くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 自然が呼んでいる その2(シリーズ完結編)

<<   作成日時 : 2012/06/21 21:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11

「小」と来れば、次は「大」である。

サイクルロードレースの途中で便意を催す事は当然あるらしい。大概は茂みの中に走りこんで用を済ませ、事なきを得るらしいが、ツール・ド・フランスで総合優勝したこともあるヤン・ウルリッヒという人が、処理を誤り、レーパンの中に、ある程度の量の大便を残したままレースを継続せざるをえない事態に陥ったこともあるという。

われわれレベルのサイクリングの途中では、「小」がしたくなってもそれほど問題ではないが、「大」がしたくなった時は一大事である。つい最近のサイクリングの途中で、急に便意を催した時のように、待ってましたとばかりにトイレがあればよいが、通常そんなに甘くない。
画像

そういう場合、残された道はひとつ、野グソしかない。「野グソ」というと、何だか汚い響きがあるが、「野雪隠」というと、やや清楚な雰囲気がある。高校生の頃、誰が作ったか、「野雪隠三部作」と言うのがあって、「野雪隠、蟻の行列 うっ止めた」、「野雪隠 尻をくすぐる スミレ草」、 「野雪隠 谷間に響く 下痢の音」というを覚えている。ところが、最近、「雪隠」という言葉自体が死語化しているらしく、まったく聞かなくなった。
画像

自転車乗りで「野グソ」の話題が出ないのは、「野グソ」をする人が少ないからであろうが、登山愛好家にとっては日常茶飯事らしい。ただし、「野グソ」などと味気のない言葉ではなく、男性の場合は「キジ撃ち(射ち)」、女性の場合は「花摘み」と言うらしい。
画像

例えば、「ちょっと待って。あたし、小さい花摘んでくるから・・・」という具合に。ちなみに、大を「大キジ」、小を「小キジ」、オナラは「カラキジ」、カレーライスは「キジメシ」、トイレッシペーパーを「キジッペ」、熊の糞は「クマキジ」と言うんだそうな。

登山愛好家にして「キジ撃ち」の達人が詳細を書いているサイトがふたつあったので、紹介する。

キジ撃ち(野グソ)基礎講座

山で野グソをするときに注意しなければならないことは何か?

何を隠そう、私だってサイクリングの真っ最中に「キジ撃ち」をしたことがある。しかし「キジ撃ち基礎講座」を読み返してみると、いくつか作法の誤りがあったことに気がつく。

まず、穴を掘らなかった。・・・というよりサイクリングの時に穴を掘る道具は携帯しておらぬ。

次に、使うべきでないポケットティッシュを使用した。・・・というより通常、サイクリストの場合、ポケットティッシュは携帯していても、トイレットペーパーは携帯しておらぬ。・・・などなど。

とにかく、その時もビブショーツを着用しており、よって上半身を裸にせざるを得ず、加えてそのビブショーツも膝まで下げると、それはもう全裸に近い状態となって、体裁が悪く、加えて気分も悪く、色々考えておる暇などなかったのだ。

ちなみに、小にせよ大にせよ、「キジ撃ち」あるいは「花摘み」は軽犯罪法違反である。ただし、予期せぬ渋滞に巻き込まれた場合などを除く。予期せぬ便意に巻き込まれた場合も情状酌量して欲しいものだが、目立たぬ場所で用を足し、しかも出した物を持って帰れば罪にはならない。

防災グッズの中に簡易トイレが色々と売られているが、サイクリングに携帯できそうなのは次のような携帯トイレで、男性用と、
画像
女性用
画像
ともに3個セットで約400円。

登山愛好家によれば、富士山など各地の人気のある山では「キジ撃ち」、「花摘み」した後の多量の置き土産が問題となっており、携帯トイレ等用の回収ボックスを山小屋や駐車場等に設置するなどして、山を置き土産をしないようにする動きがあるとか。

サイクリングの場合を考えてみると、どう考えても、ジャージのポケットに入れるなどして持って帰りたくない気持ちが強い。仮に罪を問われようとも、情状酌量を期待したい。・・・と思うのはわたしだけであろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちわ!
笑い転げてしまいました・・・

単なるサイクリングのときはどうにでもなりますが、イベントのときは朝からきっちり軽量化しておかないと各エイドに必ずあるものではないだけに気を使います…
昔、山登りもやってましたがここら辺でとおもうと皆さんそうなのか一帯は地雷原でした…環境破壊にもなるのかも・・・

神様、来週の木曜日も雨にしてください…

あ、そうそう ボクも
「野雪隠、一の天守 二の天守」 というのを覚えてます・・・
Benbow
2012/06/22 07:59
Benbowさん、こんにちは。
「野雪隠」の句、そんなのもあるのですね。
イベント時の「朝からきっちり軽量化」というのも結構難しいんじゃないですか?
うーん。次の雨の日のブログネタはその辺りの問題に踏み込もうかなあ。
のぶ
2012/06/22 12:43
なんの分野でもちゃんと専門用語(隠語)があるんですね! トイレ姿の置物に感動しました^^

のぶさんのお休みは最悪のお天気でしたが、今日は最高です、、雨の日は漫画ですが「かもめ☆チャンス」これ面白いですよ。読んでバイクの世界にさらにはまった感じがあります。お貸しできます〜  
立ち読み http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/23603.html?dealerid=103
Ken
2012/06/22 13:04
Kenさん、こんにちは。
自転車乗りにとって、野グソをする、というのはめったにあることではないと思われますが、何日も天幕を張りながら登山する人たちにとっては「キジ撃ち」は登山の一部である、というのは新鮮な驚きでした。
「かもめ☆チャンス」、ユニークなキャラクター設定で、面白そうな漫画ですね。今度貸してください。よろしく!
のぶ
2012/06/22 22:30
さすが、含蓄が深い。
野雪隠の置物、可愛いと言うか、傑作ですね。
外国製?どこで手に入に入れましたか?
ペプシン
2012/06/23 07:24
もとい、うん蓄でした。
ペプシン
2012/06/23 07:33
ペプシンさん、こんにちは。
野雪隠の置物、わたしのものではありませぬ。そういう趣味はございません。
ネットで検索していてその画像を見つけました。「遠藤なまず」さんの「新・なまず日記」というブログで紹介されています。イタリアはナポリの「プレセピオ通り」というところは、通称「フィギア通り」と言って、フィギアを扱う店が軒を連ねているらしいです。もともとはクリスマスの際に、キリスト生誕に関する人形・置物を扱う店なんだそうですが、そんな中に、意味不明に、忽然と例のフィギアが置いてあり、衝動的に買い求めたみたいです。
のぶ
2012/06/23 09:19
こんばんは。
面白いですね、小はロードレースではよく出てくるので(映像でもたまに映ってますよ)すが、大となるとね。登山の場合でも絶壁を何日も掛けて登る場合は、吊り下がったままで小も大も、もちろん睡眠もするようです。小さな岩棚があればそこでビバークするけど。でも本当に大自然の中ですからいいですが、自転車の場合人の生活圏の中ですから困っちゃいますよね。
kaz.zaitsu
2012/06/23 21:05
財津店長、こんにちは。
先週だったっけ、J Sportsで実況していた、ツール・ド・スイスの時、注意して見ていたら確かに写っていました。でも、画面もさっと流すし、実況の人も触れませんね。
そうそう、+Cには新しいジャージが多数到着したみたいなので、近いうちに見に行くつもりです。
のぶ
2012/06/23 22:17
ホノルルマラソンでは、朝食の後、スタートするのですが、出すものを出す時間がなく、スタートする人が大半だそうです。もちろん、公式のトイレはありますが、とても、数がたらず、老若男女入り乱れての、ケツだし、のぐその嵐になるとのことです。

ちなみに、LAに住んでいるころに、サイクリングの途中で、灌木の間に座り込んでいる女性を見つけて、助けようとしたら、Don't look!を怒られた思い出があります
にしひがし
2012/06/24 22:57
にしひがしさん、こんにちは。さすが、アメリカ。オープンで大胆ですなぁ。
にしひがしさん出場予定の「ホノルルセンチュリーライド」ではそのような事態にならぬことを期待しておりますが、なった時はご報告をお願いします。
のぶ
2012/06/24 23:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
自然が呼んでいる その2(シリーズ完結編) くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる