くまもと自転車紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 万日山・「ラーメン」コネクション

<<   作成日時 : 2012/04/12 21:02   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

折角の休日、しかも絶好のサイクリング日和に仕事が入り、通勤用のクロスバイクで午前7時15分頃出発。競輪場通りから白山通りへ進み、浜線通りに入り、裏道を通って流通団地へ。ここで2時間ほど仕事。流通団地内には桜の並木が整備されており、花びらが散る一方で、次の主役のツツジがピンクの蕾を膨らませている。
画像

続いて世安で2時間ほど仕事。正午過ぎに仕事が終わり、最近開通した万日山トンネルをくぐりに行くことにする。その前に腹ごしらえ。二本木の有名なラーメン「黒亭」に行ってみる。昼飯時だが、それほどの行列ではないので、待つことにする。
画像
画像
この店の対角にある「東庵(あずまあん)」にはよく行くが、この「黒亭」はいつも長い行列で、まだ入った事がなかった。10分ほど待ち、カウンターに座り、チャーシューメン820円を注文。
画像
もともとラーメンの味には、こだわりがない方なので、これほどの行列ができるほどの味とは思えなかった、正直なところ。とりあえずお腹を満たして出発。
熊本駅前を過ぎて左折するとほどなく「万日山トンネル」に到着。
画像
ヘルメットを装着してないので歩道を進む。約440メートルの直線のトンネル。
画像
考えてみると、万日山にはまだ登った事がない。トンネルから出た池上(いけのうえ)側からは山頂へのいいアクセスがなさそうなので、春日側へ戻ることにする。
画像
春日側の出入り口のところに新しい橋があるのに気づく。
画像
説明板によると「春日おてもやん橋」という名称で、「PCポータル・ラーメン橋」という分類らしい。
画像
その橋を渡って万日山の頂上方面へ向う。ところが振り返ってその「春日おてもやん橋」を観察するが、どこが「ラーメン」なのか皆目見当がつかない。
画像


家に帰ってネットで調べてやっと解った。以下はWikipediaより。

「ラーメン (Rahmen) とは構造形式のひとつで、長方形に組まれた骨組み(部材)の各接合箇所を剛接合したものを言う。ドイツ語で『額縁』の意。建築・土木構造の分野では柱が梁と剛接合している構造をラーメン構造という。
(中略)
ラーメン構造が現在のように一般的な形式となったのは、建築史的視点から見ると、ごく最近、20世紀に入ってからのことであり、ラーメン構造の普及は上記に挙げた建築材料、すなわち鉄とコンクリートの普及と切っても切れない関係にある。 歴史的な蓄積も多く、信頼性が非常に高い。」

なるほど、昼食った「ラーメン」とは全く関係ないわけね。

さてその「ラーメン橋」を渡り、つづら折の坂を上っていくと、どういう訳でそうなったか、段々状の公園になっており、数種類の桜が沢山植えてある。
画像
画像
画像
随分上ってきて、熊本駅方面の眺望が広がる。
画像
さらに上ると次の段には配水池の施設。
画像
その先から頂上を目指そうとすると、ゲートが閉まっている。
画像
ここから先の土地の意外な所有者に違和感を感じるが、その先に、頂上に向う老夫婦の姿が見える。勇気をもらって、クロスバイクをそこに置き、ゲートの横の隙間から先へ進む。路傍にはウマノアシガタや、ノイバラの花が咲き、春本番。
画像
画像
しばらく上るともうひとつゲートがあり、先ほどと同じ「立入禁止」の看板があるが、これも横をパス。するとさらに4〜5名の人が辺りを散策しており、声をかけると、ワラビを採っているのだと。
画像
そこからすぐ頂上だが、市街地側は雑木などで眺めがよくない。西側の一部のみ眺望が良好。ただし「断崖注意」の看板。
画像

「もう万日山に登ることもないかもしれない。」と思いながら、つづれおりの坂をくだる。数年前、テレビで東大教授の姜尚中が万日山の麓を訪れた番組を観た。その時初めてこの辺りが在日朝鮮人の居留地域だったと知ったが、その辺りを実際に通ってみて、今ではその当時の面影は残ってなさそうに見受けた。

そこから横手方面に進み、+Cサイクリングウェアに寄ろうとしたが、今日が休店日であることを思い出し、次の用事を済ますために井芹川沿いの道に出て、西回りバイパスに出る。少し時間があるので、谷尾崎のひとつ島崎よりの信号を右折。先に見える坂を登る。いきなり10%を越える急坂が続き、息を切らして登る。さっき登った万日山が見えてくる。
画像
やがて「菩提樹苑公園墓地」があり、そこから右折すると島崎の岳林寺方面へ、直進すると金峰山方面へとなるが、さらに劇坂の上に路面も悪くなりそうなため、ここで退散。辺りには、八重桜や山藤が花を咲かしている。
画像
画像

急坂を下り、井芹川沿いの道に出て、高橋へ。用事を済ませて、坪井川沿いの道を進み、白川沿いの道に出る。
白川の河川敷には菜の花やハナダイコンが咲き誇っている。
画像
白川沿いの道を新屋敷まで進み、産業道路、託麻本通りを経由して帰った。

本日の走行距離:40.2km

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ラーメンにつられましたがそんな意味なんですね。それにしても間口の大きいトンネル。車が少ないなら夏場は日陰になりひんやり涼しくて気持ちよさそう! 昨日、サイクルツアー北九州2012'申し込みましたよ!昨年同様、朝食が5時から食べれる宿泊パック付きで申し込みました。今年はのぶんさんも職場の方と一緒に参加ですね。へへへ^^
ken(代筆)
2012/04/13 21:47
kenさん、こんにちは。いつも書き込みありがとうございます。
コメントの削除のご希望が出ていましたが、折角書き込んでいただいたので、全く消してしまうのが勿体なく、わたしの代筆でkenさんのお名前で本文をコピペし、復活させていただきました。
サイクルツアー北九州はどうしようか、迷っているところです。
のぶ
2012/04/13 21:51
こんちわ!  確かになんで「京王が」なんだろう…
ラーメンと言えばボクらは商売柄まず鉄筋コンクリートを思い浮かべます…その次が「味千」ですね・・・
北九州はボクも申し込みました…昨年は申し込んでいたにもかかわらず大震災でDNSでしたので今年は出たいです…
Benbow
2012/04/14 08:36
「ラーメンと言えばまず鉄筋コンクリートを思い浮かべる」・・・さすがは建築士ですね。
わたしの場合はラーメンといえば豚骨の臭いがしてきます。豚骨以外はラーメンという感じがしません。
北九州・・・まだ迷っています。
のぶ
2012/04/14 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
万日山・「ラーメン」コネクション くまもと自転車紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる