、登場。
画像
初めてお目にかかるが、コルナゴ部長さんのブログで何度かお顔を拝見したことがある。早速カルキさんは車からチネリのロードバイクを出し、着替えを開始。しばらくすると、上津江の肥後もっこすさん登場。こちらも、Benbowさんのブログで何度かコメントを拝見したことがあるが、お会いするのは初めて。フォーカスのロードバイクを車から出し、こちらも着替えを開始。
画像

Benbowさんの奥さんをお見送りし、本当は大会と同じ午前8時に出発するはずだったが、間が持たず、4名で7時半にアスペクタを出発。
画像
ところが出発して間もなくカルキさんのバイクがパンク。
あ、そうそう!言い忘れていたけど、Benbowさんのジャージはこの日のための、+C作成の「Biciclista 阿蘇望ジャージ」。背部のポケットには4つの峠の名前が印字されている。
画像
うまい具合に丁度8時に出発したかのような時刻となる。国道325号線を少し東へ進んでいよいよ吉田線へ左折する。車では何度も登った事があるが、自転車で登るのは初めて。
画像
最初、上津江の肥後もっこすさんに付いて行くが、山で鍛えた健脚によりすぐに離され、一人旅。しばらく登って視界が開けると、南郷谷が下の方になっている。
画像
さらに登っていくと、浮いている雲と同じ高さくらいになってくる。
画像
やがてなかなか現れてくれない「火の山トンネル」が現れる。
画像
トンネル内の冷気で、熱くなった身体を冷やす。トンネルの周辺から豪雨の爪痕が沿線に見られるようになる。
画像
近くの山肌(烏帽子岳?)にもいくつもの崩落の痕が見える。
画像
やがて上りがひと段落して、中岳火口への分岐に到着。中岳の噴煙が見える。
画像
先行した肥後もっこすさんの姿はなく、どちらに行ったら良いか判らず、ここで後続の二人を待つ。
画像
三人で左折して草千里へ。
画像
画像
肥後もっこすさんは草千里の駐車場で待っていた。4人で草千里展望所で小休止し、
画像
坊中線を下る。
画像
坊中線はあちこちに豪雨の爪痕が残っている。
画像
画像
画像
路肩の崩壊により片側交互通行の箇所もある。
画像
やがて、坊中野営場の前から「みんなの森」方面へ右折し、本当だったらエイドポイントとなっているはずの竹原牧場の先から右折する。アゼリア21を過ぎたところには、豪雨災害の土砂の集積場となっているところがある。
画像
やがて国道265号線に突き当たるが、その付近の外輪山がもっとも土砂崩れがひどかった地域で、山の形が変わってしまっているようなところもある。
画像

国道265号線を右折し、箱石峠に向う。沿道には土砂や岩石、流木などが目立つ。
画像
画像

やがて箱石峠に到着。気温が上がり頭から水をかけてもらいたいが、エイドポイントが無く、日陰で休むのみ。
画像
箱石峠の先も沿道に豪雨の爪痕が残る。
画像
画像

国道265号線で高森に下りる前に右折し、広域農道に入るがここは唯一、阿蘇望のコースで「通行止」の箇所。ただし、例によって自転車は通れる。というのも、Benbowさんは損害調査のためにすでに何度かこの道に入っており、それが判っていたのだ。広域農道に入ってしばらく進むとすぐ通行止の箇所で、ショベルカーが作業をしているが、我々の姿をみると、気を利かせて、ショベルカーを少し避けてくれるので、お礼を言って通過する。
画像

そこから先の、上色見(かみしきみ)地区の状況は、息を呑むほどであった。
画像
画像
画像
また、道路に砂状の乾いた土砂が残っていて、ロードバイクのタイヤは横滑りし易く、危ない。
画像
このような状況が数キロに渡って続き、別荘地帯にくると、それより西の沿道は嘘のような平穏な様子となる。
画像

さて、今回はエイドポイントもなく、携帯した食料飲料も底をついてきた。何より正午近くとなり、腹が本格的に減ってきた。カルキさんが先行した肥後もっこすさんに連絡すると、彼は広域農道を通らず高森経由ですでにアスペクタに戻っており、アスペクタに近い「カフェ山猫軒」でカレーを食べる事に決まる。折りしも、ペプシンさんからBenbowさんに電話が入り、合流することになる。ペプシンさんはモートン病の悪化を理由に本日欠席の予定であったが、自転車の虫が騒ぎ出したらしい。広域農道と国道325号線の交差点のローソンで飲料品を調達し、中松経由でアスペクタの入り口道路に右折し、やがて左折。激坂を上って、カフェ山猫軒に到着。
画像
入ると肥後もっこすさんは涼しい顔をしてマスターと談笑中で、先客に後輩のmoriくん親子もいて、カレーを食べている。われわれ4人と、少し遅れてきたペプシンさんで全員、肉と野菜の南インド風ダブルカレー・飲み物付き1000円をいただく。
画像
そのうちに今度は、+Cサイクリング等でお世話になっているひろえさんと千鳥饅頭さんが来店。彼等は車にロードバイクを積んできて、吉田線などのサイクリングを楽しんだ後らしい。

ところでこのカフェ山猫軒は、ご夫婦で経営されているのだが、住居兼用のこのお店、なんとお二人で作られたんだとか。建築士のBenbowさんも、「これは素人の仕事とは思えない」とびっくりしておられた。
画像
居間を兼ねた店内には立派なオーディオ装置と、数え切れないほどのCD、ビデオなどがある。
画像
マスターに記念写真を撮ってもらい、カフェ山猫軒を後にする。
画像

さて、一旦全員でアスペクタに戻り、
画像
これからどうするかを検討する。カルキさんは残る2つの峠、地蔵と俵山を、「倒れても行く、夜までかかろうが行く」という強い意志をもって宣言されたので、他の全員もそれにならう。もっともBenbowさん、ペプシンさん、わたしは自走で帰らねばいけないので、地蔵峠越えで帰ることになる。
画像
裏地蔵はやはりきつかった。それでもなんとか漕ぎあがる。
画像
熊本市内から単独自走で来て、地蔵峠が最後の4峠目という村島さんも一行に加わる。
画像
峠近くから南郷谷を望む。夕立雲が近づいている。
画像

地蔵峠を下る。
画像
下りはあっという間で、熊本の町並みが遠くに見えてくる。
画像
熊本種雄牛センターの四つ角を右折し、西原方面へ降りる。県道28号線に突き当たったところで、これから最後の峠、俵山に向うカルキさん、上津江の肥後もっこすさんと別れる。
画像

村島さんは熊本空港方面へ別れ、残るわれわれは県道225号線を北上し、白川を渡って県道207号線を左折。ペプシンさんは陣内の交差点を右折。Benbowさんとわたしは直進。ところがこの道が渋滞しているので、大津町下町の交差点を左折し県道145号線を通って帰った。

本日の走行距離:118.4km

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サイクルマラソン阿蘇望試走会の打ち上げ
豪雨災害の影響で中止となったサイクルマラソン阿蘇望2012の当日、Benbowさん、カルキさん、上津江の肥後もっこすさん、それにわたしでコースを試走した。途中から合流したペプシンさんとBenbowさん、わたしは自走だったので、最後の峠の俵山は走らなかったが、カルキさんと上津江の肥後もっこすさんは4峠を完走した。 ...続きを見る
くまもと自転車紀行
2012/09/16 20:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。箱石峠を越えてきたんですね。
てっきり、パノラマラインを往復されていたのかと思ってました。
ペプシン
2012/07/30 06:43
こんちわ! 昨日はお疲れ様…
一応、のぶさんと同じ距離をこなしはしたものの、地蔵以降はヘロヘロで
完全にバテました (>_<)ゞ
西原から最後の峠、俵山などはとうてい無理でした・・・
それにしても災害の爪痕写真を撮りながら平気な顔で地蔵を上られてたのぶさんには負けました!
Benbow
2012/07/30 08:10
ペプシンさん、お疲れ様でした。
当初はパノラマライン往復の予定だったようですが、箱石峠の方の通行止めが解除されたので、前半コースのつもりで走っていました。まさか裏地蔵を上るとは夢にも思っておりませんでした。
のぶ
2012/07/30 12:09
Benbowさん、昨日はお世話になりました。
裏地蔵、きつかったですね。それもさることながら、上色見の惨状はしばらく脳裏から離れなさそうです。
のぶ
2012/07/30 12:11
昨日は阿蘇人のわがままに付き合ってもらい皆さん大変ありがとうございました。お陰様で4峠無事クリアすることができました。今回のツーリングは大変貴重だということ、のぶさんのレポートで感じます。お疲れサマーでした!
ブッチャーK
2012/07/30 12:29
ブッチャーKさん、こんにちは。昨日はお疲れ様でした。4峠のクリア、おめでとうございます。わたしも貴重な体験をしました。その他にも色々と面白いお話を聞かせていただき、ありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。
のぶ
2012/07/30 15:55
お疲れ様です。昨日は大変お世話になりました m(__)m
皆さんのおかげで非常に楽しく(裏地蔵はさすがにキツかったですが)走れました。ありがとうございました。
上津江の肥後もっこす
2012/07/30 21:29
こんばんは、のぶさん。
いやー、みなさん体力・気力みなぎってますね。
一日遅れで阿蘇を廻ってきました。
何とも凄まじい豪雨の爪痕に、、、言葉も出ない感じでした。
みきたか
2012/07/30 21:45
上津江の肥後もっこすさん、こんにちは。
昨日はお疲れ様でした。上りも下りも速いですね。さすが、若いということは素晴らしい!今後とも宜しくお願いします。
のぶ
2012/07/30 22:25
みきたかさん、こんにちは。
阿蘇の被災地は想像を遙かに超えた惨状でしたね。これが一週間前だったら、さらに凄い状況だったんでしょうね。一方、人間の復興力も大したもんだと思います。
のぶ
2012/07/30 22:29
めちゃくちゃ暑そうですが楽しい一日でしたね!うらやましいです^^
写真を拝見して阿蘇周辺の被害の大きさにびっくりしました。いつも走っている見慣れた景色なので場所はすぐにわかりますがあまりにも変わりすぎです。

ペプシンさんにのぶさん、皆さんといつか涼しいところをのんびりとお腹いっぱい走りたいですね!打ち上げも盛大に!で^^
ken
2012/07/31 13:19
kenさん、こんにちは。色んな意味で記憶に残るロングライドでした。帰りにペプシンさんから、「一緒にkenさんを訪ねよう」と誘われ、一時は行く気になりましたが、少し遅くなったので遠慮しました。また今度お邪魔しますので、よろしく!
のぶ
2012/07/31 17:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
あちこち傷痕の残る阿蘇だった くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる