くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 山鹿経由で和水町へ・・・ルーツに出会ったサイクリング

<<   作成日時 : 2012/05/18 06:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

折角の休みに、和水(なごみ)町(旧・三加和町)で午前11時から仕事が入ったのでロードバイクで行くことにする。いつものように午前6時に起床。犬の散歩をして朝食を摂り、午前7時過ぎにクロモリのロードバイクで出発。

東バイパスから北バイパスに入り、
画像
飛田バイパスから県道37号線に入り北へ。
画像
野々島の塩浸(しおびたし)バス亭から左折し、上生(わぶ)川沿いを走り、
画像
合志川沿いの道へ出る。
画像
植木温泉の公園でトイレ休憩。
画像
さらに合志川沿いの道を進み途中、対岸に渡り北上する。ゆうかファミリーサイクリングロードを右折し、第二分田橋を渡る。
画像
橋から上流に菊池川(左)と合志川(右)の合流地点が見える。
画像
日置(へき)の所で一旦川沿いの道から離れ、その後再び菊池川沿いの道へ出て対岸に渡り、山鹿に近づく。
画像
国道3号線を横断し、「かんぽの宿」方面へ上る。熊本県立教育センター(何故こんな所に?)の前を通り、
画像
小原(おばる)へ下る。ここまで予定よりかなり早く来てしまったので、小原を集落をぐるぐる廻る。というのも、小原は母方の祖母の出身地で、小さい頃、祖母に連れられて親戚の家に何度か来たので、その頃の面影を探ろうと試みたのだ。ところが、時代の流れと、薄れ行く記憶で、思い当たる風景に出会えない。それどころか、親戚の家がどのあたりかも皆目検討がつかない。ぐるぐる廻るうちに、集落の中心にある神社の一角に記念脾が建っているのに気づく。近づいて見ると、「日露戦役記念碑」。
画像
側面に書いてある氏名の中に、曽祖父の名前を発見!!
画像
自分のルーツを見つけた瞬間、胸の奥に暖かいものを感じ、しばらく立ち尽くす。

それから、集落のはずれにある、お寺の風情に何やら記憶がありそうな気もしたが、
画像
判然としないまま小原の集落を後にして再び菊地川沿いの道へ。

途中、川沿いに近いコンビニでエネルギー補給。
画像
なおも菊池川沿いの道を進むが、
画像
しばらくすると、坂田のところで菊池川に流れ込む支流に行く手を阻まれる。道をそれると古そうな石橋があり、写真に収める。
画像
立ち去ろうとすると、中年男性に呼び止められ、手招きされる。聞けば、「自分もロードバイクを持っているので、見て行け」と。自動車板金塗装工場の作業場内に入ると、キャノンデールのアルミフレームのロードバイクをはじめ、MTBも数台。
画像
奥からカーボンのロードバイクも出てきた。
画像
MTBもキャノンデールで、
画像
フロントフォークが左の一本だけという、通称「レフティ」という珍しいMTBらしい。
画像
事務所でアイスコーヒーをいただきながら名刺交換をして、30分ほど自転車談義を繰り広げる。
画像
和水町への道を教えていただいて工場を後にする。思わぬ出会いが嬉しかった。

小川を渡って再び菊池川沿いの道に出て、県道194号線に入り、菰田(こもだ)橋を渡る。左折して県道6号線を進み、県道194号線を左折。菊池川の右岸に出て県道315号線になるところで右折(この辺り、教えてもらった道を見過ごし、遠回りをしたみたい)。山を越えて国道443号との、太田黒の交差点に出る。
画像
数百メートル直進して右折すると本日の仕事場であるが、時間があるので、そのまま先へ。すぐ、左側に水汲み場が左手にあり、今日も水汲みの客がいる。
画像
ボトルに水を補給し、そのまま先へ。ここから先は未知の道。ちょっと行った左手に「胃の神様」なる看板を発見するが、道から上っているみたいなので、そのまま先へ。
画像
数キロ進むと、今度は「性・腰の神様」を発見。
画像
これは見逃せない。正式名称は「七郎神」らしい。
画像
鳥居をくぐって階段を下りると祠があり、男根などの宝物が。
画像
興味本位で見ていたが、「元気な赤ちゃんをさずけてください」との祈願に、切なる願いを感じる。
画像
気を取り直して先へ進むと、「男岩」と
画像
「女岩」が鎮座。
画像
しっかり祈願をして神社を後にする。道路を挟んだ神社の対面にはトイレがあり、その横には「随喜の泉」のモニュメントが。
画像
ここで時間となり、今日の仕事場方面へ戻る。今日の仕事場は自動車部品工場で、スターターのイグニッションコイルや二輪・四輪のスイッチ類を製造している。製品の多くがホンダ車用らしい。
画像
午後4時半まで仕事をして、帰りは職場からのバスに自転車を載せ、職場から自宅へは通勤路その2で帰る。

本日の走行距離:63.1km

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
涙が・・・おかしゅうして・・・(随喜の涙、もとい、泉)
う〜ん、アイデアはあっても実現するとなると・・・
スバラシ〜!

キャノのおっさん(失礼! 妙に親近感が・・・)のスーパーシックスもイイな!

次のサイクリングはココに決まりですな…
Benbow
2012/05/18 10:31
Benbowさん、こんにちは。
和水町の大田黒交差点から北へ行く道は、色々見所がありそうです。「性・腰の神様」からさらに2kmほど北上すると、芋焼酎で有名な「花の香酒造」があります。
(http://www.hananoka.co.jp/default.asp)
私は下戸ですので、焼酎には興味はありませんが、なんでも、社長が美人だそうで、そちらの方には若干、興味があります。
のぶ
2012/05/18 11:44
思わぬ出会いがあったようで、楽しさが伝わってきました。
さて、千鳥饅頭さんのブログの通り、6月3日の+Cサイクリングで合志川方面に行こうかと考えています。
http://chirorianmap.blogspot.jp/2012/05/10c.html
ゆうかCRから、のぶさんお薦めの小野泉水、小川、合志川のルートを考えていますが、熊本市東部以東からの参加者との合流地点をどこにしたものか思案してします。
駐車場もある小野泉水が適当かと思うのですが、今回のエントリーで信さんが紹介している植木温泉の公園がいいか…
多くの仲間と少しでも長い距離を一緒に走るのなら、小野泉水での合流をと考えていたのですが、お知恵を拝借できればと思いお尋ねしてみます。
現在のところ予定しているルートはこんなカンジです。
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=01b76aec9565dce8ea4cd4227670f89e
よろしくお願いします。
ひろえ
2012/05/18 15:17
ひろえさん、こんにちは。
+Cサイクリングなどのコース設定、いつもご苦労さまです。コース拝見しましたが、今回も盛り沢山の内容で、よく考えられていますね。
さて、お尋ねの件ですが、どちらかひとつをとるとすれば、2次集合場所は小野泉水の方が良いと思います。めがね店長も小野泉水くらいでUターンが無難でしょうし、植木温泉の公園に比べると綺麗な雰囲気ですし。ただ、トイレはやや離れていますが・・・。小野泉水から水辺プラザかもとまで一気に走ってはいかがでしょうか?
のぶ
2012/05/18 19:05
いつもながら素敵なルートですね。
みきたか
2012/05/18 21:48
みきたかさん、こんにちは。
国道や、大きな県道を外れると、素敵なルートが沢山ありますね。
そんなルートをもっともっと見つけてゆきたいです。
のぶ
2012/05/19 07:39
のぶさん、こんにちは。
自動車板金工場のたくさんのバイク類、本人が乗っているのでしょうか。見てみたいですね。
それから、八つの神様めぐりは、以前したことがあります。ここでは、私も、いつまでも元気なようにしっかり祈願しました。
ペプシン
2012/05/19 13:50
ペプシンさん、こんにちは。
 たくさんのバイク類、ご本人が乗っておられているようです。どれも綺麗に整備してありました。もう一台、購入を検討中らしいです。
 八つの神様めぐり、もう済まされましたか。さすがペプシンさん!
のぶ
2012/05/19 17:07
はじめまして。自転車といえば・・・すごい人をみつけました!

⇒http://www.corolla-korekara.com/sanin/
とん太
2012/05/20 01:16
とん太さん、こんにちは。
ビックリな情報、ありがとうございます。早速観ましたが、すごい日本人がいるんですね。ヘルメットを被っていないのが気になりますが、きっと理由があってのこと。とやかく言うのは、これこそ僭越というもので、次元がまるで違いますね。まさに男のロマン。仕事も家庭もかなぐりすてて、自転車世界一周・・・あこがれますが、わたしには、ちと無理のようです。それにしても凄い!
のぶ
2012/05/20 16:24
随喜の泉の噴水の先が、球になっているのが、なんとも、Realisticで、いいですな
にしひがし
2012/05/21 07:25
やっぱ、これくらいの角度で勢いよく噴出しないと、綺麗な放物線が描けませんからなあ。
ああ、若い頃が懐かしい!
のぶ
2012/05/21 21:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
山鹿経由で和水町へ・・・ルーツに出会ったサイクリング くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる